下町日和きっぷで菖蒲園巡り&柴又散策

菖蒲
スポンサードリンク

京成線都内エリアが1日乗り降り自由になるフリー切符「下町日和きっぷ」を使って、小岩菖蒲園・柴又・堀切菖蒲園を散策足

下町日和きっぷ

大人1枚500円。だいたい2か所以上に行けば元がとれる。
下町日和きっぷ

切符は普通の切符と同じように「券売機」で購入できる。

リンク:下町日和きっぷ(京成電鉄)

小岩菖蒲園

まず最初に向かったのが小岩駅から徒歩5分のところにある「小岩菖蒲園」。江戸川河川敷にハナショウブを見ることができる。

第34回小岩菖蒲園まつり開催中。といっても特別まつりらしいことはやっていなかった。

すぐ近くを京成電鉄が走っている。

今年は例年よりも菖蒲が咲くのが早かったので、満開を少し過ぎていた。先週がちょうど見頃だった模様。

柴又

続いては、映画「男はつらいよ」の寅さんで有名な「柴又」へ。

平日ということもあり、シニアの街歩きグループみたいな集団が多かった。

駅前には「フーテンの寅像」があり、寅さんと写真を撮る人で寅像は大人気。

帝釈天参道を歩いて帝釈天へ。この参道沿いにお土産屋や飲食店が並んでいる。

柴又帝釈天。中は彫刻ギャラリーになっていて入場料400円。

帝釈天の敷地内には絵を描いている人などがいた。

帝釈天から5分位歩くと山本亭に到着。

山本亭の庭を通り抜けて(無料)、再び帝釈天参道へ。

今回の下町散策ではこの本を参考にしました。ミニサイズながら、詳細な地図や観光スポットがわかりやすく解説されています。

高木屋老舗」でひと休み

店内でゆっくりと草だんご(350円)を食べながら休憩。美味しかった!

寅さんの舞台になったお店だそうで、店内には撮影時のパネル写真が貼られていた。

柴又はこじんまりとした街なので、1~2時間あれば十分みることができる!

堀切菖蒲園

続いては堀切菖蒲園へ。堀切菖蒲園駅から歩いて約10分。

ここはテレビなどでよく紹介されることもあり、平日だというのに大勢の人で賑わっていた。

ちょうどよい開花状況。

この日の散策はこれで終了。下町日和きっぷは、上野や日暮里などへも行けるので、使えば使うほどお得(特に沿線にすんでいる人)!

ベトナム中部旅行記(目次)
クロアチア旅行記(目次)
ギリシャ旅行記(目次)
中欧旅行記(目次)
スペイン旅行記(目次)
ポルトガル旅行記(目次)
ハノイ旅行記一覧
ドバイ・アブダビ旅行記(目次)
ベトナム・カンボジア旅行記(目次)
トルコ旅行記一覧
北欧旅行記一覧
タイ旅行記一覧
四国旅行記
広島旅行記(目次)
スポンサードリンク
skyticket

コメントを残す