ソウル 個人旅行(1)

5年位前に行って以来のソウル旅行。ソウルは個人でも旅行しやすいので個人で見て回った。

航空券・ホテル予約

航空券とホテルは、1月中旬(旅行の約1か月半前)に楽天トラベルで購入
(航空券とホテルのみ。ホテルまでの送迎や観光は含まない。)

■航空券
<往路> アシアナ航空 107便
2010/02/26 東京(成田)09:00⇒2010/02/26ソウル/仁川国際空港 11:40

<復路>アシアナ航空 102便
2010/02/28 ソウル/仁川国際空港10:00 ⇒2010/02/28 東京(成田)12:10

■ホテル ★★★★
ベストウェスタンプレミアホテル国都 (BEST WESTERN PREMIER HOTEL KUKDO)

■旅行代金
旅行代金: 98,572円
燃油サーチャージ: 1,560円
海外諸税: 4,600円
空港施設使用料: 5,080円
合計: 109,812円/2名

前泊

早朝のフライトのため成田空港近くに前泊。楽天トラベルで14日前までの予約で割引になるプランを利用して、ツインルームが1部屋4,900円とお得に泊まれた

■部屋の様子
CIMG1893.jpg CIMG1894.jpg

旅行1日目:2月26日(金)

5:30頃起床

朝食はコンビニのサンドイッチで軽く済ませ、ホテル6:30発の無料シャトルバスで空港へ

6:50 成田空港第1ターミナル到着
CIMG1895.jpg

アシアナ航空 107便 9:00成田発飛行機

10:00 機内食
朝食にしてはかなりのボリューム。なかなか美味しかった!
牛肉のオイスターソース炒め、ポテトサラダ、ティラミスなど
CIMG1901.jpg

11:55 ソウル 仁川国際空港着
晴天でかなり暖かい天候晴れ
CIMG1903.jpg

明洞(ミョンドン)行きの一般リムジンチケットを購入してリムジンバスへ搭乗バス
CIMG1909.jpg

12A乗り場 一般リムジン6015番
CIMG1907.jpg

12:25 出発。満席だった。コートを着ていられないくらいの暑さまで気温上昇。
CIMG1910.jpg

13:30 ベストウェスタンプレミアホテル国都 に到着!
オリンピックフィギュアで真央ちゃん滑走中でフロント周辺はみんなテレビに釘付けTV
CIMG1914.jpg

2007年に出来たばかりのホテルで予想以上にきれだった。11階(禁煙レディースフロア) 1101室
CIMG2029.jpg CIMG2031.jpg

ウエルカムサービスでペットボトルの水が用意されていた。
CIMG1911.jpg CIMG1912.jpg

シャワーは可動式で水圧も問題なし。浴衣もあり。
CIMG1913.jpg

明洞(ミョンドン)エリアを散策

13:50 ホテル出発 徒歩で明洞(ミョンドン)エリアへ足

途中には屋台がちらほら
CIMG1916.jpg

左がソウルタワー、右が明洞聖堂
CIMG1918.jpg

明洞聖堂
韓国で最初に作られたカトリック教会で、韓国のカトリック信徒にとって精神的シンボルともいえる重要な聖堂。
CIMG1921.jpg

明洞餃子で昼食

14:15 ガイドブックなどに必ず紹介されている有名店「明洞餃子本店」へ

この時間でもほぼ満席
CIMG1923.jpg

定番のカルグクスとマンドゥを1つずつ注文。注文してからわずか1、2分で運ばれてきた。サービスのキムチはとても辛かった。
CIMG1926.jpg

・お店の看板メニュー「カルグクス(韓国式スープ+うどんの麺)」とマンドゥ(餃子)
CIMG1924.jpg CIMG1925.jpg

期待を裏切らず美味しかったわーい (嬉しい顔)

昼食後は「徳寿宮」へ

徳寿宮(トクスグン)で衛兵交代式を見学

地下鉄を使って最寄の市庁駅へ。歩いても15分程の距離。
CIMG1928.jpg

駅から進行方向を間違えてしまったが15:30の交代式になんとか間に合ったあせあせ (飛び散る汗)

15:30 徳寿宮(トクスグン)到着

徳寿宮は李氏朝鮮時代の五大王宮の一つ。五大王宮は、いずれもソウル市内にあり、徳寿宮の他には、景福宮、昌徳宮、昌慶宮、慶煕宮がある。今回訪れたのは、徳寿宮(1日目)、昌徳宮と昌慶宮(2日目)。

徳寿宮(トクスグン)はソウル市庁の前に位置する。元々は朝鮮時代の王族が住んでいた邸宅であったが、朝鮮時代中期、豊臣秀吉により壬辰倭乱が起こり、ソウルのほとんどの宮殿が破壊された。そのときに 臨時に王の居所がここに移された。以来、宮殿としての性格を持つようになっていった。

入場券 1000ウォン
CIMG2193.jpg

・大漢門
正門で王宮守門将交代式(衛兵交代式)が見られる
CIMG1930.jpg CIMG1931.jpg

CIMG1937.jpg CIMG1938.jpg

・「大小人員皆下馬」と書かれた石碑
大漢門から入るとすぐのところにある橋の前にある石碑。高い地位にある人も、また逆に低い地位にある人も、この前を通るすべての人々は馬から降りろという意味。王の前では、どんな人も敬虔な気持ちを持ち、静粛にしなければならない。
CIMG1963.jpg

・世宗の像
李氏朝鮮の第4代国王「世宗」。世宗大王とも言われる。1万ウォン紙幣の肖像画の人で、ハングル文字の創製者。
CIMG1941.jpg

・中和門
CIMG1942.jpg

・中和殿
徳寿宮のなかでもっとも規模が大きく立派な建物。即位式や朝会などの主要行事が行われ、徳寿宮の正殿として活躍した。
CIMG1948.jpg CIMG1944.jpg

中和殿の玉座
CIMG1947.jpg

玉座の天井にある2匹の龍
爪の数は7本。龍の爪の数が中国、韓国を問わず大部分が5本で王を表すのに対し、7つは皇帝を象徴するという意味を持っている。
CIMG1949.jpg

・昔御堂
徳寿宮の中で唯一2階建ての建物。宣祖の追慕のなされた場所でありながら、仁穆大妃が幽閉された、不の歴史がしみこんだ建物。
CIMG1952.jpg CIMG1955.jpg

・咸寧殿
朝鮮第二十六代王、高宗の私的生活が行われた寝殿
CIMG1959.jpg CIMG1960.jpg

屋根の上には小さな動物の像。あちこちの王宮内建物の屋根にみられる像を「雑像(チャプサン)」と言う。三蔵法師玄奘の一行を表した魔よけと言われており、前から順に三蔵法師、孫悟空、猪八戒の像とされる。数は場所によって違う。韓国は必ず奇数、台湾は必ず偶数。数が多いほど建物の格が上とされる。
CIMG1962.jpg

・静観軒
高宗皇帝の休息の場で、お茶を飲みながら音楽を聴いたり、外交官を招き宴会を開いたりしていた場所
CIMG1956.jpg

16:15 ぶらぶら歩きながら明洞へ戻る

NANTA(ナンタ)を鑑賞

16:40 明洞NANTA(ナンタ)劇場 到着
CIMG1967.jpg

2週間ほど前に日本でS席(3,400円/人)のチケットを手配(コネストを利用)。受付に「予約確認書」を提示するとすんなりチケットを渡され席まで案内してもらえた。
CIMG1969.jpg CIMG1968.jpg

1階10列目位の真ん中で抜群の席だった目

開演15分前の様子
CIMG1970.jpg

17:00~18:30 NANTA鑑賞

(開演後は撮影禁止)

ナンタは以前にソウルに来たときにも見たけど、何度見ても面白かったわーい (嬉しい顔)

ナンタ終了後は夕食へ

街中の屋台が賑わっていた。
CIMG1972.jpg

ネオンで虎と松が描かれたビル。大きくてかなり迫力ある。
CIMG1974.jpg

夕食は参鶏湯(サムゲタン)

18:55 「明洞参鶏湯」で夕食

・サンゲタン(参鶏湯)を注文

席に着くと、カクトゥギ(大根キムチ)、オイキムチ(キュウリキムチ)、砂肝の煮付け、高麗人参酒が運ばれてきた。
CIMG1976.jpg

サンゲタン(参鶏湯)は塩につけて食べる。ボリュームたっぷりアツアツで美味しかった!
CIMG1977.jpg

明洞の街はものすごい人
CIMG1985.jpg

明洞名物「32センチのソフトクリーム」

「32パフェ」でソフトクリーム購入。ストロベリーとマンゴーのミックス
CIMG1983.jpg

ソフトクリームを食べながらソウルタワーへ向かう足

ケーブルカーに乗ってソウルタワーへ&夜景観賞

急な階段部分を稼動しているエレベーター「ナムサン(南山)オルミ」へ乗ってケーブルカー乗り場へ
CIMG1991.jpg

ケーブルカー
CIMG1995.jpg

20:00 ケーブルカーの往復チケットを購入
CIMG1997.jpg

ケーブルカーに乗る人の長蛇の列。ここで20分ほど並んだ。
CIMG1998.jpg

20:30 Nソウルタワーのチケットを買ってタワーへ

CIMG2195.jpg

Nソウルタワーは、ソウル特別市龍山区の南山公園内、頂上付近にある塔である。タワーの高さは236.7m、海抜479.7m。ソウル市内の各所から見ることができ、夜にはライトアップされた姿が浮かび上がる。テレビ・FMラジオ送信などを目的とした総合電波塔として建設されたが、展望台から市内を一望できるため観光地としても人気がある。アクセスは南山の麓と山頂を結ぶロープウェイ「南山ケーブルカー」を用いる。

ニュース専門テレビ局YTNが所有し、正式名称は「YTNソウルタワー」であるが、通常は「Nソウルタワー」と称している。「南山タワー」ともしばしば呼ばれるが、これは公式の名称ではない。
Wikipediaより)

CIMG2001.jpg

展望台へ行くエレベーターも行列でエレベーターに乗るまでに15分程かかった!

20:50 展望台に到着!
展望台からのソウルの夜景
CIMG2007.jpg

21:30 行きと同様にケーブルカー、エレベーターで下山

南大門市場~ロッテマードで買い物

南大門市場を通ってソウル駅横にあるロッテマートへ

遅いため南大門市場は閉まっていた店が多いが、中にはまだ開いている店も
CIMG2011.jpg

屋台
CIMG2012.jpg CIMG2015.jpg

22:10 ロッテマート到着。この時間でもたくさんの人で混雑していた。
CIMG2019.jpg

「クラウンのバターワッフル」は手頃で美味しいのでお土産に最適!
CIMG2187.jpg

買い物終了後、地下鉄でソウル駅から東大門市場へ
CIMG2021.jpg

東大門
CIMG2025.jpg

すごく賑やかな東大門市場を抜けてホテルへ向かう

途中道を間違えたりしてホテルへ着いたのは深夜0:00

ホテルに着いた頃にはかなりクタクタになっていたふらふら

歩数:25,200歩足足 かなり歩いた!!

◆宿泊したホテル:ベスト ウェスタン プレミア ホテル ククド★★★★


前後の記事


  スポンサーリンク
合わせて読みたい(中国)

このブログの運営者
旅行記管理人(70年代生まれ・女)
旅行とネコが好きで、これまでに旅行した国は約40か国。東京のボランティアガイドもたまにやっています。
詳細プロフィール
Twitter
instagram

コメントを残す