イエローナイフでオーロラ鑑賞(準備&概要)

写真:イエローナイフで撮影したオーロラ

2011年〜2012年にかけてはオーロラの当たり年だということで、以前からずっとみたいと思っていたオーロラをみに行くことを決意。長期の休みをとるのが困難だったため、オーロラをみれる確率が非常に高いと言われているカナダのイエローナイフ(Yellowknife)に3泊5日という短い日程で行ってきた。

イエローナイフ

カナダのノースウエスト準州の州都。北極圏からはおよそ400km南に位置し、グレートスレーブ湖畔の北にある。人口はおよそ19,000人。オーロラベルトのほぼ真下に位置しているため、年間を通してオーロラの出現率が高いことで知られる。

aurora_belt

目次【クリックすると各項目へ移動】

スケジュール

1日目:3月18日 成田出発→イエローナイフ着・オーロラ鑑賞1日目
2日目:3月19日 犬ぞり体験・オールドタウン・オーロラ鑑賞2日目
3日目:3月20日 アイスフィッシング・スノーモービル・市内観光・オーロラ鑑賞3日目
4日目:3月21日 イエローナイフ出発→バンクーバー経由で成田空港へ

出発前に計画した予定は黒字。赤字は変更部分。飛行機が遅れたり、現地ツアーに予定通り参加できないどのトラブルはあったが、最終的には予定していたことはすべて達成できた!

イエローナイフスケジュール

航空券

日本の旅行会社のパッケージツアーではなく「航空券+現地ツアー」という組み合わせにした。

航空券は「楽天トラベル」で購入。エア・カナダの成田-イエローナイフ往復が108,565円(燃料サーチャージ等含む)/人だった。

オーロラツアー

現地ツアー

トラベルドンキーの「人気の犬ぞり体験付き!イエローナイフ・オーロラツアー<英語>3泊4日」+オプショナルツアー(アイスフィッシング、スノーモービル、市内観光)を利用した。費用は1人合計で860カナダドル=73,186円(変換レート85.1円)(空港送迎・宿泊費・オーロラ鑑賞・オプショナルツアー)だった。

残念ながら現在はトラベルドンキーのオーロラツアーはなくなってしまっている。

日本からのパッケージツアー

今回私たちは「往復航空券+現地オプショナルツアー」という手段をとったが、日本の旅行会社がだしているオーロラツアーを利用したほうが楽で値段も手頃なので、パッケージツアーを利用するのもオススメ!

カナダ・オーロラ特集(阪急交通社)

一括提案サービスが便利

オーロラツアーは少し特殊なツアーなので、現地に精通している旅行会社のツアーに参加したほうが満足度が高くなる。そんなときに便利なのが『海外旅行プランの一括提案サービス(無料)』。

予算や行きたい場所などを簡単なフォームに入力して送信するだけで、無料でその地域に精通している旅行会社からプランを提案してもらえるというもの。

複数の旅行会社から提案がもらえるので、料金を比較できるのはもちろん、個人では収集が困難な情報やオプショナルツアーの情報などももらえる。私はヨーロッパの周遊旅行のときに利用したが、自分であちこちのサイトを調べて探す手間が省けてとても楽だった。気に入ったプランがあればそのまま申込みをすることができて、気に入ったのがなかった場合は、申し込まなければ料金が発生することはない。

参考記事 海外個人旅行の計画・相談・手配をしてもらえる便利なサービス!

ホテル

今回泊まったのはコーストフレーザータワーというホテル。市街中心地までは徒歩10分程度。市街地にでるのにちょっと遠かったので、もっと近くのほうが利便性はよかった。リビング、寝室、キッチンなど部屋数が多くて広く快適だった。フロントの人の対応も親切で全体的にはよいホテルで満足だった。最終日には部屋のベランダからオーロラを見ることができた!

コーストフレーザータワー

前後の記事

合わせて読みたい(中国)
  スポンサーリンク

このブログの運営者
トラベル旅行記.com(70年代生まれ・女)
旅行とネコが好きで、これまでに旅行した国は約40か国。旅行は年2~3回ペース。東京のボランティアガイドもたまにやっています。
詳細プロフィール
Twitter
instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です