四国たっぷり20景めぐり(1)金刀比羅宮・かずら橋・大歩危

DSC07610
スポンサードリンク

JTB旅物語の「四国たっぷり20景めぐり 3日間」というパッケージツアーに参加。旅物語のツアーの中でもとても人気のツアーとあって、充実した内容で3日間楽しめた!!

旅行スケジュール
四国日程

<旅行概要>
★旅行期間:2014年7月17日~ 2014年7月19日 2泊3日
★旅行会社:JTB
★ツアー名:四国たっぷり20景めぐり 3日間
★同行者 :友人K
★旅行費用 :ひとり29,900円+空港税(2人1部屋利用)

2人1部屋利用で「1人29,900円+空港税」となかなかのお手頃価格。
そのため、行きは早朝、帰りは夜遅いという少しハードなスケジュールだった。

今回のツアーで訪れた四国20景(車窓観光も含む)。初日は1~6を訪れた。

羽田空港から高松空港へ

1日目:7月17日(木)
羽田空港6:45集合のため、家を出たのは5時台。ちょっと早すぎ。

6:45 羽田空港集合。
集合といっても指定された団体カウンターで出席確認をするだけ。
発券機で自分で搭乗券を発券し、各自搭乗口に行って飛行機に乗るといった流れ。

7:25 羽田空港発飛行機

↓ ANA531便

8:40 高松空港着

格安ツアーでもほんの少しだけマイルがついた。
四国マイレージ

バスに乗って観光スタート

空港に着くと添乗員さんとガイドさんがお出迎え。みんな揃ったら観光スタートバス

これが3日間の移動でお世話になったバス。座席は指定されていて毎日違った場所になる。

参加者が多くてバスは満員で添乗員の席は補助席。2日目は運悪く添乗員の隣になってしまった。添乗員は新米で話し方など少しぎこちなかったけど、仕事は一生懸命やっていた。ガイドさんはベテランで話が上手だった。

バス車内の様子

3日間の観光ルート

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

最初に訪れたのが「金刀比羅宮(ことひらぐう)」

785段の石段を上って「金刀比羅宮」参拝

古くから「さぬきのこんぴらさん」として親しまれている海の神様。
参道の長い石段は有名で、本宮まで785段、奥社までの合計は1368段にも及ぶ。

専属のガイドさんに従ってみんなでゾロゾロ階段を上っていく。

この日の気温は30℃位で日差しもあって暑かった!

参考 旅行にオススメのリュック
旅の達人・竹内海南江さんとバッグメーカーのエースの共同開発で、機能的で使い勝手にこだわったバッグ。丸みがかわいいおしゃれなバッグで、メインファスナーは不用意に開かないようロック付きで、背面には貴重品管理に便利なセキュリティポケットを装備。前面には2つのポケットを備えており、パスケースなどよく使う小物が出し入れしやすい設計。サイドにはペットボトルが収納でき、機能性に優れている。全7色。

[カナナプロジェクト] Kanana project トラベルリュック
Kanana project
売り上げランキング: 17,324

★金丸座
天保6年(1835)に建てられた現存する日本最古の芝居小屋。

これは山門のひとつ。まだ先は長い。

途中には馬がいた!

階段がひたすら続く…。 ツアー参加者は年配の人が多いのにみんなスタスタと上っていくから驚き!

手水舎で手を洗って参拝の準備。

この階段の上に本宮がある。

785段を上って本宮に到着!

展望台もあって、なかなかの眺望。左側に見える讃岐富士と呼ばれる山がキレイ。

御朱印帳を持って行ったのでご朱印をゲット

参拝後は、石段の下り。上りに比べると下りのほうがはるかに楽だった。

昼食は讃岐うどん

オプショナルの昼食をたのまなかったので、参道の入り口付近にある「虎屋」といううどん屋で昼食。入口ではおばちゃんがかなり強引な呼び込みをしていた。

ぶっかけうどん500円。コシがあまりなくて、本場の讃岐うどんという感じがしなかった。

歴史あるお店のようで、店内には天皇陛下が訪れたときの写真などが飾ってあった。

14:00
続いて訪れたのは祖谷(いや)川にかかる「かずら橋」。

「祖谷のかずら橋」を渡るのは怖かった!

長さ45m、幅2m、谷からの高さ14mで日本三奇橋の一つ。昔は深山渓谷地帯の唯一の交通施設であった。野生のシラクチカズラを編んで作ったもので、3年毎に架け替えが行なわれる。

橋を渡るのは有料。団体割引で450円。

足元の隙間が大きいので渡るのは結構怖かった。中にはスイスイと歩いている人もいた。

踏み外すと足が隙間から落ちてしまう。

びわの滝

かずら橋のすぐ近くにある高さ50mの滝。ヒンヤリして涼しかった。

その後バスで約30分移動して大歩危(おおぼけ)に到着。

大歩危(おおぼけ)

吉野川中流域に位置する渓谷。数km下流の小歩危(こぼけ)と共に、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)として一括りにされることが多い。

ここでの川下りは気持ちよさそう。

この日の観光はこれで終了。
途中トイレ休憩をはさみながらホテルまで約2時間バスで移動バス
ガイドさんがずっと説明をしてくれていたけど、寝不足のため車内ではほとんど寝てしまった眠い (睡眠)

ホテルの夕食バイキング&露天風呂は期待以上だった!

18:00 ホテル着
宿泊したのは「奥道後 壱湯の守(いちゆのもり)(旧 ホテル奥道後)

部屋は広くてきれいだった。

夕食はバイキング。作りたてで種類も多くて美味しかった。

おかわりをして、さらにデザートまで食べて完全に食べ過ぎたうまい! (顔)

温泉は7月にオープンしたばかりという露天風呂があって、広くてなかなかよかった。
Wifiもフロントでつなげたし、ツアーの値段からするとかなり満足のホテルだった。

ベトナム中部旅行記(目次)
クロアチア旅行記(目次)
ギリシャ旅行記(目次)
中欧旅行記(目次)
スペイン旅行記(目次)
ポルトガル旅行記(目次)
ハノイ旅行記一覧
ドバイ・アブダビ旅行記(目次)
ベトナム・カンボジア旅行記(目次)
トルコ旅行記一覧
北欧旅行記一覧
タイ旅行記一覧
四国旅行記
広島旅行記(目次)
スポンサードリンク
skyticket

コメントを残す