香港・深セン・マカオ(3)香港観光

3日目は香港観光。夕方まではツアーで、その後は美味しいものを食べに行ったり、香港の夜景を見に行ったりして1日で香港を満喫した!

3日目(1月17日)
ホテルは高層階で夜景が綺麗なのはよかったが、59階の部屋に行くには41階でエレベーターを乗り換えないといけないので少し面倒だった。

泊まったホテル:L ホテル ニナ エ コンベンション センター

41階

「7:00ホテルロビーに集合」だと思って7時少し前にロビーに行くと、他のツアー客が誰もいない…。

同じ旅行会社の他ツアーのガイドさんがいたので確認してもらうと、なんと「集合時間は8:00」だと判明。1時間勘違いしていた。早起きが無駄だった…(泣)

仕方ないので、ロビーにあるPCでインターネットをやって時間を潰した…。

AM8:00 朝食を食べに出発!
市内のレストランで「お粥」の朝食。お粥は香港の代表的な朝ごはんとのこと。

お店はツアー客以外の一般の人もいて混雑していた。

あわび粥はあっさり味。

おかず(大根餅、春巻き、シュウマイ)。どれも美味しかった!

朝食後は香港島のレパルスベイへ

レパルスベイ観光

9:30頃 レパルスベイに到着

香港島の南部に位置するレパルスベイは、美しい海と白い砂浜が広がる、香港を代表するビーチ。ビーチ沿いには高級リゾートマンションが立ち並び、優雅な雰囲気が漂う。

天后廟(ティンハウミウ)

レパルスベイ・ビーチの端にあるご利益スポット。海の守り神である天后を祀った寺院であるが、観音像、正財像、姻縁石、長寿橋などあらゆる福の神や縁起の良いものが集まっている。

一番高いところにあるのがジャッキー・チェーンの別荘だとか

全体的に派手でカラフル!

写真をとっているとおばちゃんが寄ってきて片言の日本語で「ボールペンいかが?」などと声をかけてきた。私たちは買わなかったが買っている人もいた。

私はここでガイドさんおススメの「絵文字」を10HKドルで購入。自分の名前をカラフルな絵で表現するというものでご利益があるらしい。

2階建てトラムに乗車

ツアー客全員で2階建てトラム(路面電車)に乗車体験をした。

二階部分へ乗車。

走りはかなりゆっくりだった。

約10分だったがよい経験になった!

香港コンベンションセンター

次に訪れたのは「香港コンベンションセンター(香港会議展覧中心)」

1997年の返還式典の会場で現在は展示会場、レストランとして使われている。

シンボルは金ピカの蓮の花。建物は亀をモチーフにしているとも言われる。

このあたりは公園みたいになっていて散策したり休憩したりできる。

九龍半島へ渡りランチ

フェリーに乗って九龍半島へ

コンベンションセンターすぐ近くにあるスター・フェリー乗場から「スター・フェリー」に乗車。

乗車時間はたった5分。

九龍半島の中心地「尖沙咀(チムシャツォイ)」に到着!

フェリー乗り場に隣接するショッピングモール「ハーバー・シティ」。旧正月の飾りがされていた。台湾のアイドルグループが通行するためここで少し待たされた。

その後、昼食へ

昼食は飲茶。ボリュームもあってそこそこといった感じだった。

ツアーの人たちはみんなよく食べる人たちで完食。

黄大仙寺院

昼食後は「黄大仙寺院(こうだいせん)」へ

香港でも有数の参拝者が訪れる道教寺院。

「大殿」が改修中のため、同じ境内にある「孔道門」へ

改築中の「大殿」

地元香港の熱心な参拝客が多かった。願いを込めて一生懸命お祈りしていた。

その後、団体ツアーにつきもののお土産物屋(貴金属店、シルク店)へ連れて行かれた!

シルク店では、おばちゃんの巧みな説明につられてシルクトランクスを購入してしまった。

その後、香港銘菓店「奇華餅家」へ
このお店はガイドブックなどでも紹介されている人気のお店。

焼き菓子やパイナップルケーキをお土産用に購入。

ここの商品はどれも美味しくてオススメ!

最後にDFSギャラリアへ
ここへ到着後、解散となった。

PM4:00頃 自由行動開始

香港スイーツ&お土産&広東料理

まずは、香港デザートで有名な「糖朝」へ

香港は公園が充実していて、街中の所々に公園がある。

「ダブルデッカー(2階建てバス)」に乗ってネイザンロードまで移動!

2階の最前席へ座ってみた。

ほとんど人が乗っていなくてガラガラだった。

九龍公園隣を抜けて少し歩くと「糖朝」発見!

マンゴー入りタピオカ

ブラックタピオカと百合根入りの豆腐花

海老ワンタン入りの麺

中に肉などが詰まった焼き物?

ガイドブックに載っているお店だけあって、どれもおいしくて満足!!

コーズウェイベイでお土産

その後は前日に引き続き、地下鉄でコーズウェイベイ(銅鑼灣)へ

Soundwill Plaza(金朝陽中心)の32階にある「新星茶荘(サンセンチャージョン)」でお土産用のお茶購入。試飲したいと言うとお茶をいれてくれて親切だった。

翠園で夕食

PM6:30 銅鑼湾駅近くにある広東料理の「翠園(ジェイドガーデン)」へ

人気のお店なのでとても混んでいたが、ちょうど席が空いていて待たされることなく席へ案内された。

ワゴン式で回ってくる本格的な飲茶が楽しめるとの雑誌情報をみて、軽く飲茶を食べに行ったのに、メニューをみると飲茶らしきものがほとんどない…。

日本語は通じず、英語が出来る人もあまりいない。雑誌に載っているメニューをみせるとそれはランチのみだと言われる。

飲茶がたくさんあるのはランチのみということが判明!!

夜のメニューはどれも結構なお値段でボリュームもある。先ほど糖朝で食べたばかりでお腹がすいていないので少しの注文にした。

点心。

牛肉の炒めもの。ものすごくやわらかくて美味しかった!

高いだけあってこれまでのツアーの料理とは全然違った。

ヴィクトリア・ピークで夜景観賞

食事のあとは、夜景を見に「ヴィクトリア・ピーク」へ

中環(セントラル)のスターフェリー乗り場前のバス停から15Cバスでピークトラムの山麓駅へ

15Cバスの乗り場がなかなか見つからずバス停に到着するまでに予想以上に時間がかかった。

オープントップの2階建てバスで夜景もみれて楽しかった!

動画(バス2階から)

ピークトラムの駅までは10分程のはずなのに、なかなか着かない…。

どうやら駅で降り逃したようでまた中環(セントラル)に戻ってしまった。
途中で人がたくさん乗ってくるからおかしいと思ったが…。

そのまま同じバスに乗っていればいいと思っていたら、運転手に降りるように言われ、違うバスが来るのを待って乗り換え。

ここで予想外の時間ロス。再度15Cバスに乗ってピークトラム駅へ。だいぶ寒くなってきたので今度は1階席に座った。

PM9:00 ようやく「ピークトラムの山麓駅」へ到着。本来ここまではバスで10分で来るはずが結局1時間近くかかってしまった…(泣)

窓口でチケット(トラム往復+スカイテラス鑑賞券のセット:56HKドル)を購入後、トラムへ

トラムの中はこんな感じ。

ヴィクトリア・ピークに到着

ピークタワーにはスカイテラスの他にお土産屋、レストラン、蝋人形館などがある。

蝋人形館へ入らなくてもブルース・リーは鑑賞可能だった。

スカイテラスで夜景鑑賞。とてもきれいな夜景だった!

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

PM10:30 ピークトラムで山麓駅まで戻り、そこから再びバスへ

中環駅で降りて、地下鉄でホテルへ。

泊まったホテル:L ホテル ニナ エ コンベンション センター

金鐘で筌湾(ツェンワン)線に乗り換え。西鐵線に乗り換えるため美孚(メイフー)駅で降りなければいけないのをうっかり忘れて次の駅まで行ってしまった。ここでも予想外の時間ロス。

乗り換えの西鐵線へは結構歩いた。

筌湾西駅で降りて徒歩5分でホテル着(PM11:50)

前日の部屋は寝室からシャワールームが丸見えで落ち着かないので、部屋をチェンジしてもらった。今度の部屋はさらに高層の66階。

新しい部屋は、丸いガラスのシャワールーム。一応カーテンがついていたが寝室から丸見え。どうもこの作りには慣れない。

部屋からの夜景。海が見えてきれいだった!

この日の万歩計は「21,198歩」。かなり歩いた足足


前後の記事


合わせて読みたい(中国)

このブログの運営者
Blotra(70年代生まれ・女)
旅行とネコが好きで、これまでに旅行した国は約40か国。東京のボランティアガイドもたまにやっています。
詳細プロフィール
Twitter(ブログ更新情報)
instagram(旅先で撮った猫写真)

コメントを残す