台北(8)『四海豆漿大王』で台湾式朝ごはん

台北旅行3日目は『四海豆漿大王』で台湾式朝ごはん。朝から地元の人で賑わっていてローカル感が楽しめた。小籠包や台湾式おにぎりなど2人でお腹いっぱい食べて500円以下と安かった。安くて美味しいので、朝食におすすめ!

台北旅行概要
  • 2017年3月30日~4月5日
  • 個人旅行/母親との2人旅
  • 九份/猴硐/猫空/淡水/茶芸館etc
  • 費用:ひとり6万円

詳細⇒2017台北旅行記一覧

『四海豆漿大王』への行き方

最寄り駅は中山駅。台北駅からも徒歩圏内で徒歩10分もあれば行ける。

住所:台湾台北大同區長安西路29號
電話:+886 2 556 2785

参考 四海豆漿大王【トリップアドバイザー】
住所:台北市大同区長安西路29號

『四海豆漿大王』で台湾式朝ごはん

2017年4月1日(土)曇り時々晴れ
8:30 宿を出発。歩いて『四海豆漿大王』へ
前日の夜から朝まで激しい雨が降り続いていたが、外に出ると雨は止んでいた。

台北の宿泊先
★暮らすように旅ができるAirbnb
今回の台北旅行ではホテル滞在ではなく、アパートの一室に滞在し、旅行しながら現地の生活を楽しんだ。台北駅と中山駅から徒歩5分の立地にあり、どこに行くにも便利だった。
・詳細→ 台北で宿泊したアパートメント(airbnb)

8:40 安くて美味しいと評判の豆漿屋『四海豆漿大王』で朝食。

テイクアウト(外帯)の人が10人位行列を作っていたが、奥に入っていくとイートイン(内用)のレジがあり、そこへ行くと席へ案内された。日本語メニューもあって、店員さんも親切で感じのよいお店だった。

店内は満席で活気あり。日本人もちらほら。

お店のおばさんに勧められたものを注文。豆漿のお店だが、豆乳はあまり好きではないので頼まなかった。

蛋餅25元(≒100円)。

糯米飯糰30元(≒110円)。台湾式のおにぎりでアツアツでずっしり!

中には肉鬆(デンブ)、油條(アゲパン) etcがずっしりと入っていた。

小龍包8個で60元(≒230円)。

60元にしては肉汁もあり、普通に美味しかった!

2人でお腹いっぱい食べて115元(≒440円)は安い!

前日に行った世界豆漿大王もよかったが、こちらのお店の方が従業員が多くて回転が速い。台北駅からも中山駅からも徒歩圏内なので、近くに泊まっていたら行く価値あり!

前後の記事

合わせて読みたい(中国)
  スポンサーリンク

このブログの運営者
トラベル旅行記.com(70年代生まれ・女)
旅行とネコが好きで、これまでに旅行した国は約40か国。旅行は年2~3回ペース。東京のボランティアガイドもたまにやっています。
詳細プロフィール
Twitter
instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です