ベトナム・カンボジア(7)買い物・マッサージ・サイゴン川ナイトクルーズ

ベンゲイ号
スポンサードリンク

前日に3泊4日のカンボジアツアーから帰ってきたばかりということもあり、この日はのんびりと過ごすことにした。

午前は「国営百貨店」でお土産を買って、地元の食堂でランチを食べて、夕方からは「フットマッサージ」と「サイゴン川のナイトクルーズ」を楽しんだ。

ベトナム・カンボジア旅行
  • 旅行期間:2012年5月29日~6月8日(10泊11日)
  • 訪問都市 : ホーチミン・プノンペン・シェムリアップ
  • 旅行形態 : 個人旅行/母親(シニア)と2人旅
  • ツアー:アンコールワット/メコン川クルーズ/カオダイ教・クチトンネル
  • 旅行費用 :(お土産代除いて) 約12万円/人

6月4日(月)
8:30 朝食 内容は毎回ほぼ同じ。ベトナムコーヒーは毎日美味しかった!

国営百貨店(スーパーマーケット)

10:00 出発 晴れ 朝から暑い。気温は30℃以上、湿度も相変わらず高い。

まずはツアー会社に寄って翌日の「メコン川デルタクルーズ」の申し込みをしてから、お土産を買いに国営百貨店へ向かった。国営百貨店まではゆっくり歩いても20分程度。

道路にはこんな感じの屋台がたくさんでている。こういうのが食べれれば旅はもっと楽しくなるのかもしれないが、何でも食べれる胃腸ではないため、全く手が出なかった。

ベンタイン市場の外観。今回の旅行でここは何度も通った。

国営百貨店でお土産を購入
国営百貨店の2階にはスーパーがあり、ベトナムの食べ物はたいてい揃っていた。

中に入ろうとしたら、警備員らしき人にとめられて注意された 冷や汗 (顔)

かばんなどの大きな荷物を持って入ってはいけなかったのだ。入口付近にあるコインロッカーに荷物を預けて無事に入ることができた。

ここは日本からのツアーのコースに入っているようで何組かの日本人の団体を見かけた。みんなベトナムコーヒー、フォー、お菓子などを買っていたので参考にさせてもらった。

自宅用に買ったお土産

人にあげるバラマキ土産はお土産の宅配サービスを利用した。

お土産宅配サービス
ベトナムのお土産は個別包装が少なくて探すのに苦労したとの情報を得ていたので、バラマキ土産は事前にネットで購入した。私が購入したのは人気No1のトロピカルフルーツクッキー。日本人の口にもよく合って評判はよかった。

買い物をしたあとは1階の吹き抜けスペースでお菓子を食べながらしばし休憩。荷物も増えたのでお昼を食べてから一旦ホテルへ戻ることにした。

昼食は地元の食堂で肉料理

昼食はガイドブックに紹介されていたベンタイ市場の近くにある「Thanh Binh」というローカルな食堂へレストラン

豚肉料理と鶏肉料理をオーダー。完食はしたが、イマイチだった。地元密着型の料理はどうも口に合わない…。
 

会計は合計で89,000ドン(約350円)。地元食堂はとにかく安い!

ベンタイ市場の近くにある公園。暑いので少しでも日陰の場所を選んで歩く足

街中でも三角笠をかぶっている人が多かった。

ゲストハウスで3時間程休憩してから、マッサージとサイゴン川ナイトクルーズへ

KLスパでフットマッサージ

16:30 出発
ベンタイ市場そばにあるホテル内にあるKLスパでマッサージへ

60分のフットマッサージをオススメされたのでそれをお願いした。フットの他にも肩、首、手など上半身もやってくれた。店内はとても綺麗でリラックスできた。

この日は40%オフだったようで、60分で1人11ドル(約900円)とお得になったわーい (嬉しい顔)

マッサージのあとは、サイゴン川のナイトクルーズへ

サイゴン川のナイトクルーズ

18:30 船乗り場まではベンタイ市場から歩いて15分程。船乗り場の前の大きな道路を渡るのに苦労したもののなんとか到着。ベトナム初日には考えられなかったほど道路を渡るのが上達して自分でもびっくり 😯

サイゴン川の乗り場にはカラフルにイルミネーションされた船が数隻停泊。事前に調べて魚の模様の「ベンゲイ号に」乗船することに決めていたので迷わずベンゲイ号へ

ベンゲイ号

クルーズは19:30からだと思っていたが、20:30からであった。クルーズまでは1時間以上もあるが、やることもないので早めに乗船して夕食を食べることにした。席は1~3階まであり、3階席の窓側に案内された。まだ早いためほとんど客はいなかった。

料理とドリンクをオーダー。揚げ物はアツアツができてき美味しかった。

ベンゲイ号より早めに出航した船

20:30 船が動き出してクルーズスタート。香港や上海のようなすごく綺麗な夜景ではなかったが、ベトナムらしさがありそれなりによかった。このクルーズは夜景を楽しむというよりは、ゆっくりと流れる川の風で涼むのを楽しむといった感じ

舞台ではショーが行われていて、地元の歌手が歌を歌ったり、ファイヤーショーなどもやっていて見応えがあった。夜景よりはショーのほうが見どころが多かった。

二人分の乗船料、おしぼり代、席代、飲食代合計が25ドル(約2,000円)とクルーズにしてはお手頃な値段であった。

クルーズは40分程で終わった。真っ直ぐゲストハウスへ戻り、この日は終了ウッシッシ (顔)

ベトナム中部旅行記(目次)
クロアチア旅行記(目次)
ギリシャ旅行記(目次)
中欧旅行記(目次)
スペイン旅行記(目次)
ポルトガル旅行記(目次)
ハノイ旅行記一覧
ドバイ・アブダビ旅行記(目次)
ベトナム・カンボジア旅行記(目次)
トルコ旅行記一覧
北欧旅行記一覧
タイ旅行記一覧
四国旅行記
広島旅行記(目次)

コメントを残す