今戸神社は招き猫発祥の縁結びパワースポット【浅草】

東京観光・街歩き

「縁結び」や「恋愛成就」のご利益があるとされ、良縁パワースポットとして注目されている浅草の「今戸神社」。定期的に『縁結び会』が開催され、数多くのカップルが誕生してきたとのこと。浅草寺から徒歩10分程のところにあるが、浅草寺の喧騒から離れて、静かで落ち着けるスポットである。境内からはスカイツリーを見ることができ、幸運を招くと言われる白猫がいたり、猫グッズが多数取り揃えられているので猫好きにもオススメ!!

今戸神社の概要

今戸神社は『浅草名所七福神』のひとつである福禄寿(ふくろくじゅ)をお祀りしている。福禄寿は長寿、幸福の徳を持ち、招徳人望の神様として信仰されている。

鳥居に前には招き猫の看板。

結核を患っていた沖田総司を診ていた松本良順が当時今戸神社を仮の住まいとしていたことから、「沖田総司の終焉の地」ともいわれている。

境内からはスカイツリーが見える。

本殿のペア招き猫

本殿にある大きなペアの招き猫が今戸神社の顔になっている。

良縁を願いに来る若い女性の参拝客が多い。

境内には猫アイテムがたくさん

今戸神社は招き猫発祥の地であることをウリにしているので、境内には猫グッズが。

御朱印帳も招き猫が描かれている。その他猫グッズ多数。

たくさんの絵馬。「真円形」のデザインは縁と円の語呂を掛け合わせたもの。

こんなところにも猫。ややごちゃごちゃしすぎ…。

本物のネコにも会える!?

絵馬がぎっしりと結ばれた手水舎。ここでネコが堂々と水を飲んでいた!

ちょっぴりデカ猫。よほど喉が渇いていたようでひたすら水を飲んでいた。

水を飲み終わったあとも境内をウロチョロしていた。

白猫のナミちゃんに会えたら幸運が!

こちらは境内によく現われる白猫のナミちゃん。ナミちゃんに会えたら幸運が訪れると言われている。

野良猫だが、エサをきちんと与えられているのでなかなか恰幅はよい。懐っこくないので、触ろうとすると逃げてしまう。
今戸神社ナミちゃん

石なで猫

本殿の階段下にある「石なで猫」。

心を込めてなでた後に携帯の待ち受け画面にして毎日祈ると願いごとが叶うそう。

今戸神社への行き方(アクセス)

・所在地
〒111-0024 東京都台東区今戸1-5-22

今戸神社公式ウェブサイト

最寄駅
■東京メトロ銀座線「浅草駅」
■都営浅草線「浅草駅」
■東武スカイツリー線「浅草駅」
上記の駅より徒歩10~15分

浅草駅から徒歩のほか、レンタサイクル、バス、人力車などで行ける。

徒歩またはレンタサイクル

浅草駅から徒歩だと約15分、自転車だと約5分。レンタサイクルは隅田公園駐輪場(水上バス乗り場のすぐ横)で借りられる。4時間200円、1日300円と格安。スカイツリーなど近隣スポットを合わせて観光する場合はレンタサイクルがオススメ!
参考 台東区レンタサイクル案内

ルート
松屋デパートに沿ってはしる江戸通りを(隅田川を右手に)約1キロ進む

右手に「台東リバーサイドスポーツセンター」が見えてきたら道路が二股に別れるので、左側の道を100m位歩くと左手に今戸神社がある。

バス

都営バス:200円、めぐりん:100円、パンダバス:無料

「東武浅草駅前」のバス停から
・都営バス東42甲:南千住行「今戸」下車
・都営バス東42乙:南千住行「今戸一丁目」下車
・台東区コミュニティバス「北めぐりん」:「今戸一丁目」下車

雷門や水上バス乗り場前のバス停から
・パンダパスで「今戸神社」下車

パンダバスは1時間に1本程度と本数は少ないが、今戸神社の目の前にバス停があるので便利。

参考 パンダバス(公式ウェブサイト)

人力車

浅草名物の人力車で今戸神社へ来ている人も結構多い。人力車のお兄さんが一緒にまわってくれて丁寧に説明をしてくれるので、浅草観光に来た人は雷門前から人力車に乗るのもいいかも。

コメント