ベトナム式コーヒーフィルター

ベトナム式コーヒーフィルター
スポンサードリンク

ベトナムに旅行に行くと朝食やカフェなどで頻繁にベトナムコーヒーを飲みます。これが結構おいしいので、お土産にベトナムコーヒーを買う人も多いのではないかと思います。

私も初のベトナム旅行の際にベトナムコーヒーと専用のドリッパー(フィルター)を自分用のお土産に購入しました。コーヒー豆を使い切ったあとはドリッパーはずっとしまいこんでいたのですが、最近は普通のコーヒーをドリップして利用しています。

ベトナムコーヒー以外にも使える!

本場ベトナムコーヒーは透明のグラスの底に甘いコンデンスミルクが敷かれてして、その上にコーヒーをドリップしていきます。ドリップが終わったら、コンデンスミルクをスプーンでかきまぜて飲みます。

ベトナム旅行中に撮影したベトナムコーヒー。これが定番の淹れ方。

このアルミ製のドリッパーはベトナムコーヒー専用となっていますが、普通のコーヒーに使っても美味しくドリップできます。ペーパーを使わないので、豆のオイル分が出やすくなって、香り高くコクのあるコーヒーになります。

細かく惹いたコーヒーでゆっくりドリップすると味わい深いコーヒーになります。荒く挽いたコーヒーはお湯がフィルターをさっと通過してしまうので薄いコーヒーになります。

ベトナム式フィルターの使い方

ここではベトナムコーヒーではなく、普通のコーヒーを使っていますが、淹れ方は同じです。

参考 ベトナム式コーヒー(UCC)

フィルターにコーヒーをセットする

1人分でスプーン2杯が目安。お好みで。

コーヒーの上に中ぶたをのせる

中ぶたをきつくすると抽出時間がながくなり濃いめのコーヒーになります。

お湯を注いで蒸らす

少量のお湯を注いでコーヒーを蒸らします。

抽出する

20秒程度おいてコーヒーを蒸らしたら、残りのお湯を注いで、上ぶたをし、コーヒー液がすべてグラスに落ちきるまで待ちます。

フィルターをとる

抽出が終わったら、上ぶたを裏返してその上にフィルターを置きます。

ベトナムコーヒー用のフィルターはサイズが小さいので収納にも便利です。現地のスーパーなどでは100円程度で売られていますが、日本のアマゾンでも300円台と非常にお手頃です。

ベトナム式コーヒードリッパー(1カップ用)
KALDI(販売者:キャメル珈琲)
売り上げランキング: 81,346
ベトナム中部旅行記(目次)
クロアチア旅行記(目次)
ギリシャ旅行記(目次)
中欧旅行記(目次)
スペイン旅行記(目次)
ポルトガル旅行記(目次)
ハノイ旅行記一覧
ドバイ・アブダビ旅行記(目次)
ベトナム・カンボジア旅行記(目次)
トルコ旅行記一覧
北欧旅行記一覧
タイ旅行記一覧
四国旅行記
広島旅行記(目次)
スポンサードリンク
skyticket

コメントを残す