日中発着の上海旅行は春秋航空『茨城上海便』が安い!

魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016」という企画に当選して3泊4日の上海旅行をしてきました。LCCの春秋航空を利用したのでトータルで約3万円と格安で行くことができました。春秋航空の上海便は関東だと茨城空港発着となりますが、東京駅からの直行バスがあるので都内からでのアクセスも問題なし。

春秋航空の茨城-上海路線は格安&日中発着

日本から上海への航空券はJALやANAなどのレガシーキャリアだと安くても往復4万円程度しますが、LCCだとその半額で行けてしまいます。航空券を安く抑えたいならLCCがおすすめです!

LCC上海便の発着時間

2016年12月現在、LCCの上海便は『ピーチ航空』と『春秋航空』が羽田空港から就航しています。都内在住者にとっては羽田発というのは魅力的ですが、発着時刻が深夜早朝となるのがネック。

会社帰りに発って、早朝帰国後そのまま出社するという弾丸旅行を希望する人にとってはむしろこのタイムスケジュールのほうがよいのかもしれませんが、睡眠不足になるので私のようなおばさんにはキツイ!

羽田-上海便

★ピーチの発着時間
・往路:羽田2:10発⇒上海5:00着
・復路:上海1:25発⇒羽田4:55着

ピーチの羽田-上海便は欠航が度々報告されているので、欠航リスクも考慮しておく必要がありそうです。

★春秋航空の発着時間
・往路:羽田2:00発⇒上海4:40着
・復路:上海21:10発⇒羽田1:00着

茨城-上海便

深夜や早朝の発着は避けたいけど、なるべく安く上海へ行きたいという場合には『春秋航空』の茨城-上海便がピッタリ。そこで今回私は春秋航空で上海へ行ってきました。時差も1時間なので、日中発着だと体力面での負担が全然かかりませんでした。

★春秋航空の発着時間
・往路:茨城13:20発⇒上海15:45着
・復路:上海8:40発⇒茨城12:20着

復路の上海発8:40というのがちょっと早いですが、上海中心部から空港までは春秋航空の無料送迎バスがでているので安心です。

春秋航空の航空券をセールで購入

春秋航空の航空券はただでさえ安い(往復2万円前後)のに、毎月9日~15日まで国際線のセールをやっており、さらに格安で購入することができます。私は11月15日のセール終了間際にセール価格で購入しました。

行きが2,519円、帰りが9,299円で、往復で11,818円でした。
spring-ticket

参考 春秋航空公式ウェブサイト

東京駅から高速バスで茨城空港へ

首都圏在住の人が茨城空港へ行くには、東京駅発の高速バスが便利です。所用時間は約90分、料金は航空機を利用する場合は500円、利用しない場合は1,000円。

春秋航空の上海行きは13:20発なので、11:40分に茨城空港に到着する東京駅10時発の高速バスを事前にネット予約しておきました。

参考 バスの予約(関東鉄道ウェブサイト)

2016年12月12日(月)フライト当日
10:00 東京駅八重洲南口3番バス乗り場から乗車

座席は左右2列。6割位の乗車率で、大半が中国人でした。

広さは十分。

座席の横にはAC100Vコンセントがあり充電も可能。

最後部にはトイレもありました。

11:40 定刻通り茨城空港に到着

バスを降りて空港内に入るとすぐ目の前が春秋航空のカウンター。成田空港に比べるとかなりコンパクトなので、空港内での移動時間がほとんどかかりません。

時刻表などバス詳細は下記の公式サイトでご確認を。
参考 東京方面バスでのアクセス(茨城空港ウェブサイト)

茨城空港の設備・施設

茨城空港は2016年12月現在、国内線はスカイマークが『札幌、神戸、福岡、那覇の4路線』、国際線はLCCの春秋航空が『上海路線』を飛ばしています。

茨城空港はとてもコンパクトなので迷ったりする心配がありません。1階はチェックインカウンター、2階は展望デッキ、フードコート風のレストラン&カフェ、物産展などがあります。空港内にはATMのほか、無料Wifiが飛んでいるのでネット環境も整っています。

無料駐車場

ターミナルビル前に1,300台分の無料駐車場を完備しているので、マイカー利用も便利です。しかも何日停めても無料です!

参考 お車でのアクセス(茨城空港ウェブサイト)

展望デッキ

航空機が離発着する様子を間近で見ることができます。

レストラン

「すぎのや本陣」というそば・うどんを主力としたレストランがあります。

うどん、そば、定食など和食中心のメニュー。

上海からの帰りに『サバ味噌煮定食(918円)』を食べてみましたが、なかなか美味しかったです!

カフェ

すぎのや本陣の奥にはコーヒーや軽食が食べられるカフェがあります。

IBRマイエアポートクラブ
茨城空港のIBRマイエアポートクラブに入会すると入会特典としてカフェのブレンドコーヒーのチケットが2枚無料で貰えたり、空港内店舗の割引サービスが受けられたりします。入会費・年会費は無料なので入っておくと何かとお得です。

会員証とコーヒー無料券

早速コーヒー無料券を利用してみました。目の前の滑走路を眺めながらくつろげました。

お土産屋

規模は小さいながらも、免税店や物産展など数店舗があるので、渡航先や自宅へのお土産等を調達することができます。軽食も売っているので、ここで買って機内で食べるのもよさそうです。

茨城を代表する菓子処『亀印製菓』の売店。

就航地の名産品や一般医薬品など。

茨城県の特産物など。

前後の記事


合わせて読みたい(中国)

このブログの運営者
Blotra(70年代生まれ・女)
旅行とネコが好きで、これまでに旅行した国は30数か国。東京のボランティアガイドもたまにやっています。
詳細プロフィール
Twitterをフォロー

コメントを残す