台北(7)台北⇒成田(バニラエア)

(写真:台北駅の排骨便當)

いよいよ台北旅行最終日。昼過ぎの飛行機で帰国のため、この日は移動のみ。台北駅で駅弁を食べてからバスで空港へ。バニラエアで無事に成田に到着!

台北旅行概要
  • 2017年3月30日~4月5日
  • 個人旅行/母親との2人旅
  • 九份/猴硐/猫空/淡水/茶芸館etc
  • 費用:ひとり約6万円

詳細⇒2017台北旅行記一覧

台北駅の排骨弁当

2017年4月5日(水)晴れ
8:40 宿をチェックアウト

台北の宿泊先(台北駅近く)
★暮らすように旅ができるAirbnb
今回の旅行では旅行しながら現地の生活を楽しむことができるアパートに滞在した。ホテルよりも安くてお得に泊まることができた!

Airbnbについての詳細⇒Airbnbとは 4,200円のクーポンあり

駅弁を買うために、台北駅へ。

駅弁売場は台北駅に数か所あるらしいが、私たちが買ったのは『南3出口』の正面にある台鐵便當本舖1号店。

台鐵便當本舖1号店の外観。朝9時前だったので客はほとんどいなかった。

このとき売っていたのは『排骨便當』だけ。60元(≒230円)。

駅内には食べれそうなところがなかったので、駅前の公園で食べた。

排骨(豚肉をあげてタレにつけこんだもの)、煮卵、湯葉の煮つけ、青菜がご飯の上にのっていて温かい。思っていた以上に美味しかった。これで60元は安い!

台北駅から桃園空港へ(空港バス)

桃園空港へは地下鉄(MRT)で行くのも便利だが、今回は台湾観光局の『台湾ウェルカムプレゼントキャンペーン2017』に応募して、台北市内~桃園空港のバス無料乗車引換券をゲットしていたので、行き同様に空港バスを利用した。

バス無料乗車引換券

国光客運のバス乗り場は、台北駅東1出口をでてすぐ。

1819番線で桃園空港へ。乗客は10人以下ですいていた。

約50分で空港へ到着!

桃園空港から成田空港へ(バニラエア)

バニラエアは漢字で「香草航空」となる。バニラ=香草とはちょっとイメージが違う。

13:10 バニラエアJW104便で台北から成田へ

座席指定のオプションはつけなかったが、2人で隣同士の席だった。

フライト時間は3時間25分。

ほぼ満席。

駅弁でお腹いっぱいだったので何も注文しなかったが、機内食はこんな感じ
バニラエアの機内食

17:15 成田空港に到着(予定より約20分早く着いた)

台北旅行記2017 完!

前後の記事


合わせて読みたい(中国)

このブログの運営者
Blotra(70年代生まれ・女)
旅行とネコが好きで、これまでに旅行した国は30数か国。東京のボランティアガイドもたまにやっています。
詳細プロフィール
Twitterをフォロー

コメントを残す