フィリピン・セブ島の空港でSmartのSIMカード購入

7/2よりフィリピンセブ島のサウスピークという学校に語学留学しています。旅行の際には現地にPCをもっていかない主義なので、帰国後に記事をアップしていますが、今回は1か月滞在と長いので、ノートPCを持参しています。そのため、現地から随時記事をアップします。

フィリピンはインターネットの接続状況があまりよくないとの情報でしたが、空港で購入したSmart社のSIMカードで比較的快適にインターネットに接続できています。

SIMカードは市内にあるモールなどでも買うことができるらしいですが、空港でも売っていて、セッティングも全部やってくれるので、空港で買ってしまうのが楽だと思います。値段も高くありません。

SIMフリー端末が必要

SIMカードを使うには、SIMフリースマホ、SIMフリータブレッド、SIMフリールーターなどが必要です。

参考記事↓
海外でインターネットに常時接続する方法

海外もOK!私が使っているSIMフリースマホ&タブレット

セブ島のマクタン空港でSIMカード購入

マクタン空港は小さいのでSIMカード売り場をすぐに見つけることができます。スーツケースを受け取ってでたところのすぐ左にSmart社とGlobe社のブースがあります。

Globeのほうは混雑していたので、Smartのブースに行ってみると、店員さんが親切だったのでここで買うことにしました。現金でしか買えないので、フィリピンペソを用意しておく必要があります。私は空港内の両替所で両替しました。

5日、7日、15日、30日、60日と滞在日数によってプランを選べます。私は約1か月の滞在なので30日にしました。1,100ペソと表示されていましたが、1,000ペソ(≒2,300円)で購入できました。

空港で契約できるのはSurfMaxというプランで1日800MBまで高速で使えて、800MBを消費すると速度がスローになります。通話もついているので、いざというときに電話することもできます。

スマホを渡すとすべて設定してくれるので、機械に弱い人でもOKです。設定は2、3分で終わり、ネットにつながることを確認できました。私はノートパソコンとipodtouchの2台にテザリングして使っていますが、問題なく使えています。

1日640MBを使うと、そろそろ速度制限になるとの警告メッセージがきます。そして、800MBを消費すると、速度が不安定になるとのメッセージが届きます。

このメッセージが来た日は、重いファイルを送信したり、ビデオメッセージを使ったりしたので、お昼過ぎにすでに800MB消費してしまいました。ウェブサイトをみたり、ラインをやったりする分には1日800MBがあれば十分足ります。

800MB消費後は、速度が遅くなったものの、メールやラインメッセージを送る分にはストレスないレベルでした。ウェブサイトの閲覧もちょっと我慢すれば開けて、スカイプ通話も普通にできました。なので、800MB使ってしまっても繋がらなくなるわけではなく、一応使い放題です。

まだ学校の周辺でしか使っていませんが、今のところはSIMカードで不自由なくネット接続ができています。価格も安いので、SIMフリー端末を持っているなら空港でSIMカードを買うのがおすすめです!

前後の記事



合わせて読みたい(中国)

このブログの運営者
Blotra(70年代生まれ・女)
旅行とネコが好きで、これまでに旅行した国は30数か国。東京のボランティアガイドもたまにやっています。
詳細プロフィール
Twitterをフォロー

コメントを残す