タイ(1)成田⇒バンコク

アナンタラ・サイアム・バンコクのウエルカムスイーツ
アナンタラ・サイアム・バンコクのウエルカムスイーツ
スポンサードリンク

旅行初日は早朝便で成田からバンコクへ出発。バンコク到着後はホテルの視察&夕食会&ホテル周辺を散策。とても素敵なホテルで初日からテンションが上がった!!

タイ旅行概要
  • 旅行期間:2016年9月29日~10月3日(4泊5日)
  • 訪れた場所:バンコク3泊&ホアヒン1泊
  • バンコク:3大寺院観光/スパ2時間/猫カフェ
  • ホアヒン:ナイトマーケット/象乗り/展望台/ホアヒン駅

詳細⇒タイ旅行記一覧

成田空港からバンコクへ(タイ・エアアジアX)

2016年9月29日
LCCのタイ・エアアジアXを利用して成田からバンコクへ。国際線LCCは初めて。

9:15発のフライトだったので、家を6時前に出て7時過ぎに成田空港に到着。エアアジアはLCC専用の第3ターミナルではなくて、第2ターミナルからの出発なので鉄道利用者にとっては便利!

オプション追加で快適な空の旅

今回は当選旅行だったので以下のオプションがついていた。LCCは航空運賃は安いが、オプションは高い。これだけオプションをつけると結構な追加料金になるが、おかげで快適な空の旅ができた。

★今回利用したオプション
・受託手荷物30キロまで:5,900円
・機内食(チキンライス・水・バナナケーキ・オレンジジュース):1,000円位
・クワイエットゾーンのホットシート:6,900円

『成田空港~ドンムアン空港』のオプション料金

★受託手荷物(事前申し込み)
・20kgまで3,900円
・25kgまで4,900円
・30kgまで5,900円
・40kgまで7,900円
※搭乗当日に受託手荷物を申し込むとさらに高くなる!
※機内に持ち込みできる手荷物は1人1個、7kg以下

★Quiet Zone(静かな座席エリア)
・スタンダートシート2,890円
・ホットシート(足元ゆったり)6,900円

参考 エアアジア【座席について】
参考 エアアジア【料金および手数料】

タイ・エアアジアXに搭乗

9:15成田空港発 XJ601便

成田からバンコクまでは約6時間半のフライト

機体はA330。Quiet Zoneはガラガラ。もちろん静か!

ホットシート(前方の少し広い座席)は快適!

スタンダートシートでもそれほど窮屈ではない。女性なら全然OK。

離陸後約2時間で機内食。激辛でヒーヒー言いながら頑張って食べるも辛くて完食できず(泣)。甘いバナナケーキを食べたあともまだヒリヒリするほどだった。カ・ラ・ス・ギ!

『スパイシーチキンwithオムレツ』は機内で買うと210バーツ(≒620円)。

※機内での支払いはタイバーツか日本円。500バーツ以上のみカード利用可

13:45(現地時刻) 定刻通りドンムアン空港に到着。日本との時差は2時間(日本が進んでいる)。

ドンムアン空港はLCC専用空港。JALやタイ国際航空などのレガシー・キャリアはスワンナプーム空港発着。

国際線LCC初搭乗だったが、LCCとは思えないほど快適に過ごせた!

航空券探し

「skyticket」で探すと最安値がみつかることが多い。比較サイトなので、各航空会社のサイトを回って調べる手間がなくて楽!

skyticket(PC用 /スマホ・タブレット用

※航空会社のセールでは航空会社サイトで買った方が安い

空港で両替&SIMカード購入

日本円をタイバーツに両替

SIMカードを買ったりタクシーに乗ったりするのに現金が必要なので空港で両替。空港内に両替所が複数あったが、どこもレートは同じだった。この日のレートは1バーツ≒3円。

SIMカード

これまでの海外旅行では日本でWifiレンタルを借りていたが、先月SIMフリーのタブレット(Huawei – MediaPad T2 7.0 Pro)を買ったので今回は初のSIMカードに挑戦。

出国ゲートをでて左側にある「TRUE MOBILE」という会社のSIMカードを購入。

3.5G回線で7日間使い放題199バーツ(約600円)。Wifiレンタルよりもかなり安い!

店員さんにタブレットを渡すと設定等すべてやってくれた。設定後は言語がタイ語に変わってしまっていたので、「Japanese!」と言ったら日本語に直してもらえるなど親切な対応だった。所用時間約5分。

SIMを入れたタブレットをテザリングの親機として使い、普段から使い慣れたiPod touchを子機として使用した。モバイルブロガーのいがモバさんがいたので、テザリングもすんなりできた。

5日間の旅行中はこのSIMカードでストレスなく常にネット接続できて便利だった!

他のブロガーさんはWifiレンタルを利用している人も多かった。タイ5日のWifiレンタルは5,000円前後で済むので、SIMフリー端末をもっていない人や現地でのSIMカード購入が不安な人は日本でWifiレンタルを申し込んでおくのが無難!

参考 海外WiFiレンタルがおすすめ

ドンムアン空港からバンコク市内への行き方

ドンムアン空港からバンコク市内へ行く代表的な方法としては以下3つ。大きな荷物がある場合は乗り換えなしでホテルまでタクシーで行ってしまうのが楽で簡単。タクシーを使っても400バーツ(≒1,200円)程度と高い金額ではない。今回はタクシーを利用した。

エアポートバスでモーチット駅まで行き、乗り換え

ドンムアン空港からエアポートバス(A1)でモーチット駅まで行き、そこからBTSやMRTに乗り換える。バスを降りて徒歩でMRTチャトチャック駅とBTSモーチット駅へ行くことができる。乗り換えがあってやや面倒だが、エアポートバスは30バーツ(≒90円)と格安。安く行きたい人向け。

リムジンバス(エアポート リモバス エクスプレス)

「ドンムアン空港~カオサン通り」と「ドンムアン空港~ルンピニ公園」というルートがあり車内はWifi完備されている。運賃は150バーツ(≒450円)。
参考 Airport LimoBus Express(公式サイト)

タクシー

今回は空港からタクシーを使ってバンコク中心地のホテルへ行ったので、タクシーでの行き方は以下をご参考に。

出国ゲートをでて左側に進んでいくと端っこの8番出口にタクシー乗り場がある。行列ができているが進みは早いのでそれほど待たなかった。

受付で行き先を告げる。

紙を渡され、タクシー乗り場へ案内される。

タクシーはメーターが動いているのを確認する!

途中少し渋滞していたが約1時間でホテルに到着。空港利用料・高速代・チップ合わせて420バーツ(=1,260円)。この金額だったらタクシー利用が断然おすすめ!

アナンタラ・サイアム・バンコクホテルに宿泊

15:30頃 ホテルに到着
バンコクの中心地にあり、BTSのラチャダムリ駅からすぐ。少し歩けばエラワン廟やセントラルワールドなどへ行くことができて立地抜群。

ラウンジ

7階のラウンジでチェックイン&ホテルの偉い方たちとご挨拶。

上品なウエルカムドリンクでほっと一息!

泊まった部屋

キングサイズベッドのデラックスルーム。豪華なお部屋に大満足!

ウエルカムスイーツとフルーツがきれいに並べられていたのには大感激!!

シャワー室&バスタブ完備で水圧も問題なし。

ホテル視察

17:00 ブロガー全員でホテル担当者の説明を聞きながらホテル内を視察

オバマ大統領やブッシュ元大統領が宿泊した「アナンタラ・プレジデンタル・スイート」

プレジデンタル・スイートのリビングエリア

ジム・トンプソン・エクスプローラー・スイートからの眺め

ジム・トンプソン・エクスプローラー・スイートのリビングエリア

繁華街にありながらプールもあってリゾート感覚が味わえる。

ホテル内にはスパやスポーツジムも完備。

バンコクで泊まったホテル
★Anantara Siam Bangkok Hotel
バンコクの中心地にあり、BTSのラチャダムリ駅からすぐで買い物や観光に便利。都会でリゾート気分が味わえる豪華なホテル!
オススメ度 star2 star2 star2 star2 star2
予約:Booking.com / エクスペディア / agoda

「スパイスマーケット」で夕食会

18:00 ホテル内の高級タイ料理『スパイスマーケット』にてウェルカムディナー

落ち着いた雰囲気のお洒落なレストラン。ドレスコードはスマートカジュアル。

地球の歩き方の紹介ページ↓

次々にタイ料理(全9品)が運ばれてきて食べきれないほどだった。

前菜は「ミエンカム」というタイ伝統料理。葉に包んでソースと一緒に頂く。

「ヤムソムオー」。柑橘系のフルーツを使った爽やかサラダ。

タイと言えばシンハービール!

左は「ソムタム(パパイヤのサラダ)」。右は味付けした鶏肉を葉でつつみ揚げた「ガイホーバイトゥーイ」。

トムヤムクン

野菜炒め

あんかけ鶏肉

グリーンカレー

健康的な黒ライス。

デザートは「カオニャオマムアン」。もち米とマンゴーにココナッツミルクをかけて頂く。

タイ初日からたくさんの美味しいタイ料理を食べることができて大満足!!

夜のバンコク市街地を散策

夕食会が終わった後はホテル近くをブラブラと散策。

歩道沿いには露店がたくさんでていて安いものがたくさん売られていた。

セントラルワールド

バンコク中心地にある大型ショッピングセンター。チットロム駅やサイアム駅からすぐ。ホテルからは徒歩10分位。伊勢丹やZEN、紀伊国屋、ユニクロなどが入居している。

セントラルワールド前の広場にはテントの屋台がズラリ。

地元の人や観光客で賑わっていた。

トリムルティの祠

セントラルワールド右手の伊勢丹前にある。バンコク最強の恋愛成就の神様と言われており1日中参拝する人が絶えない。

木曜日の夜9時半に、赤いバラ9本と線香9本をお供えすると効果絶大というジンクスがあるらしく、この日はちょうど木曜日だったので大賑わいだった。

スーパーマーケット(BigC)

セントラルワールドの正面には大型スーパーBigCがある。

夜9時過ぎでも大勢の人で賑わっていた。

タイ限定味のプリッツ

お土産の調達にも最適!

エラワン廟

ヒンドゥー教の三大神の一つである「ブラフマー」がまつられている祠でバンコク人気No.1パワースポットとも言われている。朝から晩まで、お祈りをする人がひっきりなしに訪れる。

バンコク1日目が無事終了。翌日は3大寺院観光&ホアヒンへ移動!

ベトナム中部旅行記(目次)
クロアチア旅行記(目次)
ギリシャ旅行記(目次)
中欧旅行記(目次)
スペイン旅行記(目次)
ポルトガル旅行記(目次)
ハノイ旅行記一覧
ドバイ・アブダビ旅行記(目次)
ベトナム・カンボジア旅行記(目次)
トルコ旅行記一覧
北欧旅行記一覧
タイ旅行記一覧
四国旅行記
広島旅行記(目次)

コメントを残す