海外旅行費を節約する方法

私はこれまでに30カ国以上を旅してきました。現在も年1~2回のペースで海外旅行を続けています。「そんなに旅行にいくお金があっていいね~。」とか言われることもありますが、すごく贅沢しているわけではありません。

とは言え、貧乏旅行はしたくないので節約術でお得に旅をしています。たとえば2015年のクロアチア10日間は約14万円、2016年のベトナム2週間は約8万円、2016年の上海ひとり旅4日間は約3万円でした。

ここではケチや貧乏旅行ではなく旅費を節約するテクニックを紹介します。うまく実践すれば少なくても数万円の節約になると思います。

航空券を安く買う

節約度:★★★★★

旅費に占める割合が高いのが航空券なので、節約しようと思ったら航空券代を抑えることが重要です。旅行大手のエイチ・アイ・エスが運営する「Surprice(サプライス)」で探すとたいてい安い航空券がみつかります。他サイトよりも高ければ差額を返金する『最低価格保証』という制度もあるのでサプライスを利用すれば最安値で購入できます。

サプライスでは定期的に割引キャンペーンをやっており、数千円の値引きがされることもあるのでそのときに購入すればさらにお得になります。

私は最近の旅行はサプライスで予約することが多いのですが、ただ単に安いだけではなくてサポート体制もよくて質問をすると返事がとても早いので安心できます。

サプライス

海外旅行保険代をタダにする

節約度:★★★★☆

海外で病気やけがをしたり、盗難被害にあったときのためにも海外旅行保険は必須。保険未加入で盲腸で入院したら国によっては200万円以上もかかってしまいます。

とはいえ、海外で保険を使う可能性は低いのであまり保険にお金をかけたくないものです。そんなときに便利なのが海外旅行保険自動付帯のクレジットカードです。これがあれば、海外旅行保険に入っていることになるので、別途で海外旅行保険入る必要がなくなります。これだけで数万円の節約になります。

おすすめは年会費無料の「エポスカード」と「JCB EIT」。この2枚をもっていれば病気やけがで300万円まで補償され、万一手術や入院になった場合でも安心です。

※家族がいる場合は家族カードが無料のJCB EITがお得です!

エポスカード JCB EIT 2枚の合計
傷害死亡・後遺障害 500万 2,000万 2,000万
傷害・疾病治療費用 200万 100万 300万
賠償責任 2,000万 2,000万 4,000万
救援者費用 100万 100万 200万
携行品損害 20万 20万 40万
私の友人はスペインで買ったばかりのiphoneを盗まれましたが、JCB EITを持っていたので、帰国後に申請したら約7万円戻ってきました。

参考記事 無料の海外旅行保険付きクレジットカード

宿泊はAirbnbを利用する

節約度:★★★☆☆

「Airbnb」は空き部屋を貸したい人と、旅行などで宿泊地を借りたい人をマッチングするサービスで、世界中で利用者が2,500万人を超えるほどの人気サービス。

私が初めて「Airbnb」を利用したのは2014年のスペイン旅行。最初はホテルを探していましたが、マドリードやバルセロナのホテルは値段が高いわりに部屋が狭くてなかなか気に入ったホテルを見つけることができませんでした。

そんなときに「Airbnb」というサービスを知ったので、さっそく登録して部屋探しをすると、ホテルよりも好条件の部屋(アパートの一室)を見つけることができました。旅行中なのに現地に暮らしているような体験ができるのも魅力です。

宿泊料金は「Airbnb」を通してオンライン上で支払うので、当人同士でのお金のやりとりは一切ありません。私は合計5回Airbnbを利用しましたが、いずれも満足しています。

よいホテルが見つからないときには、airbndで探してみるとよい部屋が見つかる可能性があるので、宿泊先の選択肢としてairbndをいれておくとよいと思います。

以下から登録すると、私からの紹介で約4,200円OFFになります!

aibndバナー画像

参考記事 アパートはAirbnb

旅行計画を作成してもらう

節約度:★★★☆☆

個人旅行がしたいけど、すべて自分で手配するのは面倒だったり不安だったりという場合には、オーダーメイドの旅行を旅行会社に作ってもらえば自分の思い通りの旅行プランを立てることができます。

オーダーメイドの旅行は旅行会社によって料金も内容もさまざまなので、複数の旅行会社を比べるのがベストです。その際に便利なのが、『旅行プランの一括提案サービス(無料)』。行きたい場所、予算などを送信すると、複数の旅行会社からプランを提案してもらえるというサービスです。

個人では予約できないチケットやホテルなどを手配してもらえることもあります。私はヨーロッパ旅行で利用したことがありますが、航空券とホテルを自分で予約するよりも1万円位安くなりました

海外旅行プランの一括提案サービス(無料)

オフシーズンに旅行する

節約度:★★★★☆

シーズンオフ期間中は航空券やホテルが割安になります。シーズン中の半額以下で泊まれるホテルも結構あるのでオフシーズンの旅行は旅費を抑えることができます。

しかし、オフシーズンは日が短くて天気が悪い日が多かったり、施設が閉まっていて観光できないということもあるので十分考えてから決める必要があります。私は2月のフランス旅行で雨や曇りの日ばかりでガッカリした経験があるので、冬のヨーロッパは避けています。美術館を巡る旅などは天気を気にする必要がないので、休みさえとれればオフシーズンに行くのがよいのではないかと思います。

オフシーズンとまでいかなくても、シーズンのピークから少し時期をずらすだけで航空券やホテル代は随分違ってきたりします。私はオフシーズンの終わりやシーズンの始めに旅行することが多いです。シーズン中は高いだけでなく、観光客が多いのでどこに行っても混んでいるというのが好きではないためです。その時期だと旅行者もそれほど多くないのでホテルの選択肢も多く、手頃なホテルを見つけやすくなります。

旅行する時期に関しては、値段だけでなく自分の旅の目的やスタイルに合わせて決めるのがよいと思います。

2人以上で旅行する

節約度:★★★★☆

2人以上で行くと何かと割安になります。とくに大きいのが宿泊代。日本でのホテル料金表は1人当たりの料金が表示されますがが、海外のホテルは1室あたりの料金で表示されます。例えば1室1泊1万円の部屋に2人で泊まった場合は、2人で割って1人1泊5千円になります。

この他に複数だとタクシー代をシェア出来たりもするのでお得になります。

とはいえ、長時間海外で一緒に行動するわけなので、一緒にいてストレスのたまるような人を無理やり誘っても楽しい旅行にはなりません。無理をしてへんな人を誘うよりはひとり旅の方がよほど気楽で楽しめます。節約面で考えると、一緒に行ってもストレスがたまらないような相手がいるなら2人以上の旅行がおすすめです。

現地の英語ツアーに参加する

節約度:★★★☆☆

現地ツアーは日本語ツアーの半額以下に設定されていることが多く、ツアー数も豊富です。宿泊先のホテルや現地の旅行会社で前日までに申し込めばたいていのツアーに参加することができます。

私は先日ベトナムで「ミーソン遺跡の英語ツアー」に参加しましたが、昼食までついてツアー料金はわずか800円でした。ほぼ同じ内容の日本語ツアーになると5,000円もします。

ガイドさんの話をすべて完璧に理解するにはそれなりの英語ができないとダメですが、日本語のガイドブックを持っていれば自分で調べることができるので、ガイドさんの説明はそれほどわからなくても十分楽しめました。

英語のツアーに参加する場合は、最低限集合時間だけきちんと確認しておけばどうにかなります。とはいえ、英語に不安がある場合は旅行前に「オンライン英会話」を受けるなどして少し英語に慣れておくとよいと思います。

関連コンテンツ