上海(6)席永記湯包館の安くて美味しいワンタン

朝食は滞在先のすぐ近くにあるローカル食堂にて。よく調べないで適当に入ったお店だったが、ワンタンが美味しかった!

上海旅行概要
  • 2016年12月12日~12月15日(3泊4日)
  • 個人手配・ひとり旅
  • 外灘/南京東路/朱家角/豫園商城/下町
  • かかった費用:31,000円

◎概要⇒上海旅行記【概要&まとめ】
◎旅行記一覧⇒2016上海旅行記一覧

2016年12月13日(火)

窓から外を覗くと雨…。『雨ときどき曇り』の予報だったが、一日雨だった。

上海の宿泊先
ザ フェニックス ホステル上海
中心地にあり、地下鉄駅にも近くてどこに行くのにも便利だった。部屋はシンプルで最低限の設備のみだが、立地重視でリーズナブルに泊まりたい人にはおすすめ!
・詳細記事⇒「ザ フェニックス ホステル上海」宿泊記

快適なホテルに泊まりたい場合は「オークラガーデンホテル上海」がおすすめ。前回の上海旅行で利用したが、サービスも大変よくて文句なしのホテルだった!

8:00 朝食はホテルのすぐ近くにある「席永記 湯包館」というお店で。

入口のレジで会計を済ませてから、席に着く。メニューが中国語でよくわからなかったが、ワンタンの写真を指さしたら無事に注文できた。

ローカルレストランだけど店内はきれい。地元の人で朝から満席だった。

ワンタンはこのボリュームでたったの10元(≒170円)!

豚肉と野菜がぎっしり詰まって、皮が厚くておいしい!

スープもあっさりしていたので、ワンタンは朝食にはピッタリだった!

参考 席永記蘇州湯包館(雲南南路店)【トリップアドバイザー】

夜もここで食べて、翌朝の朝食はここの『生煎』をテイクアウトした。短期間の旅行で高頻度に利用してしまった(笑)。

前後の記事

合わせて読みたい(中国)
  スポンサーリンク

このブログの運営者
トラベル旅行記.com(70年代生まれ・女)
旅行とネコが好きで、これまでに旅行した国は約40か国。旅行は年2~3回ペース。東京のボランティアガイドもたまにやっています。
詳細プロフィール
Twitter
instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です