年会費無料の海外旅行保険 おすすめクレジットカード5枚

海外旅行保険付帯の無料クレジットカード 旅行の準備

海外で治療をうけると100万以上になってしまうこともあるので、海外旅行保険は必須です。とはいえ、保険を使わない可能性のほうが高いのであまりお金をかけたくないものです。また、旅行のたびに毎回保険に入るのも面倒です。

そこで便利なのが海外旅行保険付帯のクレジットカードです。これがあれば、別途で海外旅行保険に入る必要がなくなります

このことを知る前は旅行前に毎回保険に加入していましたが、今は年会費無料の海外旅行保険付きのカードを持っているので保険代ゼロです。もっと早くに知っていればかなりの節約になったはず…(泣)。クレジットカードの旅行保険は本当にお得なので、まだ持っていない人は旅行前に作っておくことをオススメします!

ここでは海外旅行保険の観点から考えたお得なクレジットカードを紹介します。

海外旅行保険付帯カードとは?

クレジットカードを作れば一緒に海外旅行保険の補償もついてくるのが、海外旅行保険付帯カードです。

海外旅行保険付帯カードで重要なことは以下の2つです。

1.自動付帯と利用付帯がある
2.複数カード保有で補償額が加算されていく

海外旅行保険の自動付帯と利用付帯とは?

クレジットカードの保険には「自動付帯」と「利用付帯」の2つがあります。自動付帯のカードは、持っているだけで保険に入ったことになります。カードを一度作ってしまえば、使わずにずっと家に寝かせておいたとしても保険に入っていることになります。一方の利用付帯のカードは、旅行代金をそのカードで支払った場合のみ保険に入ったことになります。

たとえば、楽天カードやリクルートカードなどは海外旅行保険が付帯していますが「利用付帯」なので、旅行代金をカードで支払った場合のみ保険が適用されます。

多くのカードは旅行代金をカードで払った場合のみ保険が適用される(利用付帯)。
利用付帯

旅行代金は家族や友人がまとめて支払うこともあるので必ずしも自分のカードを使うとは限りません。保険目的であれば、何もしなくても確実に保険に入れる「自動付帯」のカードを所有しておきましょう。

複数カード保有で保険の補償額が加算される

クレジットカード保険には以下5つの補償があります。

1.傷害死亡・後遺障害
2.傷害・疾病治療費用
3.賠償責任
4.救援者費用
5.携行品損害

海外旅行保険付きのカードを2枚、3枚と複数を持った場合、1以外の2~5の最高額は加算されていきます。すなわち、カードを複数枚所持することで保険の保証金もアップします。持っている枚数が多いほど、病気やけがをしたり、盗難にあったときには手厚い保障が受けられるということです。

補償の中で特に重要なのは2の「傷害・疾病治療費用」。けがをしたり、病気になったときの保険です。海外で手術をすることになったら200~300万円の治療費がかかることもあります。海外旅行中に骨が飛び出る骨折をしたにもかかわらず、保険未加入でお金が払えなかったため、治療を受けられずそのまま飛行機に乗って日本に帰国したという人もいます。海外では重症であっても、お金がないと治療してもらえないのが普通です。

海外では万一病気やけがをしたときにいかに保険が大切かがわかります。「傷害・疾病治療費用」はゴールドカードであっても200万円程度のこともあるので、1枚のカードだけでは安心できません

そのため、すでに海外保険付きのカードを所有している人でも、保険の充実したカードを追加で所有しておくと安心です。

以下に年会費無料の自動付帯カードを紹介します。これらを複数枚保有することでお金を一切かけずに充実した補償が受けられます。

おすすめの海外旅行保険自動付帯カード

年会費無料で海外旅行保険が自動付帯のカードの例として「イオンカード」がありますが、疾病治療の補償が50万だけです。海外で入院した場合、200万かかると想定すると50万円では少なすぎます。イオンカードは私も利用しており、イオンでの買い物が割引になったりWAONが溜まったりして便利なカードです。しかし、海外旅行保険の観点で考えた場合にはもっと補償額が高いカードを選ぶ必要があります。

ここでは、ポイントの還元率などではなく、海外旅行保険の観点でおすすめの傷害・疾病治療の補償が充実したクレジットカードを5枚紹介します。いずれも年会費無料で保険が自動付帯なので、持っているだけで保険に入っていることになります。

  • エポスカード
  • Booking.comカード
  • セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード
  • 横浜インビテーションカード
  • AJ・AMDAカード

私は欲張ってすべて持っていますが、2~3枚でも十分な補償額になります。すでに保険付きのカードを持っている人であれば、傷害・疾病治療補償が270万と圧倒的に高いエポスカードを1枚追加するだけでも十分だと思います。

例えば、エポスカードとBooking.comカードの2枚を持ったときの補償額は以下の通りです。これだけあれば海外で手術や入院になった場合でも安心です。

エポスカードBooking.comカード2枚の合計
傷害死亡・後遺障害500万2,000万(自動付帯300万円)2,500万
傷害・疾病治療費用270万100万370万
賠償責任2,000万2,500万4,500万
救援者費用100万150万250万
携行品損害20万20万40万

注意:上記金額は最高補償額です。常に満額がもらえるわけではありません。

以下はそれぞれのカードの詳細です。海外旅行保険の補償額ではどれを選んでも大差はありませんが、国際ブランド(VISA、Master、JCBなど)の違い、ポイント還元率、家族カードの有無などに違いがあるので自分の好みのものを選べばよいでしょう。

例えば、すでにVISAブランドのカードを持っている人はアメックスブランドの「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード」を選ぶなど。

ちなみに、海外ではVISAのカードを持っていればたいていのお店で買い物ができます。JCBは日本やアジアでは使えますが、ヨーロッパやアメリカではほとんど使えません。

エポスカード

国際ブランドはVISA。ポイント還元率は0.5%。傷害・疾病治療費が無料とは思えないほど充実しているので、海外旅行保険目的であれば最優先で作っておくべきカード。年間50万円以上(金額は定かではない)使うと、無料でゴールドカードメンバーになれる招待が届きます(私は無料招待でゴールドカード会員になりました)。

・傷害死亡・後遺障害:最高500万円
・傷害治療費用:200万円
・疾病治療費用:270万円
・賠償責任:2000万円
・救援者費用:100万円
・携行品損害:20万円

Booking.comカード

国際ブランドはVISA。家族カードはありませんが、Booking.comで予約する人には必須のカードです。通常のポイント還元率が1%と高いのに加えて、Booking.comでの宿泊が最大16%割引になるという非常にお得なカードです。そのほかにも、自動的にGenius会員になれたり、最大6%のポイントがキャッシュバックされるなどメリットが大きいです。

旅行傷害保険は三井住友カードのクラシックAカード(年会費1,500円)と全く同じものです。通常有料カードに付帯する保険が無料で受けられるのはお得ですね。引受保険会社が大手の三井住友海上火災保険なのも安心です。

・傷害死亡・後遺障害:最高2,000万円(自動付帯300万円)
・傷害治療費用:100万円
・疾病治療費用:100万円
・賠償責任:2,500万円
・救援者費用:150万円
・携行品損害:20万円

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード

国際ブランドはハイグレードのアメックス。ポイント還元率は0.5%(海外での利用は2倍の1.0%)。家族カードは年会費1,000円。海外旅行特典が充実しており、空港手荷物無料宅配サービスや日本語対応の海外アシスタントデスクなども利用できます。旅行保険はこれ1枚でゴールドクラス並みです。ステータスの高いアメックスブランドのカードは信頼性が高いので1枚もっておくと、海外旅行も安心です。

・傷害死亡・後遺障害:最高3,000万円
・傷害治療費用:300万円
・疾病治療費用:300万円
・賠償責任:3,000万円
・救援者費用:200万円
・携行品損害:30万円

※25歳以下は無料。26歳以上は年会費(初年度無料/2年目以降3,000円)がかかりますが、保険内容やスーツケース宅配料無料サービスなどを考えるとすぐに元がとれてしまうコスパのよさです。

横浜インビテーションカード

国際ブランドはVISAとJCB。家族カードも無料。ポイント還元率は0.53%。横浜観光プロモーションから正式に認定を受けたカード。オンライン入会で申込者全員に初回割引請求1000円分がもらえる。

・傷害死亡・後遺障害:最高2,000万円
・傷害治療費用:200万円
・疾病治療費用:200万円
・賠償責任:2000万円
・救援者費用:200万円
・携行品損害:20万円

AJ・AMDAカード

国際ブランドはVISAで家族カードも無料。ポイント還元率は0.5%。世界救援活動を支援するカード。このカードを使うことで社会貢献(ボランティア活動の支援)を実現するための資金援助ができる。補償内容は十分だが、知名度が低いカードのためサービスが終了してしまわないかやや不安。

・傷害死亡・後遺障害:最高2,000万円
・傷害治療費用:200万円
・疾病治療費用:200万円
・賠償責任:2000万円
・救援者費用:200万円
・携行品損害:20万円

保険会社の海外旅行保険との比較

インターネットで保険会社の保険に入った場合のごく一般的な料金(ヨーロッパ1週間の例)が以下の表です。

1週間ヨーロッパの例(AIU海外旅行保険)
AIU保険8日間ヨーロッパ保険料

最低のプランでも6千円以上かかります。これを旅行のたびに払うことを考えると、無料のクレジットカードを複数枚作ったほうが圧倒的にお得です。

また、保険会社の充実した保険プランの内容はセゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードの補償内容とほぼ同じです。

そのため、充実した保険プランを希望する場合はセゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードを作るのがおすすめです。年会費3,000円(25歳以下は無料)ですが、保険会社の保険の半分以下です。保険以外にも様々なお得なサービスが受けれることを考えるとコストパフォーマンスは高いです。