クラウドSIMの海外WiFiルーターGlocalMeを使ったレビュー

SIMカード不要で、世界100か国以上でインターネットが利用できる「GlocalMe」というWiFiルーターをヨーロッパ旅行(マルタ・イタリアの2カ国)で使ってみました。結論から言うと、どこの国でもすぐにネット接続できて便利でした。

ここではGlocalMeの使い方や料金について紹介します。

(マルタ、南イタリア旅行の際にGlocalme社よりGlocalMe G3端末をご提供頂きましたが、金銭の授受および記事内容への関与は一切ありません。)

GlocalMeとは?

GlocalMeはSIMカード不要で、世界100か国以上でインターネットが利用できるモバイルWiFiルーターです。クラウドSIM(Cloud SIM)という技術で現地の最適なキャリアのネットワークに接続します。すなわち、このルーターさえ持っていれば世界中どこでもインターネットに接続できるのです。

クラウドSIMのモバイルWiFiルーター端末はいくつかの種類があるようですが、私が利用したのは「GlocalMe G3」という端末なので、ここではGlocalMe G3について紹介します。

初期費用はかかるが、ランニングコストはWifiレンタルより安い

まず端末(アマゾンで2万円前後)を購入して、使う分のデータをアプリを通して購入すると使用できます。初期費用として端末代がかかりますが、その後は使う分だけデータを購入すればよいので、1日当たりのコストは安く抑えられます。

SIMカードを買うより、使い勝手がよい

データ(300MBで4ユーロ、1GBで7ユーロなどのデータパッケージが国別にある)は専用アプリを通して購入するので、空港でSIMカードを買う必要がありません。早朝や深夜に到着した場合は、空港のSIM売り場が閉まっていて、SIMカードが買えないなどの心配がありません。また、SIMカードを空港で買う場合は、入国審査後ですがが、GlocalMeがあれば到着後すぐにインターネットにつなぐことができます。

SIMカードも使える

SIMカードを差し込んで、一般的なモバイルWiFiルーターとして利用することもできます。

4G LTEハイスピードインターネット

4G LTEに対応しており、50Mbps上り/150Mbps下りの高速通信ができます。

通信デバイス5台まで接続

iPhone、アンドロイドスマホ、タブレット、PCなど最大5台まで接続できるので、家族や友人などと共有して使えます。

日本でも使える

日本で使えるデータパッケージ(300MBが4ユーロ、1GBが7ユーロなど)もあるので、日本でも利用できます。契約料や月額料金も不要なので、あまりデータ容量を使わない人ならこちらのほうがお得だと思います。

レビュー評価が高く、評判が良い

アマゾンのレビュー評価もとても高く、評判がよいです。レビューの一部を紹介します。

初期費用として本体価格は多少値が張りますが、年に数回程度海外に行く可能性がある人はすぐに元がとれます。また何より、世界100か国以上をカバーしていてるため、これ1台持っておけば海外での通信手段が確保されるので安心感があります。

空港に到着してからSIMショップを探さなくてよく、すぐに現地情報を確認しながら移動できるので便利です。

今まではレンタルWIFIを使用していましたが、ヨーロッパに良く旅行するので購入しました。バッテリー容量がたっぷり有り、電池切れの心配なく、使用できました。スマホをカーナビとして使うので、ほぼ一日中、電源入れっぱなしで使えました。

概ね高評価が多いですが、設定がうまくいかないというレビューもあります。私は簡単に設定できましたが、設定で苦労する人もいるようです。

Amazon商品ページ⇒GlocalMe G3 モバイル Wi-Fi ルーター

GlocalMeの使い方&レビュー

今回、ヨーロッパのマルタ共和国&イタリアで10日間思いっきり利用しました。また、東京の自宅や乗り継ぎのイスタンブールでも少し使いました。事前にSIMカードを買わなくても、その場ですぐに使えるので本当に便利でした。

アマゾンのレビューに「セットアップに苦労した」と書いている人がいましたが、私は特に苦労することもなく(特に機械に強いわけではない)、ほんの数分で完了しました。アプリのダウンロード、アプリからの支払いなどができる人なら、セットアップは問題ないと思いますが、そのようなことが自分でできない人は、WiFiルーターをレンタルするのがよいと思います。

参考 ヨーロッパ周遊WiFiをマルタ・イタリアでレンタルしたレビュー

専用アプリ「GlocalMe」で管理する

GlocalMeという専用アプリ(iOS、アンドロイドの両方に対応)を通じて、アカウントに料金をチャージし、データパッケージを購入することができます。アプリは、英語と中国語のみで日本語には対応していません。支払い方法は、Paypal、WeChat Pay、Alipay、Unionpay Paymentの4つに対応しています。現在のところクレジットカードには対応してないようです。私はPaypalで支払いました。

課金方法は「Pay As You Go」と「パッケージ(Packages)」の2つがあります。Pay As You Goは0.05ユーロ/MBの従量制です。少ししか使わない場合はPay As You Go、何日間も使う場合はパッケージのほうがお得です。パッケージは各国の様々なプランがあり、今回私は「マルタ30日、1GB、12ユーロ」と「イタリア30日、300MB、4ユーロ」という2つのパッケージを購入しました。

自動で切り替わるので、切り替え設定は不要
パッケージを購入していないと、自動的にPay As You Goの従量制で課金されます。私の場合、マルタとイタリアで使えるパッケージを購入して出国しました。乗り継ぎのイスタンブール空港でGlocalmeの電源をONにしてネット接続したところ、Pay As You Goの従量制で課金されていました。マルタに入国して、電源ONにするとマルタのパッケージに自動で切り替わりました。

GlocalMeアプリでパッケージを購入する

イタリアで使えるパッケージを検索すると、このように一覧がでてきます。イタリアのみで使える300MBや1GBのほかに、西ヨーロッパ5カ国で使えるものなどもあるので、自分のニーズに合わせて購入できます。

これはマルタで使える1GBデータパッケージの詳細です。「マルタに入国して使い始めたときから有効になり、30日間使える。7日以内なら返金可能」などと書かれています。私は出発前にこのデータパッケージを購入していったので、マルタ到着後に電源ONしたら自動でこのパッケージが使われるように切り替わっていました。

購入したパッケージの残量や期限はアカウントで確認できます。購入したイタリアとマルタの2つのパッケージが表示されています。イタリア300MBパッケージを見てみると、残量が50.08MBで11/19-12/19まで有効となっています。パッケージを購入したのは11/10ですが、11/19にイタリアに入国したので11/19が開始日となったわけです。

GlocalMe G3 本体

5.2インチのスマホと大きさ比較(左がスマホ、右がGlocalMe)。サイズはスマホより小さいが、厚みがあり、約240gとやや重い。モバイルバッテリーを内蔵しているので、スマホの充電がなくなったときに充電することも可能。

液晶画面にはデータの残量が表示されるので、どれくらい使用したのか確認できます。

充電容量はたくさんあるので、1日中電源をつけっぱなしにしていても、充電切れになることはありませんでした。

接続状況は良好、高速通信で快適

今回、マルタと南イタリア(バーリ、アルベロベッロ方面)の主要な観光地で1日つけっぱなしにして使いましたが、ほぼ100%繋がり、まったくストレスなく使えました。

また、イタリア、マルタ、イスタンブール、日本で何度か速度測定したところ、ほとんどの地点で‎10Mbps以上ありました。イタリアでは20Mbps以上ととても速かったです。
※10Mbps以上の速度が出ると快適にネットを使用できるといわれています

端末の料金、データパッケージの料金は?

GlocalMe端末の価格

2017年12月現在、Amazonでは「GlocalMe G3」と「GlocalMe U2」の2種類の端末が販売されています。機能はどちらも同じだと思いますが、大きさが異なります。

私が紹介したのはG3のほうで、液晶表示がありバッテリー機能もあるため、厚くてやや重い。21,990円。

GlocalMe G3 モバイル Wi-Fi ルーター
GlocalMe
売り上げランキング: 74,216

U2は、液晶やバッテリー機能がない分、薄くて軽いです。価格は17,990円。

GlocalMe U2 モバイル Wi-Fi ルーター
uCloudlink
売り上げランキング: 49,752

データパッケージの価格

一部を紹介すると、
・タイ:300MB⇒3ユーロ、1GB⇒5ユーロ
・台湾:300MB⇒3ユーロ、1GB⇒5ユーロ
・アメリカ:300MB⇒6ユーロ、1GB⇒12ユーロ
・ドイツ:300MB⇒4ユーロ、1GB⇒7ユーロ
・ヨーロッパ33カ国:1GB⇒16ユーロ
など

今回私はマルタ・イタリア10日間の旅行で「マルタ1GB(12ユーロ)」と「イタリア300MB(4ユーロ)」の合計16ユーロ分(≒2,100円)のパッケージを購入しました。

この1回の旅行だけを考えると、端末代(約2万円)+データパッケージ(2,100円)で合計約22,000円と高くつきましたが、今後も継続して海外で使うなら、以降はデータパッケージを買うだけで済みます。

ちなみに、ヨーロッパ周遊WIFIを10日レンタルした場合の費用は、約1万円(参考記事:ヨーロッパ周遊WiFiをマルタ・イタリアでレンタルしたレビュー)なので、あまり海外に行かない人の場合は、WIFIレンタルのほうが安くなります

値段でいうと、現地でプリペイドSIMカードを買うのがおそらく最安値ですが、Glocalmeのデータパッケージもそれほど高くありません。利便性を考えると、よく海外に行く人ならGlocalMeは非常に使い勝手がよく、コストパフォーマンスの高いおすすめの端末です。

前後の記事



スポンサーリンク

合わせて読みたい(中国)

このブログの運営者
旅行記管理人(70年代生まれ・女)
旅行とネコが好きで、これまでに旅行した国は約40か国。東京のボランティアガイドもたまにやっています。
詳細プロフィール
Twitter
instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です