スペイン・ポルトガル(11)スペイン広場・デボー神殿・ロープウェイ

DSC06834
スポンサードリンク

前日に引き続き2階建て観光バス【Marid City Tour】でマドリード市内を観光。1日曇り空で風が強い日だった風

前日はひたすらバスに乗っているだけだったけど、この日は途中下車してスペイン広場に行ったり、ロープウェイに乗ったりと結構活動的に動いた。

スペイン・ポルトガル旅行
  • 旅行期間:2014年3月14日 ~ 2014年4月3日(18泊21日)
  • 旅行形態:個人旅行/母親(シニア・体力あり)との2人旅
  • 訪問都市(スペイン):マドリード、トレド、サラゴサ、バルセロナ
  • 訪問都市(ポルトガル):リスボン、オビドス、ナザレ
  • 旅行費用:約23万円/人(お土産代を除く)

旅行概要の詳細: スペイン・ポルトガル旅行記【概要&まとめ】
前の記事:2階建てバスでマドリード市内観光

乗り降り自由の観光バスで市内観光

2014年3月25日(火)曇り 旅行12日目

スーパーで買ってきた食材で朝食

マドリッドの宿泊先
★暮らすように旅ができるAirbnb

今回の旅行ではマドリッドとバルセロナでアパートに滞在した。旅行しながら現地の生活を楽しみたい人にはアパート滞在がオススメ!!

Airbnbについての詳細記事⇒Airbnbとは

10:00 2階建てバス【Marid City Tour】に乗って観光スタート!
2階建てバスは昨日続き2日目なので、乗り方や経路などだいたいマスターした!

ルート1バスに乗って、スペイン広場前で下車。

スペイン広場(Plaza de España)

マドリッドの目抜き通り「グラン・ビア」の終点に位置する。7世紀に活躍したスペインの文豪、セルバンテスを記念して造られた。広場の中央には、セルバンテスのモニュメント、その前には小説の主人公ドン・キホーテと従者サンチョ・パンサの像がある。

広場はビルに囲まれたところにある。団体ツアーなどの立ち寄りスポットではないようで、人はそれほどいなかった。

ドン・キホーテとサンチョ・パンサ像の前は撮影スポットとなっていた

続いてはデボー神殿へ。
デボー神殿はスペイン広場から歩いて10分もかからないところにある。

デボー神殿(Debod Temple)

エジプトから寄贈された約2000年前の本物の神殿。高台にあり、周辺は公園になっている。

門のような構造物が二つ

二つの門の後ろにあるのが神殿。内部は無料で見学することができる、神殿の向こう側は展望台になっている。

神殿は小さいながらも内部には係の人が何人かいて場所の誘導などをしていた。

壁画

イメージしやすいように、模型が展示されていたり、このような光の絵などが使われていた。

展望台からはマドリードを一望できる。左側奥にみえるのは王宮とアルムデナ教会。

次に向かったのは「ゴヤのパンテオン」。デボー神殿の裏側にあり、地図ではそれほど遠くないように見えたが、実際に歩くと直線状に行けなかったり、迷ったりして意外と時間がかかった。

ゴヤのパンテオン

正式名はサン・アントニオ・デ・ラ・フロリダ礼拝堂。ゴヤが1798年に描いた天井画「サン・アントニオの奇跡」や祭壇前にあるゴヤのお墓が見所である。

内部は撮影禁止のため外観のみ。内部のフレスコ画は迫力がありとても素敵な空間だった。訪れる人はあまり多くないのか、この日は地元のおばさんが数人いただけだった。

ロープウェイに乗って展望台へ行ってみた!

近くにロープウェイ乗り場があったので、乗ってみることに。それにしてもスペインは落書きが多かった目

ロープウェイはすいていたのですぐに乗ることができた。

二つみえる教会の左側が「ゴヤのパンテオン」。右側はあとから建てられた「ゴヤのパンテオン」のレプリカ。ロウソクの煙によるフレスコ画の損傷をさけるため礼拝はこちらで行われる。

ロープウェイは片道約15分。展望台まで行くことができる。

ロープウェイからはマドリードの西側を一望できる。

途中から風がかなり強くなってすごい揺れで恐ろしかったがまん顔

ロープウェイを降りて外にでると展望台になっていたが、風が強くて落ち着いてみる余裕もなくすぐに引き返した風

風が強いので、重い方が安定して安全との理由で、帰りのロープウェイは身体のすごくビッグなスペイン人カップルとの相席になった。

外国でこんなに揺れるロープウェイに乗るのは恐怖だったが、終わってみればそれなりに満喫できたわーい (嬉しい顔)

デボー神殿の前からバスに乗って太陽の門(プエルタ・デル・ソル)へ。この日の観光はこれで終了。

太陽の門周辺にはいつもこのような大道芸人がいてパフォーマンスをしている。

タパスバーでボリュームたっぷりの昼食

14:30 太陽の門近くにある「Malaspina」というタパスバーで昼食。事前にネットで調べて評判がよかったお店。

店内はそれほど広くなくて、少ししたら満席になっていた。

店員さんの対応もよくてお店の雰囲気もよかった。サングリアが美味しかった!

一皿のボリュームがすごく多くて、これで二人でお腹いっぱい。出来立てがでてきて美味しかった!

食後にはものすごい強いお酒がサービスで出てきた冷や汗 (顔)

お店を出た後は、アパートに戻り休憩。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

夜はスーパーで買った野菜と日本からもってきたうどんで簡単に済ませた。

この日でマドリードは最終日。マドリードにはトータルで4日以上いたので、結構余裕をもって観光することができた。翌日は朝からサラゴサへ移動。

ベトナム中部旅行記(目次)
クロアチア旅行記(目次)
ギリシャ旅行記(目次)
中欧旅行記(目次)
スペイン旅行記(目次)
ポルトガル旅行記(目次)
ハノイ旅行記一覧
ドバイ・アブダビ旅行記(目次)
ベトナム・カンボジア旅行記(目次)
トルコ旅行記一覧
北欧旅行記一覧
タイ旅行記一覧
四国旅行記
広島旅行記(目次)

コメントを残す