済州島(3)三姓穴・東門市場・翰林公園

海鮮トッペギ
スポンサードリンク

済州島ツアー最終日は朝から1日観光を楽しんで、夜の便で帰国。あっという間の3日間だった。済州島は移動に車が必要なので、ツアーは便利だった。

★旅行期間:2012年1月28日(土)~1月30日(月)2泊3日
★旅行形態 : HISのツアー(H.I.S. 韓国旅行
★ツアー名 :世界遺産巡り&名物料理など7回の食事付!大満足 済州島3日間
★ツアー代金: 1人34,000円(サーチャージ等込み)
★同行者  : 母親(シニア)

3日目:1月30日(月曜日)
8:20 ホテル出発して朝食のレストランへ

約10分でレストランに到着

ウニわかめスープの朝食。ウニは苦手なので食べられないと思っていたがスープの中に入っていたので大丈夫だった。結局朝からモリモリと食べてしまった。

三姓穴

9:10 「三姓穴(サムソンヒョル)」に到着
三姓穴とは、済州島のルーツである耽羅(タムナ)の国を創始した三神人が現れたと言われる聖地。

これが三姓穴。

低い位置からだと穴まで見えなかった…。

三姓穴の由来を日本語ビデオでみたり、展示室をみたりして三姓穴について深く学んだ。

東門市場

10:00 「東門市場」に到着。朝早いためまだ人は少なかった。

ガイドさんに連れられてざっと市場内を見学した後は自由時間。

一通り見て回ったが、特別買うようなものはなかった。

屋台で『ホットク』を購入してみた。日本円で約35円。甘くて美味しかった。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

11:30 お土産屋さんに立ち寄り
海苔、キムチ、コスメなどなんでもそろっていた。前日にお土産は買ってしまったのでここでは買わなかった。

お店の前には「石のおじさん」がたくさん。済州島は石のおじさんが本当に多い。

続いて「紫水晶」専門店へ立ち寄り、その後昼食

昼食は「海鮮トッペギ」
13:00 昼食のレストランに到着。1人1鍋の「海鮮トッペギ」。シーフードがたくさん入っていて、見かけより辛くなかった。人とシェアしない食事はよい。

昼食後はロッテ免税店で40分程お買い物タイム。買い物はしないのでベンチで休憩してた。

翰林公園

15:00 「翰林公園」に到着
翰林公園(ハルリムコンウォン)は、植物園や挟才洞窟、双龍洞窟、民俗村などの見所満載の大型公園。

洞窟

民俗村

洞窟をみたあとは1時間程度の自由行動。アイスを食べたりブラブラと余裕で過ごしていたら、あっという間に集合時間が近づいてきたので出口へ行こうとするが、出口が見つからず焦った。完全に迷ってしまった。最後はダッシュをしてなんとかギリギリ集合時間に間に合った。今回の旅行で一番体力を消耗した。

その後、バスで空港へ

空港でガイドさんにチケットの手続きをしてもらい解散

済州島から成田へ(大韓航空)

18:20 大韓航空717で成田へ飛行機

19:00 機内食

20:30 成田着

京成成田駅近くの「コンフォートホテル成田」に後泊。新しくてとてもきれいで快適だった。朝食バイキングやコーヒーサービスもなかなかよかった。

ベトナム中部旅行記(目次)
クロアチア旅行記(目次)
ギリシャ旅行記(目次)
中欧旅行記(目次)
スペイン旅行記(目次)
ポルトガル旅行記(目次)
ハノイ旅行記一覧
ドバイ・アブダビ旅行記(目次)
ベトナム・カンボジア旅行記(目次)
トルコ旅行記一覧
北欧旅行記一覧
タイ旅行記一覧
四国旅行記
広島旅行記(目次)

コメントを残す