上海(5)電動カートで南京東路から人民広場へ

外灘の夜景を見た後は、中国随一の繁華街と言われている「南京東路」を通って「人民広場」というルートでホテルへ戻った。

上海旅行概要
  • 2016年12月12日~12月15日(3泊4日)
  • 個人手配・ひとり旅
  • 外灘/南京東路/朱家角/豫園商城/下町
  • かかった費用:31,000円

◎概要⇒上海旅行記【概要&まとめ】
◎旅行記一覧⇒2016上海旅行記一覧

南京東路から人民広場までは歩行者天国になっていて、観光用の電動カートで移動することができる。歩き疲れていたので、迷わずカートに乗車。運賃は5元(≒85円)。

カートはゆっくり走るので、賑やかな繁華街の景色を楽しめる。

いろいろな種類の電動カートが走っていた。

21時過ぎでもこの賑わい。女性ひとりでも特に危険は感じなかった。

この迫力ある建物は老舗デパートの「永安百貨」。

人民広場からホテルへ歩いている途中の道にこんな上手な絵を描いている人がいた。

21:30 ホテルに到着、上海1日目終了。

上海の宿泊先
ザ フェニックス ホステル上海
中心地にあり、地下鉄駅にも近くてどこに行くのにも便利だった。部屋はシンプルで最低限の設備のみだが、立地重視でリーズナブルに泊まりたい人にはおすすめ!
・詳細記事⇒「ザ フェニックス ホステル上海」宿泊記

快適なホテルに泊まりたい場合は「オークラガーデンホテル上海」がおすすめ。前回の上海旅行で利用したが、サービスも大変よくて文句なしのホテルだった!

前後の記事

合わせて読みたい(中国)
  スポンサーリンク

このブログの運営者
トラベル旅行記.com(70年代生まれ・女)
旅行とネコが好きで、これまでに旅行した国は約40か国。旅行は年2~3回ペース。東京のボランティアガイドもたまにやっています。
詳細プロフィール
Twitter
instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です