女性一人旅にもおすすめ! 台湾・台北観光のモデルコース、おすすめツアー

台湾は親日家が多く、日本語も結構通じて、交通機関発も達しているので、個人でも苦労なく旅行できます。初めての海外旅行や女性のひとり旅にもおすすめです。

観光スポットを回るのに必要な日数やルート、2泊3日のモデルプラン、フリープランのツアーを紹介します。

台湾旅行の必要日数

台湾観光の中心である台北にスポットをあてて紹介します。台北の主な見どころは2泊3日(午前到着、午後出発の場合)で回れますが、余裕をもたせるなら3泊4日がおすすめです。

台北市内は地下鉄(MRT)が発達しているので、地下鉄で簡単に移動することができますが、タクシーも合わせて使うと効率よく回ることができます(タクシーは日本に比べるとかなり安い)。台湾の夏はとても暑いので無理に歩いてヘトヘトになるよりは、タクシーを使って体力を温存するのがよいと思います。

台湾観光のモデルコース(2泊3日)

台北の観光スポットを網羅した2泊3日のモデルプランです。いずれも私が台北旅行で訪れた有名な観光スポットです。それほど忙しくなく、グルメも満喫できて無理なく回れます。だた女性の場合は2泊3日だと、胃袋が丈夫な人でないと食べられる量に限界があるので、グルメを満喫するなら3泊以上がおすすめ!

DAY 日程
1 永康街でグルメ&ショッピング⇒中正紀念堂⇒龍山寺&占い⇒士林夜市
2 台湾式朝ごはん⇒忠烈祠⇒孔子廟&保安宮⇒故宮博物院⇒九份
3 雙連朝市⇒国父記念館⇒台北101

1日目

午前中に台北に到着、ホテルに荷物を置いて観光スタート!

永康街でグルメ&ショッピング

永康街は小籠包で有名な『鼎泰豊本店』や台湾かき氷の有名店『思慕昔(スムージー)』などのグルメスポットが集まるエリア。MRT東門駅からすぐなのでアクセスも簡単!

台湾グルメと言ったら小籠包。一番有名な鼎泰豊は外せません。

鼎泰豊本店から歩いてすぐのところに台湾かき氷の『思慕昔(スムージー)』がある。ふわっとした綿あめのような独特の食感がたまらない!?

(写真は別のお店のものです)

永康街にある雑貨店「雲彩軒」。店内はそれほど広くないものの、センスのよい台湾雑貨・アクセサリーが多数揃っているのでお土産にぴったり!

参考記事 ランチは「鼎泰豊」で小龍包
参考記事 カワイイ雑貨店「雲彩軒」でお買い物

中正紀念堂

永康街(東門駅)から地下鉄で1駅、タクシーでも5分程度。初代総統、蒋介石を記念して創設された公園。広大な敷地は旧日本軍の軍用地跡で、紀念堂の内部では台湾の民主発展に関する歴史資料が展示されている。

参考記事 中正紀念堂

龍山寺&占い

台北といえば占いで有名。その中でも最強のパワースポットが龍山寺。台北最古の寺で恋愛&ご縁の神様として有名。また龍山寺地下街には台北最大の占い街『占い広場』がある。日本語OKの占い師さんもおり、1ブースごとに区切られているのでプライバシーも守られる。

士林夜市

台湾に来たら、絶対に行ってみたいのがB級グルメの宝庫である夜市。最も代表的なのが『士林夜市』。多くの屋台が集まり、連日大勢の観光客や地元の人で賑わっている。

胡椒餅はとっても美味しい台湾グルメのひとつなので是非お試しを。外側がパリッと、中のお肉がジューシーで葱がたっぷり!

2日目

台湾式朝ごはん

台湾では朝食は外で食べる文化があるため、街には朝食屋さんがたくさんある。台湾に来たら日本にはないローカル式朝ごはんを食べるのもおススメ!

豆漿屋『四海豆漿大王』は地元民にも観光客にも大人気のお店。

2人でこれだけ食べても500円もいかない。安い!

参考記事 『四海豆漿大王』で台湾式朝ごはん

忠烈祠の衛兵交代式

台湾のツアーに必ず含まれる定番の観光スポット。戦死した兵士33万を祀っており、陸海空軍のエリートによる衛兵交代式が開催される。

衛兵交代式は午前9時から一時間毎に行われる。

衛兵交代にかかる時間は約20分。

孔子廟&保安宮

孔子廟と保安宮は歩いて1分もかからないくらいの距離にある。孔子廟は孔子を祭る廟で、極彩色があざやかな古代宮殿様式の建築。孔子は中華圏では学問の神様で、合格祈願に訪れる学生が多い。

保安宮は医学を司る神様として名高い保生大帝を祀る廟。無病息災や病気の回復、長寿を願う参拝者で賑わっている。

参考記事 孔子廟・保安官

故宮博物院

中国五千年の歴史と文化芸術の殿堂であり、世界四大博物館のひとつ。65万点程の文物が所蔵されており、常設展示品は3~6ヶ月ごとに入れ替えが行われる。「翠玉白菜」と「肉形石」が有名。

参考記事 故宮博物院

九份

夕方からは赤提灯がキレイな九份へ。台北から九份へはオプショナルツアーもでているが、バスや電車でも1時間程度で行けるので、ゆっくりとしたい場合は個人で行くのがおすすめ!

参考記事 九份の街を散策&食べ歩き

3日目

雙連朝市

雙連駅を出てすぐの路地で毎朝開催されている雙連朝市は市民の台所。野菜や肉・魚・惣菜を扱う露天から、衣料品や生活雑貨などローカル感があふれるお店が並び、見て歩くだけでも楽しい。

数は多くないが屋台も出ているので朝ごはんを食べることもできる。

国父記念館

建国の父「孫文」の生誕100年を記念して建てられた。孫文の銅像や孫文に関する資料などが展示されている。1時間に1度衛兵交代式のパフォーマンスがあったり、地元の人が太極拳や社交ダンスを踊っていたりと意外と見どころが多い。また国父記念館からは、台北101の全景がよく見えるので台北101の撮影スポットでもある。

台北101まではタクシーですぐ。徒歩でも15分位で行ける。

台北101で台北の街を一望

世界屈指の高さを誇る高層ビルで台北の人気スポット。1~4階がレストランやショップが入っている。高さ382mの展望台からは台北の街を一望することができる。世界最速のエレベーター(89階まで僅か37秒)は、ギネスブックに登録された。

台湾旅行の予算・おすすめツアー

台湾(台北)2泊3日のツアー代金の相場は、4万円~8万円。当然ながら、よいホテルやGWや年末年始などはもっと高くなります。LCCを利用したフリープランだと3万円程度の格安もありますが、たいていは深夜や早朝のフライトとなるので、若くて元気な人は別として、体力的にかなり厳しいです。多少高くなっても日中発着のものを選ぶことをおすすめします。

台湾はとても親日的で、日本語がかなり通用するので英語ができなくても個人旅行が楽しめます。そのため、ツアーの場合はフリープランがおすすめです。フリープランならお土産屋に強制的に立ち寄ることもなく、好きなものを食べ歩きしたりできます。

フリープランの旅行の際に便利なのが「旅さがし」というサイト。自分の要望(基本は自由行動で、九份だけオプショナルツアーをつけるetc)や予算に沿って無料で見積もりや旅行計画を立ててもらえます。私はヨーロッパを個人旅行したときに利用しましたが、個人で航空券とホテルを自分で予約するよりも安くなりました。

こんな感じで自分の希望のツアーを要望することができます。航空券やホテルの手配は旅行会社がやってくれます。

計画を立ててもらうのは無料です。気に入ったらそのままツアーを申し込むことができます。プランが気に入らなかったら申し込まなくてもOKです。私は何度か利用したことがあり、申し込まなかったこともありますが、勧誘などは一切なかったので安心して利用できます。

◆公式サイトはこちら>> 海外旅行プランの無料提案依頼(旅さがし)

前後の記事




スポンサーリンク

合わせて読みたい(中国)

このブログの運営者
旅行記管理人(70年代生まれ・女)
旅行とネコが好きで、これまでに旅行した国は約40か国。東京のボランティアガイドもたまにやっています。
詳細プロフィール
Twitter
instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です