ベトナム・カンボジア(8)メコン川クルーズツアー

メコンデルタ
スポンサードリンク

メコンデルタ」の1日ツアーに参加。まず、ホーチミンからバスで港町「ミトー」まで行き、ここからメコンデルタツアーはスタートする。

ミトーから木造船でメコンデルタの島へ上陸し、蜂蜜やココナッツキャンディ工場を見学したり、フルーツを試食したりと盛りだくさんの内容で充実した1日を過ごした。特に、ジャングルの中の狭い水路を手漕ぎ舟でゆっくりと移動するのがすごくよかったわーい (嬉しい顔)

ベトナム・カンボジア旅行
  • 旅行期間:2012年5月29日~6月8日(10泊11日)
  • 訪問都市 : ホーチミン・プノンペン・シェムリアップ
  • 旅行形態 : 個人旅行/母親(シニア)と2人旅
  • ツアー:アンコールワット/メコン川クルーズ/カオダイ教・クチトンネル
  • 旅行費用 :(お土産代除いて) 約12万円/人

メコンデルタ1日ツアーに参加

今回利用したのは「Delta Adventure」という現地のツアー会社のメコンデルタ1日ツアー。アンコールワットツアーで利用した大手のシンツーリストにも同じツアーがあったが、Delta Adventureのメコンデルタ1日ツアーに参加した日本人の体験談がネットに載っていてよさそうだったのでこちらのツアーに申し込んだ。

価格はすべて込みで1人10ドル(約820円)。ベトナムの現地ツアーは本当に安い!!どこのツアー会社も値段はほぼ同じ。日本語ガイドつきのツアーになると40~80ドルとなるがそれでも安い。

6月5日(火)
7:45 Delta Adventureオフィス前からバスで出発 バス
参加者は20名程度で、西洋系などベトナム人以外の比率が高かった。若者の団体がいたりしてバスの中は随分と騒がしかった。日本人はいないだろうと思っていたら、なんと1人いた。1か月間出張でホーチミンに来ているサラリーマンで休日を楽しむために参加したと言っていた。

約2時間かけてバスでミトー(My Tho)まで行く。ミトーはメコンクルーズの出発地点。

ミトーの場所
ミトーマップ

10:00 ミトーの船着場。メコンツアーはここからスタート!!
 

ハンモックで休憩中眠い (睡眠)

メコン川をモーター付きの木造船で移動して、メコンデルタの島へ向かう

水上家屋

ユニコーン島(Unicorn Island)に上陸。まずはお土産屋がたくさんある通りを歩く。

蜂蜜の製造所に立ち寄る

蜂蜜の製造・販売をしているところで蜂蜜製造過程の説明を受ける

蜂蜜の試飲。ここでは蜂蜜やローヤルゼリーの販売もしている。

何故かヘビも登場。希望者はヘビ巻きつけて写真をとることもできる。少し触ってみたが、変な感触で気持ち悪かった冷や汗2 (顔)
 

ジャングルの中を散策

ドラゴンフルーツやココナッツなどの果物。写真右はジャックフルーツというもの。独特のにおいがある。
 

手漕ぎボートに乗って水路巡り

しばらく歩くと船乗り場があり、4人で1台の手漕ぎ舟に乗って水路巡り(約20分)

ニッパヤシがトンネルのように生い茂る中を手漕ぎ舟でゆっくりを進む。自然を味わえて最高

川幅は2m程度しかないので舟同士がすれ違うのがやっと。観光客を乗せた舟が行き交う。

◆動画:手漕ぎ舟で水路巡り

大きな本流が現れたら手漕ぎ舟からモーター付きの小型船に乗り換えて移動する

◆動画:モーター付きの小型船で移動しているところ

おろらくこのあたりからが「ベントレ Ben Tre」という地域

ココナッツ・キャンディ工場の見学、試食

ガイドさんがココナッツ飴を作る工程を説明。大きな窯でかき混ぜ、型に入れて固まったキャンディを包丁で切断し、紙に包む…といった流れをすべて手作業でやっている。お土産に買っている人も結構いた。
 

 

キャンディ工場のあとはまた小さな舟に乗ってジャングルの水路を移動する

島のレストランで昼食

13:00 島にあるレストランで昼食
席に座って料理を待っていると外が暗くなりものすごいスコールが雨
みんな内側の席に避難するが、屋根しかないので限界がある。屋根には穴があいてたりして雨風が吹き付けてくる。

ミトー名物のエレファント・フィッシュ(写真左)。食べたい人は別途注文する。ツアーについていたのはチキン料理(写真右)。美味しくなくてあまり食べられず…。こういうこともあろうかと前日に買ったお菓子を持ってきていたので役立ったウッシッシ (顔)
 

30分ほどで雨はやみ、食後は30分ほど自由散策。

バナナの木

バッファロー

自由散策のあとはまた小舟に乗って別のところへ移動

伝統音楽(?)をききながらフルーツの試食

パイナップルには別添えの塩やスパイスを付ける

 

15:30 ミトーの船着場に戻って、バスでホーチミンへ移動

18:00 ホーチミン到着、解散。予定では19:00となっていたが1時間早く到着。

シンツーリストに立ち寄って翌日のツアー予約をしてから、ゲストハウスへ一旦戻り、少し休んでから夕食へレストラン

夕食は「バイン・セオ」

19:00 バインセオ専門店「バイン・セオ・ムイ・シェム」で夕食

試しに一つ注文すると美味しかったので、中身の具が違うのをもう一つ追加注文ウッシッシ (顔)

巻いて食べる用の野菜はサラダ菜みたいなソフトでクセのないのがあったのでおいしく食べられた。

特大バインセオ2個とおしぼり代で150,000ドン(約600円)。帰りにミニストップでソフトクリーム(1個8,000ドン=約32円)を買ってゲストハウスへ。ベトナムは想像以上に食費がかからなかった。

ベトナム中部旅行記(目次)
クロアチア旅行記(目次)
ギリシャ旅行記(目次)
中欧旅行記(目次)
スペイン旅行記(目次)
ポルトガル旅行記(目次)
ハノイ旅行記一覧
ドバイ・アブダビ旅行記(目次)
ベトナム・カンボジア旅行記(目次)
トルコ旅行記一覧
北欧旅行記一覧
タイ旅行記一覧
四国旅行記
広島旅行記(目次)

コメントを残す