台北(2)雙連朝市&義天宮

この日は午後から雨の予報だったので、遠出はせずに近場を散策&岩合さんの世界ネコ歩きで紹介された義天宮への猫旅。

台北旅行概要
  • 2017年3月30日~4月5日
  • 個人旅行/母親との2人旅
  • 九份/猴硐/猫空/淡水/茶芸館etc
  • 費用:ひとり5.5万円

詳細⇒2017台北旅行記一覧

雙連朝市を散策

2017年3月31日(金)曇りのち雨
8:00 宿を出発。歩いて雙連朝市へ

台北の宿泊先
★暮らすように旅ができるAirbnb

アパート(台北駅と中山駅から徒歩5分)に滞在し、旅行しながら現地の生活を楽しんだ。複数人で泊まればホテルよりも安くなることが多い!

Airbnbについての詳細⇒Airbnbとは 4,200円のクーポンあり

雙連朝市は、MRT雙連駅の2番出口を出てすぐの路地で開催されている。8時頃から15時頃までやっているらしい。8:15頃に着いたときには、ほとんどのお店が開いていて、お客もそれなりにいた。観光客よりは地元の人の割合が多い感じだった。

市場はこの通り沿い200mほどで開催されている。夜市ほどの人ごみではなく、臭豆腐のニオイもしないので安心して散策できる。

惣菜、果物、野菜、肉、魚、洋服、帽子など幅広いジャンルのお店が並ぶ。数は多くないが『水煎包』や『葱餅』などの食べ物屋台もでているので食べ歩きもできる。

このようなお惣菜のお店では指さしで購入可。後日訪れたときに、お惣菜を買ってみたが、片言の日本語で対応してくれて観光客にもやさしかった。

前日の夜市の屋台よりこっちの朝市のほうが美味しそうなものが多かった。

通りの中ほどには「文昌宮」というお寺があり、学業や出世にご利益があるとのこと。

参考 雙連朝市【トリップアドバイザー】

世界豆漿大王で台湾式朝食

朝市をぶらぶらと散策したあとは台湾朝ごはんの定番である豆漿のお店へ。台北3回目にして豆漿のお店へ来るのは初めて。

日本人のレビューも多くて評判がよい『世界豆漿大王』へ。9時を過ぎていたので混雑のピークは過ぎたみたいで、約10分待ちで中に入れた。

店内の客はほとんどが日本人だった!

奥さんが日本語OKで日本語メニューもあるので安心。どれも30~50元程度と安い。

★鹹豆漿25元(≒100円)
日本語の説明には「豆乳に干しエビ、揚げ、ゴマ、肉鬆(でんぶ)、高菜が入って醤油で味付けしたもの」と書かれていた。私は豆乳があまり得意ではないが、これは醤油ベースで食べやすかった。ただ、すごく美味しいとは感じなかった。健康にはよさそう。

★菜脯蛋餅40元(≒150円)
日本語の説明には「切り干し大根入り玉子クレープ風」と書かれていた。

★小龍包80元(≒300円)
肉汁もあって普通に美味しかった。8個でこの値段はお得感あり。

小さなお店で夫婦2人でやっているので、片付けに手が回らないなど回転はあまりよくなかったが、お店の雰囲気はよく、料理はそれなりに美味しかったので満足!

参考 世界豆漿大王【トリップアドバイザー】

李製餅家のパイナップルケーキ

朝食後はパイナップルケーキで有名な『李製餅家』へ。中山駅から徒歩10分くらい。

この日は味見のためバラで数個購入。1個16元(≒61円)。

パイナップルケーキの他に饅頭なども売られている。紅豆沙餅と白豆沙餅を購入してみた。

(アパートで試食)

レトロな簡易包装。大きさは小ぶりで皮はサクサク。素朴な味で美味しかった。

紅豆沙餅は黒あん、白豆沙餅は白あんが入ってた。ずっしりとした月餅とは異なり、甘さ控えめでさっくりとしていて食べやすかった。

後日、お土産用にパイナップルケーキを箱単位で購入した。賞味期限は1か月!

参考 李製餅家【トリップアドバイザー】

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

朝からかなり歩いて疲れたので、アパートで2時間程休憩。

義天宮の猫

13:00 アパートを出発。MRTで三和國中駅へ。

三和國中駅の出口1から徒歩約5分で義天宮へ到着。ちょうどこの頃雨がポツポツと降り始めた。

観光名所ではないので、観光客はおらず地元の信者が熱心に参拝していた。

中に入ると、熟睡している毛長の猫を発見。まったく動かなかった。

その他にも2、3匹の猫がうろちょろしていた。

もっと猫がいないかとウロウロとしていたら、中年の女性が日本語で「何かお探しですか?」と話しかけてきた。私は「猫を探しています。」と答えたら、「猫ですか。ちょっと待ってください。」と言ってどこかへ。

少しするとその女性が戻ってきて、猫は1階にいるなどの情報を教えてくれた。大学時代に日本語を勉強していたらしく、日本語をすごく話したかったようで、猫村のことなどいろいろと説明してくれた。

最終的には、社務所のおじさんのところへ案内してくれて、岩合さんのねこ歩きで紹介された猫に会わせてもらったりした。社務所のおじさんは猫好きのようで、スマホに猫写真をたくさんとっていて、猫の名前など教えてくれた。日本語を話せる世話好きな女性にたまたま会えてラッキーだった。

こちらが岩合さんに紹介された人気の猫らしい。首にお守りをつけている。

参考 義天宮【フォートラベルのクチコミ】

庶民食堂でランチ

14:40 義天宮を出ると、外は激しい雨になっていたので、雨宿りがてら近くの食堂へ。

日本語も英語も通じなかったが、お店の人は親切に対応してくれた。

食事の時間ではなかったので店内はすいていた。

魯肉飯(ルーローハン)は水分多めでしっとり!

キノコ・肉の入った麺もちょうどよい味付けで美味しかった!

適当なお店に入ると失敗することが多いが、このお店は大正解だった。

外は雨で、気温もかなり下がって寒くなってきたのでアパートへ

荘記芋圓店

15:50
帰りにアパートの近くの『荘記芋圓店』という小さな芋圓(芋の団子)のお店へ。

メニューは3種類のみで、温かいのと冷たいのを選べる。

朝は冷房を入れるほど暑かったが、このときはものすごく寒かったのでホットを注文。

店内で食べることもできるが、今回はテイクアウトした。豆がたっぷり!

甘さは控えめで、白くて薄っぺらい芋圓と煮豆があっさりとしていて美味しかった!

小さなお店だが、いつも地元の人で繁盛している人気店。わざわざ遠方から来るほどでもないが、近くに泊まっているなら訪れてもよいかも。夕方には閉まってしまうので、早めの時間帯に!

荘記芋圓店
住所:台湾台北市南京西路101
中山駅から徒歩10分位

夕食は温州大餛飩

外は激しい雨で全然弱くならないので、夕食はアパートの近くで済ませることに。

街中でよく見かける「温州大餛飩」。おそらくチェーン店。

鮮肉大餛飩麺70元と麻醤麺55元を注文。

小皿料理はセルフ。1皿25元。

鮮肉大餛飩麺はかなりの薄味。ワンタンは美味しいが味が薄すぎてスープと麺はイマイチ。

衝撃だったのは『麻醤麺』。日本語メニューには「胡麻味噌のかかった麺」というような説明があったが、この胡麻味噌が味がはっきりしなくてマズイ。今回の旅行で食べたものの中で一番まずかった!

アパートに戻って、パイナップルケーキなどのスイーツでお口直しをして2日目終了。

前後の記事


合わせて読みたい(中国)

このブログの運営者
Blotra(70年代生まれ・女)
旅行とネコが好きで、これまでに旅行した国は30数か国。東京のボランティアガイドもたまにやっています。
詳細プロフィール
Twitterをフォロー

コメントを残す