ギリシャ(6)アテネ市内観光(ゼウス神殿・プラカ地区散策・古代アゴラ)

プラカ地区のタベルナ
スポンサードリンク

約3週間にわたる中欧・ギリシャの旅も終わりに近づいてきた(翌日の夜便で帰国)。アテネは街中に遺跡がたくさんあり、街歩きをしながら遺跡めぐりもできてとても観光しやすかった。また、ギリシャの財政危機問題に関しては、観光をしている分には全くその影響を感じなかった。

中欧&ギリシャ旅行概要
  • 旅行期間:2015年3月15日~4月4日
  • 中欧:ブダペスト→ウィーン→チェスキー・クロムロフ→プラハ
  • ギリシャ:サントリーニ島→アテネ
  • 旅行形態:個人旅行/母親(シニア・体力あり)との2人旅
  • 旅行費用:約22万円/人(お土産代を除く)

旅行概要の詳細: 中欧4か国&ギリシャ旅行記【概要&まとめ】

2015年4月2日(木)sunny
8:00 朝食(アパートにて)

暮らすように旅ができるAirbnb
今回の旅行でアテネ(3泊)ではホテルではなくてアパートに滞在した。現地で暮らすように滞在したい場合はアパート滞在型の「Airbnb」がオススメ!

おすすめの宿泊予約サイト
個人旅行をする際に私がよく使っているおすすめの宿泊予約サイトを紹介します。ホテルは旅行会社経由でも予約できますが割高にな...

アテネ最大の見どころであるアクロポリスを前日に見学して満足したので、この日はのんびりとアテネの街歩きをすることにした。

ゼウス神殿(Temple of Olympic Zeus)

10:30 アパートを出発。かなりのんびりとして遅めの出発。

地下鉄でアクロポリ駅まで行き、まず向かったのはゼウス神殿。駅からはアクロポリスと逆方向に歩いて5分程。

ゼウス神殿
ギリシャ神話の最高神ゼウスを祭る。2世紀のローマ皇帝ハドリアヌスの時代に完成。建造当初は104本のコリント式の柱があったが、現在はそのうち15本が残っている。付近には同時期に建てられたハドリアヌスの門がある。

★ハドリアヌス門(Hadrian’s Arch)
ゼウス神殿の入口ともいえる門で、大通りに面している。大通りの向こう側がプラカ地区の入り口。門の合間からは丘の上にあるアクロポリスが見える。

ハドリアヌス門の近くに入口があったがそこは閉鎖されていて、別の入り口に行くよう書かれていた。

前日に購入した「アクロポリスの共通チケット」で入場。アクロポリスに比べると観光客はかなり少ないのでゆっくりと落ち着いて観光できる。

広い敷地内に15本の柱が残っている。左側に見えるのはアクロポリス。

柱の一本が倒れた状態で展示されており、輪切り状の石を積み重ねて作った柱の構造をみることができる(ちくわぶに似ている)。

敷地内には春らしい花が咲いていた。4月のアテネはかなり温かくて半袖でもよいくらいだった。

プラカ地区を散策&遺跡めぐり

ゼウス神殿を観光した後はプラカ地区を散策。プラカ地区は飲食店やお土産屋がたくさんあって歩いているだけで楽しめる。

小路で猫発見!

アトリエショップへ入っていった。ここで飼われている猫か?

上を見上げるとアクロポリスの丘がみえる。

タベルナでランチ

小さな路地に入っていったらタベルナ(ギリシャの食堂)がたくさん並ぶ通りに出た。

地球の歩き方を持っていたら客引きのおじさんが「その本に載っているお店だ」と言うので調べてみたら載っていた。感じのよさそうなお店だったのでここでランチを食べることに。

天気が良かったので外の席で食べた。

左は米をブドウの葉で包んだ「ドルマドキア」という料理。まずくはないけどイマイチだった。右はギリシャ風ミートボール。こちらは揚げたてで美味しかった。

昼食後は再びブラブラと散策。

遺跡の横で猫が気持ちよさそうに寝ていた。

プラカ地区にはたくさんの遺跡があるのでいくつかの遺跡に立ち寄った。

ローマンアゴラ (Roman Agora)

紀元前2~1世紀のローマ時代初期に、市場や集会が開かれ、商業の中心として栄えた広場。

アクロポリスの共通チケットで入場できるので中へ入ってみたが、外からでも見ることができる。規模が小さいのであまり見ごたえはなかったが、すいていたので休憩するのにちょうどよかった。

アドリアノスの図書館(Library of Andrianou)

ローマンアゴラから歩いてすぐのところにあり、ここも共通チケットで入れるので見学した。

図書館といっても今は壁しか残っていない。

遺跡の中でカメに遭遇! しかもたくさんのカメがいた。

フローズンヨーグルトバー2回目

歩いていたら「Yogolicious」というフローズンヨーグルトのお店があったので、立ち寄った。前日に引き続いて2度目のフローズンヨーグルト。ソフトクリームみたいで美味しいのでかなり気に入ってしまった!

前日に入ったお店とセルフのやり方は同じだったので、今回は迷うことなくできた!

まずこの機械で好みの味のフローズンヨーグルトをカップに注ぐ。レバーを押すとでてくる。

次に好きな具をトッピングする。フルーツ、ナッツ、シリアル、フルーツソースなどの種類がある。

レジで計量して会計(100グラム2ユーロ)。前日は盛りすぎたので今回は控えめにした。これで4.3ユーロ(約560円)。

やり方がわからなくても店員さんが教えてくれるので大丈夫!

アテネにはたくさんのフローズンヨーグルトバーがあるので、アテネ観光の際はお試しを!!

古代アゴラ (Ancient Agora)

こんな賑やかな通りのすぐ横に「古代アゴラ」がある。

アクロポリスの共通チケットで入場可能。かなり広い遺跡で前に訪れた2つの遺跡に比べると観光客も多かった。

アゴラとは「人の集まる所」を意味し、古代ギリシアでは市場や集会所などがある公共広場を指す。アテネ市民にとって信仰の中心がアクロポリスであるのに対し、その麓にあるアゴラは生活の中心であり、政治や経済、文化の拠点として機能。市民はここで商取引をし、政治家の熱弁に耳を傾け、様々な情報交換を行った。

アクロポリスの丘のふもとにあるので、上を見上げるとアクロポリスが見える!

★アタロスの柱廊
紀元前150年ごろに建設されてから、267年にヘルール族によって破壊されるまでの間、アゴラにおける主要な市場として栄えていた。現在のものは元の状態に復元されたもの。

中は博物館になっていて、彫刻などが展示されている。

★ヘファイストス神殿(テセイオン神殿)
少し小高い丘の上にあり、ギリシャで最も原形を残している遺跡。他の遺跡は元の形がなんだかわからなくなってしまっていたが、この遺跡は原形が残っていて状態がよかった。

アテネのホテル選び

アテネ観光を存分に楽しみたい場合は、プラカ地区のホテルに滞在するのがオススメ。プラカ地区はどこへ行くにも徒歩圏内なので便利。人の少ない朝の観光やアクロポリスのライトアップもみれる。

※オモニア広場周辺は安いホテルがあるが、治安が良くないと言われているので避けた方が無難!

15:30 この日の観光は早めに切り上げ、モナスティラキ駅から地下鉄でアパートへ

駅に行く途中の道端で猫が寝ていた。観光客がたくさんいても気にしない。

モナスティラキ駅前の広場は前日同様ものすごい人で活気があった!

広場で売っていた苺が美味しそうだったので購入!

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

アパートに戻ってからイチゴを食べると、美味しかったけどそれほど甘くなかった。

夕食(アパートでにて)

翌日はいよいよ帰国!

ベトナム中部旅行記(目次)
クロアチア旅行記(目次)
ギリシャ旅行記(目次)
中欧旅行記(目次)
スペイン旅行記(目次)
ポルトガル旅行記(目次)
ハノイ旅行記一覧
ドバイ・アブダビ旅行記(目次)
ベトナム・カンボジア旅行記(目次)
トルコ旅行記一覧
北欧旅行記一覧
タイ旅行記一覧
四国旅行記
広島旅行記(目次)

コメントを残す