香川(6) 男木島の猫たち part2

男木島屋根猫
スポンサードリンク

男木島2日目。前日に島をぐるっと歩いてみて、確実に猫がいるスポットは「豊玉姫神社」と「男木漁港」だとわかったので、この日はこの2か所にターゲットを絞った。

四国ひとり旅
旅行期間:2015年11月4日~11月7日(3泊4日)
1日目:成田⇒高松⇒小豆島
2日目:小豆島(寒霞渓・醤油記念館・オリーブ園・二十四の瞳映画村)
3日目:小豆島(中山の棚田・エンジェルロード)⇒男木島(灯台・猫)
4日目:男木島⇒高松(玉藻公園・栗林公園)⇒成田

2015年11月7日(土)旅行4日目(最終日)曇り

8時過ぎ:宿で朝食を食べてから島歩きへ出発! ドンヨリとした曇り空で残念…。
(宿泊先の詳細はこちら⇒男木島で泊まった宿

男木島の猫たち&島の風景

まず向かったのは豊玉姫神社

集落のあちこちで出くわすカラフルな壁画もアート作品。

★豊玉姫神社の前
朝一番のフェリーが来る前だったので誰もいなくて静かだった。

民家の屋根で猫たち発見。朝一でこんなのがみれてテンションあがる!!

気持ちよさそうに寝ている。

★豊玉姫神社前の猫(動画)

こっちの猫たちは同じポーズ。

みんなゾロゾロとこっちにやってきた。

朝一のフェリーが港に到着。

フェリーに乗ってきた猫撮影の観光客がやってきた。猫じゃらしにたくさんの猫が集まる。

眠そうなねこ。茶トラばかり4匹。

神社前は猫撮影隊でにぎやかになってきたので、もう一つの猫スポット「男木漁港」へ移動。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

小路をあるいて男木漁港へ

島のあちこに壁画アートが。

★男木漁港

猫がいたいた! 人は誰もいなくて独占状態。

男木島の猫は茶トラが多い。

歩きだしたらみんな一斉についてきた!

聞こえるのは波の音だけで本当に長閑。誰もいない朝一が穴場!

すぐに膝の上に乗ってくる猫。ちょっと重いけどガマン!

男木漁港の猫(動画)

少ししたら猫じゃらし隊がやってきた。猫たちは猫じゃらしが大好きで、猫じゃらしにみんな集まってくる。このねこじゃらしの人は前日も来ていたのでかなりの猫好きさん。

11:00発のフェリーで高松へ戻るので、10時半頃宿に荷物をとりにいって港へ

と、その前に…

最後の見納めに豊玉姫神社のに寄ってみたら、やっぱり猫がいた。

カバンの上の勝手にのって寝てしまうチビ。

天気はイマイチだったが、たくさんの島猫に会えて満足!!

11:00のフェリーで高松へ船

男木島の感想・まとめ

・灯台まで行かなければ、2時間もあれば十分島歩きを楽しめる。猫目的の場合は3時間以上みておいたほうが無難(時間帯によって猫が見つからないことがあるので)。島は細い坂道が多いのでスニーカーなどの歩きやすい靴で。電動レンタサイクルもある。

・男木島灯台まで歩くのはアップダウンがあり結構しんどかった。その割にはたいした見どころはないので、よほどの灯台好きでなければわざわざ行く必要はないと感じた。ただし、水仙の時期はとてもきれいなので行ってみる価値ありそう。

・島のところどころにアート作品(壁のペイントなど)があり、アートも楽しめる。

・たくさんの猫が高確率でいるスポットは「豊玉姫神社の入口付近」と「男木漁港の周辺」の2か所。時間がない人はまずこの2か所にいくのがオススメ!

・猫じゃらしをもっているとたくさんの猫が集まってくる確率高し。猫へのエサやりは禁止されているのでエサはダメ!

・(自分もそうだが)猫目的の観光客が必ずおり、私が行ったときは2日とも猫撮影隊が3~4組いた。猫撮影隊が多い時間を避けるには宿泊するのがオススメ(ほとんどの猫撮影隊が日帰りのため)。今回は最終フェリーの行ったあとや朝フェリーが到着する前の猫スポットには誰もいなかった。

ベトナム中部旅行記(目次)
クロアチア旅行記(目次)
ギリシャ旅行記(目次)
中欧旅行記(目次)
スペイン旅行記(目次)
ポルトガル旅行記(目次)
ハノイ旅行記一覧
ドバイ・アブダビ旅行記(目次)
ベトナム・カンボジア旅行記(目次)
トルコ旅行記一覧
北欧旅行記一覧
タイ旅行記一覧
四国旅行記
広島旅行記(目次)
スポンサードリンク
skyticket

コメントを残す