ドバイ・アブダビ(1)成田→アブダビ→ドバイでデザートサファリ

DSC04113
スポンサードリンク

ドバイに到着後、現地の「デザート・サファリツアー」に参加した。砂漠を4WDで走るデザートサファリは想像をはるかに超える過激さだった。

ドバイ・アブダビ旅行概要
  • 旅行期間:2013年3月7日~11日
  • トルコに行く途中のストップオーバーでドバイ2泊、アブダビ2泊した
  • 旅行形態:母親(シニア)と2人旅
  • かかった費用:(トルコと合わせて)ひとり約22万円

成田空港からアブダビへ(エティハド航空)

2013年3月7日(木)

21:20 成田発 エティハド航空 EY 871便でアブダビへ飛行機
出発ロビーでドバイツアーの団体客に遭遇。添乗員さんがツアーの説明をしていた。ドバイツアーにどんな人が行くのか見てみると、若者から年配の人まで幅広い年齢層だった。

夜のフライトなのでアメニティグッズ(歯ブラシ、靴下、アイマスク、耳栓)入りのポーチが用意されていた。

離陸後1時間位で1回目の機内食。客室乗務員の手際がものすごく悪くて、食事準備の音がしてから1時間位たってようやく運ばれてきた。夕食は空港で食べたのに、さらに夜の11時過ぎに機内食を食べるとはカロリーオーバーであるが完食した。

チキン

和食

ひと眠りした後は2回目の機内食(朝食)。

私は洋食(卵、ウインナーなど)を注文。

母は和食(おかゆ、味噌汁など)。日本人は和食の人が多かった。

エティハド航空は初めて利用したが、食事は全体的においしかった。

飛行機内では食べて寝ての繰り返しであっという間にアブダビに到着してしまった。

(ここからアブダビ・ドバイ時刻で表記、日本より5時間遅れ)


2013年3月8日(金)

5:15(日本時間10:15) アブダビ空港着(定刻通り)
到着口に向っていたら、係の人に呼び止められて「乗り換えはあちらですよ」と言われた。アブダビでは乗り換えの人が圧倒的に多いようで、間違って到着口に行ったと思われたのだ。

早朝のせいか空港内は人が少なくてあっさりと入国審査が終わりアブダビへ入国!!
今回の旅行ではアブダビ、トルコともに入国カード不要で入国が非常に楽だった。

空港にはアラブの国らしくラクダのモニュメント。成田から一緒のドバイツアーの人たちがここで写真を撮りまくっていた。

まずは空港で両替。円安が進んだこともあり、このときの交換レートは「1AED(アラブ首長国連邦ディルハム)=約29円」だった。旅行中に「ドバイの街中」、「アブダビのホテル」でも両替をしたが、レートはホテルが一番よくて、街中が一番悪かった。

アブダビ空港内は無料wifiが使えた。

バスターミナルから撮影したアブダビ空港

アブダビからドバイへ(シャトルバス)

7:45 エティハド航空の無料シャトルバスでドバイへ
事前にWEBで予約して、当日エティハド航空の半券を見せると無料でドバイ行きのシャトルバスに乗れる。バスは半分以下しか埋まっていなかったが、半券がないと絶対に乗車できないようで追い返されて乗れなかった人が数名いた。

9:00 マリーナ・モール到着。
ここで降車。外にはドバイらしい景色がみえる。この日は金曜日で地下鉄の運行が14時からなので、タクシーでホテルへ。バスを降りると個人タクシーみたいな呼び込みがたくさんいたが、怪しいのでそれには乗らず正規のタクシー乗り場からタクシーに乗車。

タクシーの運転手がホテルの場所を分からずにホテル周辺を若干ぐるぐるする羽目になかったが、20分程でホテルに到着(タクシー代:28AED=約810円)。ドバイのタクシー代は日本に比べると安かった!

9:30 ホテル(Akas-Inn Hotel Apartment)到着
チェックインは14時だったが、フロントの人にきくと11時位にはチェックインできるとのことだったので、荷物だけ預かってもらい、食事を食べに近くの「モール・オブ・ジ・エミレーツ」へ。ホテルの人はとても親切だった。

巨大ショッピングモール「モール・オブ・ジ・エミレーツ」

まずはお昼を食べにホテル近くの巨大ショッピングモールに行ってみた。

ホテルから歩いて5分程だがとても大きなモールなので中でかなり歩いた。

★スキードバイ
モール・オブ・ジ・エミレーツの中には一年中スキーができるスキードバイがある

モール内にはフードコートがあったが、10時と時間が早かったためまだ開いていないお店が多かった。すでに開いていた「アイホップ」で早めの昼食。ハンバーガーとイカリングのプレートが日本円で約2000円。

モール内には大手スーパーの「カルフール」などもあった。モール内をざっと見てからホテルへ戻った。とにかく敷地が広くて移動するのにもたくさん歩いて疲れた。

広いアパートメントホテルに宿泊

12:00 ホテル(Akas-Inn Hotel Apartment)へ戻ってチェックイン
アパートメントホテルなので部屋はかなり広く、Wifiも無料で使えて快適だった! トイレと洗面台は二か所にあった。

リビング

寝室

キッチン

デザート・サファリツアー

15:00 ツアーのドライバーがホテルへお迎え

今回参加したのは、4WDドライブで壮大な砂漠を走り抜けるデザートサファリと砂漠でのディナーショーがセットになったツアー。ホテル送迎もついて充実のツアーだった。申込みは日本でネット予約した。

人気No.1!デザートサファリ 砂漠を4WDでドライブ&ベリーダンス付アラビアンBBQディナーの夜<往復ホテル送迎付>
icon

車には他に4名(シンガポールの男性1人と南アフリカ・カナダの若い女性3人組)が同乗。ドライバーはアラブ系の人で、片言の日本語で話しかけてきたりしてなかなか楽しい人だった。

砂漠に到着するまで車で約1時間。途中、お土産屋さんに立ち寄る。たくさんのデザート・サファリツアーの車がいた。

砂漠の中を4WDで駆け巡る!

砂漠に到着すると、同じツアー会社の4WDが数台集まってものすごい勢いで駆け巡る

砂漠には結構な勾配があってそこをジェットコースターのように駆け抜ける。かなり激しいアトラクションといった感じ。最初は楽しかったけど最後の方は酔った

動画:デザートサファリ

初めてみる砂漠はとても綺麗だった!

約20分間砂漠を駆け抜けた後は、デザート・サファリツアーの人たちが一斉に集まるキャンプへ

ラクダ乗り体験

ツアーの一環として、砂漠でラクダ乗り体験ができる。ラクダに乗るときと降りるときは、すごい勢いでかなり斜めになるので鞍にしっかりとつかまる!!

ベリーダンスなどの見物

暗くなってくるとベリーダンスなどのショーが始まる。夜になると気温が下がってかなり冷えた

夕食はバーベキューのビュッフェ

食事はビュッフェ。男女別に列に並び、好きなものをお皿に盛るスタイル。味はまあまあだった。

ショーは20時過ぎに終わって約1時間かけてホテルへ。フライト疲れもあってか、帰りの車の中ではウトウトと眠ってしまった

◆ ◇ ◆ ◇ ◆ 

21:30 ホテル到着

ドバイで泊まったホテル
Akas-Inn Hotel Apartment
観光地からは少し離れているがメトロ駅のそばなので不便さは感じなかった。アパートメントホテルで部屋はかなり広く、Wifiも無料で使えて快適だった。ドバイにしてはリーズブル価格だった。
オススメ度 star2 star2 star2

ドバイ1日目終了。日本を夜出発して機内泊で早朝にアブダビ到着。その後ドバイへ移動して夕方からデザート・サファリツアーに参加するという充実したスケジュールであったが、デザート・サファリが想像以上に激しくて疲れた

ベトナム中部旅行記(目次)
クロアチア旅行記(目次)
ギリシャ旅行記(目次)
中欧旅行記(目次)
スペイン旅行記(目次)
ポルトガル旅行記(目次)
ハノイ旅行記一覧
ドバイ・アブダビ旅行記(目次)
ベトナム・カンボジア旅行記(目次)
トルコ旅行記一覧
北欧旅行記一覧
タイ旅行記一覧
四国旅行記
広島旅行記(目次)

コメントを残す