フィリピン・セブ島のスーパーで買ったお土産・お菓子など

フィリピンのセブ島滞在中にスーパーマーケットで買ったお菓子や果物を紹介します。空港のお土産は高いので、スーパーでまとめ買いしてしまうのがおすすめ!

フィリピン留学中、私が行ったスーパは以下の3店舗。

  • Robinsons Supermarket(ロビンソン フエンテ内)
  • SM SUPERMARKET(SMシーサイドシティー・セブ内)
  • Metro(アヤラモール内)

私が最もよく利用したのは学校近くのRobinsons Supermarket。

なぜかレシートは直接渡されず、袋の外に貼り付けられたり、袋の中に入れられたりする。

ドライマンゴー

フィリピンで最も定番のお土産。いろいろなメーカーのドライマンゴーが売られているが、「7D(セブンディー)」というメーカーのものが最も美味しいと多くの人から推奨された。

チョコレートがコーティングされているのは日本では見たことがないので、私はこれを大量に購入してお土産にした。一袋87ペソ(≒190円)。

一袋5個入り。チャック式なので開封しても保存可。私はドライマンゴーは好きでも嫌いでもないが、食べやすくてペロッと一袋完食したので、おそらく万人受けすると思う。

OTAP(オタップ)

フィリピン伝統のパイ菓子。複数の会社から販売されていてたくさんの種類がある。

これは簡易包装。20ペソ(≒40円)。開封するとすぐにしけるので、自分用にはよいがお土産には向かない。

お土産には個包装になっているこのようなタイプがおすすめ。50ペソ(≒110円)。

薄い生地を何層にも重ねて砂糖をまぶして焼き上げたもの。うなぎパイより厚くて、固め。うなぎパイにはかなわないが、サクサクしていて普通に美味しい。

Piaya(ピアヤ)

フィリピン伝統菓子のひとつ。1袋5個入りで22ペソ(≒50円)。

あんぱんをぺちゃんこに潰した感じ。

ウベ・ピアヤ(Ube Piaya)は、パサパサした生地にUBE(紫芋)が入っている。味は悪くないが、年配者向けかも。小分けになっていない&重いのでお土産には不向き。自分のおやつに食べるのがよさそう。

Peanut Kisses(ピーナッツキス)

ボホール島のお土産として有名なお菓子だが、セブ島のスーパーでもたくさん売られている。

簡易パッケージは7個入り。

お土産には箱に入っているタイプがおすすめ。1箱42ペソ(≒92円)

ピーナッツ風味で小さいので気軽に食べられる。老若男女どの世代でも美味しく頂ける味。

バナナチップス

バナナチップスもフィリピンで有名。私は購入しなかったが、「JOVY’S」というメーカーがおすすめらしい。

「Thin&Crispy」と書かれていたこれがおいしそうだったので、おやつ用に買ってみた。

さくさくではちみつ風味でクセになる美味しさだった。

ポメロ(フルーツ)

これまで東南アジア旅行でいろいろなフルーツを食べてきたが、『POMELO(ポメロ)』という果物は初めて。試しに買って食べてみたらあっさりしていて美味しかった。

カットされたものが売られている。中身はグレープフルーツにそっくり。

これで45ペソ(≒100円)。味はグループフルーツよりも苦みが少なくてつぶつぶ感が強い。

カップヌードル

私は日本ではカップ麺はほとんど食べないが、小さなサイズがあったので試しに購入。26ペソ(≒58円)。

日本のカップヌードルのほうが美味しいが、不味いというほどでもなかった。小腹が空いたときのために買っておくと便利かも。

石鹸

保湿効果が高いココナッツをベースにした石鹸。何種類か売られていたが、『GT』の石鹸がオーガニックで香りも上品で最も無難な感じがした(自分では使っていないので使用感はわからない)。

サウスピークの紹介者割引をご希望の方はメールにてご連絡ください。ご質問もお気軽に!
info★travel-ryokouki.com(★は@に変更してください)

前後の記事


  スポンサーリンク
合わせて読みたい(中国)

このブログの運営者
旅行記Blogger(70年代生まれ・女)
旅行とネコが好きで、これまでに旅行した国は約40か国。東京のボランティアガイドもたまにやっています。
詳細プロフィール
Twitter
instagram

コメントを残す