ベトナム・カンボジア旅行記【概要&まとめ】

DSC02756
スポンサードリンク

5月下旬から6月上旬にかけて、ベトナムのホーチミン&カンボジアのアンコールワットを旅行してきた。初めてのベトナム旅行だったが、親切な人が多くて個人でも旅行しやすい国だった。今回はホーチミンのみの滞在だったので、機会があればハノイなど他の都市にも行ってみたい。

旅行概要

ベトナム・カンボジア旅行
  • 旅行期間:2012年5月29日~6月8日(10泊11日)
  • 訪問都市 : ホーチミン・プノンペン・シェムリアップ
  • 旅行形態 : 個人旅行/母親(シニア)と2人旅
  • 現地ツアー:アンコールワット/メコン川/カオダイ教・クチトンネル
  • 旅行費用 :(お土産代除いて) 約12万円/人

ベトナムはホーチミンのみの滞在で、途中に2泊3日の現地バスツアーを利用してカンボジア観光(プノンペン&アンコールワット)をした。

ベトナムは縦長の地形。首都はハノイ。南のホーチミンと北のハノイではかなり距離があり、ホーチミンからだとカンボジアのほうが近い。アンコールワットは「シェムリアップ」にある。
ベトナムmap

旅行の準備

航空券

航空券は4月中旬にで購入。出発まで2か月を切っていたためか直行便は高いチケットしか残っておらず、チャイナエアラインの台北経由ホーチミン行きを利用した。サーチャージ諸税等込みで往復42,355円/人。

航空券探し

格安航空券を探すのにオススメなのが「skyticket」。他の比較サイトでは検索できないLCCも取り扱っているので最安値を探すことができる。

PC・タブレット⇒skyticket
スマホ(無料アプリ)⇒skyticket

宿泊

ホーチミンでは「Ngoc Phan Guest House」というゲストハウスにずーっと滞在した。家族経営の小さなゲストハウスでとてもアットホームな雰囲気だった。ホテルのような豪華さはないものの、ベトナムの家庭の雰囲気が味わえてよかった。ちなみにゲストハウスに滞在したのはこれが初めて(いつもはホテルを利用している)。

カンボジアへのツアー

ホーチミンに行くならついでにカンボジアの世界遺産「アンコールワット」へも行きたいと考えた。個人旅行の場合、ベトナムとカンボジアの両方に行く計画を立てるのは意外と面倒なので、希望ルートや予算に応じた計画を提案してくれる無料サービスを利用してみた。

利用したのはこちら

海外旅行プランの一括提案(無料)

無料とは思えないほど親身になって旅行会社の人からアドバイスをもらえたが、希望の日程とに合うのがなかったため、無料見積もりを提案してもらっただけに終わった。なかなかよいサービスなので、これから旅行計画を立てる場合には利用してみるのもおすすめ!

その後いろいろと検討して選んだのが、シンツーリストという現地旅行会社の2泊3日のバスツアー。バスでの移動が大変かもと心配したが、そんなこともなく楽しい旅になった。ベトナムからカンボジアには空路で行く人が多いが、時間があればのんびりと陸路で行くのもよい。

海外旅行保険

海外旅行保険に入ると、1週間程度の旅行で5,000円~10,000円かかってしまう。これを海外旅行に行くたびに払っているとかなりの出費となる。

エポスカード」は年会費が永年無料で海外旅行保険が自動付帯しているので、持っているだけで無料で海外旅行保険に入っていることになる。このカードを利用するようになってから毎回の旅行で1万円程度の保険代を節約できるようになった。

費用は一切かからないので、海外旅行に行く機会のある人にはとにかくオススメ!

ベトナムのお土産

ベトナムやカンボジアは物価が安いので現地で買った方が安いが、現地のお菓子類は個別包装されているものがあまりないとの情報を得ていたため、バラマキみやげは事前にネット購入した。現地で買うより高くなってしまうが、荷物がかさばらないのとお土産探しのプレッシャーから解放されるというのは気楽。

今回バラマキ用に買ったのは「トロピカルクッキー」。日本人の口に合う無難な味で評判もよかった。ベトナムお土産としては以下のものが人気。

フォーは現地のスーパーで買った方が種類も多くて値段もかなり安い。たくさん買うとかさばるが、時間があるなら現地スーパーで買うのがおすすめ!

ベトナム中部旅行記(目次)
クロアチア旅行記(目次)
ギリシャ旅行記(目次)
中欧旅行記(目次)
スペイン旅行記(目次)
ポルトガル旅行記(目次)
ハノイ旅行記一覧
ドバイ・アブダビ旅行記(目次)
ベトナム・カンボジア旅行記(目次)
トルコ旅行記一覧
北欧旅行記一覧
タイ旅行記一覧
四国旅行記
広島旅行記(目次)

コメントを残す