浜離宮庭園・浅草・江戸東京博物館

イスラエル人のライラックさんのガイドで浜離宮庭園⇒浅草⇒江戸東京博物館を観光。浜離宮と浅草は最近頻繁に訪れているが、江戸東京博物館は数年ぶりの訪問だった。

目次【クリックすると各項目へ移動】

浜離宮庭園

2017年6月18日(日)
9:00 宿泊先のヴィラフォンテーヌ汐留で待ち合わせ

徒歩で浜離宮庭園へ

この時期は緑がほとんどで花はほとんど咲いていなかったが、菖蒲が見頃だった。

池に浮かぶ中島の御茶屋で

抹茶と和菓子のセットを堪能。

水上バスで浅草へ

10:35 水上バスで浅草へ

雨が降りそうな天気…。

約40分の乗船で浅草へ。

浅草

何故かカバーがされていた雷門。

日曜日の仲見世は大勢の観光客!

楽しそうにおみくじを引くライラックさん。

しかし、引いたのは凶。浅草寺のおみくじは凶の確率が異常に高い!

浅草神社の境内では猿のショーが始まるところだった。

『まるごとにっぽん』で250円で3分間で大学芋詰め放題に挑戦。

ホッピー通りの「浅草酒場 岡本」でランチ。

から揚げ定食(750円)。見た目はイマイチだが、から揚げはジューシーでおいしかった。

ホッピー通りのお店としては、比較的広くて、煙くないので結構落ち着けた。ランチ定食があるので、お酒を飲まない人でも比較的気軽に入れる。

参考 浅草酒場 岡本 ホッピー通り店(公式サイト)
公式情報

江戸東京博物館

14:30 浅草観光が終わったころに雨が本格的に降り始めてきたので、屋外観光はやめて江戸東京博物館へ。

常設展示は600円。チケット購入に行列ができていて、買うまでに15分も並んだ。

約1時間見学。

16:30 両国駅で解散。1日で約15,000歩。


前後の記事


  スポンサーリンク
合わせて読みたい(中国)

このブログの運営者
旅行記管理人(70年代生まれ・女)
旅行とネコが好きで、これまでに旅行した国は約40か国。東京のボランティアガイドもたまにやっています。
詳細プロフィール
Twitter
instagram

コメントを残す