タイ(6)バンコクで癒し体験(一軒家スパ&猫カフェ&屋上バー)

bangkok4
スポンサードリンク

旅行4日目は一軒家スパ「Divana Nurture Spa」でマッサージ体験をしたり、猫カフェでまったりしたりとのんびりと過ごした。夜にはルーフトップバーで夜景を楽しむなどバンコク最後の夜を満喫できた。

タイ旅行概要
  • 2016年9月29日~10月3日(4泊5日)
  • バンコク:3大寺院観光/一軒家スパ/猫カフェ
  • ホアヒン:ナイトマーケット/象乗り/展望台/ホアヒン駅

詳細⇒タイ旅行記一覧

アナンタラ バンコク リバーサイド リゾート&スパ

6:30 起床
バルコニーにでると、ちょうどサンライズ!

ホテルの部屋については⇒アナンタラ・バンコク・リバーサイドで泊まった部屋

朝食

朝食は1階にあるレストランで6時スタート。7時過ぎに朝食会場へ

外の席ではリバーサイドの景色を楽しむことができる。

冷房の入った涼しい室内席もたくさんある。

朝食はブッフェスタイルで種類はかなり豊富!

卵料理や点心類もたくさん!

朝食はこちらのシンガポール人女性と一緒に。というのも、部屋から朝食会場に来るまでにウロウロ迷っていたら、同じく迷っていたこの女性に遭遇して意気投合。旅行の話題などで楽しいひとときが過ごせた!

この日はあまり食欲がなくて少ししか食べられなかったのが残念。

翌日もここのブッフェを食べるのを楽しみにしていたが、早朝出発のため食べることができなかった(泣)。

ホテル内を視察

8:30 日本人のホテルスタッフによるホテル視察スタート。今回宿泊した「アナンタラ バンコク リバーサイド リゾート&スパ」だけでなく、お隣にある系列の「アヴァニ・リバーサイド・バンコク・ホテル」も視察。

まずは、アナンタラ バンコク リバーサイド リゾート&スパから

広々としたフロント

客室

スポーツジム

スパ

プール

★バンコクで泊まったホテル
★アナンタラ・バンコク・リバーサイド
チャオプラヤー川沿いのリゾートホテルで市街地からは少し離れているが、BTSサパーンタクシン駅から無料シャトル船も出ているのでアクセスはそれほど悪くない。携帯無料貸出サービスがあり、wifi使い放題&通話無料。
オススメ度 star2 star2 star2 star2 star2
詳細⇒Booking.com / Expedia / agoda

続いては隣にある系列の「アヴァニ・リバーサイド・バンコク・ホテル(AVANI Riverside Bangkok Hotel)」へ

アヴァニ リバーサイド バンコク ホテル

2015年12月にオープンしたばかり新しいホテルで、私たちが宿泊したアナンタラ・バンコク・リバーサイドと同じ敷地内にある。アナンタラが低層階で落ち着いた雰囲気であるのに対し、アヴァニは高層階でスタイリッシュでモダンなホテル。

スタイリッシュなデザインの客室

バスタブが窓側にあり川を眺めながらリラックスできる。

ジムやスパも完備されており、屋上にはプールとバーがある。

屋上のプールからはチャオプラヤ川を一望できる!

ループトップバーについては、この日の夜に訪れたので記事後半で!

★バンコクのホテル
★アヴァニ リバーサイド バンコク ホテル
アナンタラ・バンコク・リバーサイドホテルと同じ敷地内にあり、高層階でスタイリッシュなホテル。最上階にはインフィニティプールやルーフトップバーがありゴージャスに過ごすことができる。
オススメ度 star2 star2 star2 star2 star2
詳細⇒Booking.com / Expedia / agoda

一軒家スパ「Divana Nurture Spa」

ホテル視察後はブロガーGo!の仲間とともにタクシーに乗って、「divana NATURE SPA(ディバナ ナーチャースパ)」へ。ブロガーGo!のプログラムでスパ体験!

Divana Spaはバンコク市内に数店舗展開しており、オーガニックハーブを使った自然派スパ。BTSナナ駅から徒歩7分というバンコク中心部にありながら、敷地内に入ると緑に囲まれて落ち着いた雰囲気。

店内にはたくさんのオーガニックグッズが。販売もしている。

まずはウエルカムドリンクを頂いてから

スパに関してのカウンセリング。使用するアロマオイルを選んだり、痛いところを伝えたりと事前に要望を確認してもらうことができる。

カウンセリング後は長い廊下を通って、ひとりずつ個室へ

この日体験したのは「Detoxify Jade Reborn(足湯&ホットストーンマッサージ&ミルキーバス)」という2時間のコースで、料金は3,350バーツ(≒10,050円)。

参考 スパメニュー(公式サイト)

私たちはひとり一部屋で施術を受けたが、カップルなど二人で一緒でもOK。

この日は疲れがピークに達し、かなりの疲労がたまっていたが、施術後はかなり回復して元気に!

施術を終えるとフルーツとお茶のサービスが!

施術の様子はブロガーGo!参加メンバーで黒一点の『いがモバ』さんが詳しくレポートしているのでそちらを参考に⇒男性もお得に自分ケア!バンコク・ディバナスパ体験

14:30 帰りはスコールの中、トゥクトゥクの送迎サービスでナナ駅へ

ナナ駅でブロガーGo!のメンバーと分かれて自由行動スタート!

ターミナル21で激安ランチ

14:45 ナナ駅からBTSで1駅のアソーク駅に直結した商業施設「ターミナル21」へ

5Fのフードコートで遅めのランチ

こんな時間でもかなりの混雑ぶり。フロアはかなり広い。

まずは、COUPONと書かれた窓口でプリペイドカード式のクーポンを買って

オープンキッチン式のブースで料理を選ぶ。

こちらのお店でチキンを注文。

この鶏ごはんはスープつきで30バーツ(≒90円)。あまりの安さに驚いた!

大きいサイズでも100バーツ(≒300円)と安い。

食後はお土産をみたり、地下のスーパーに立ち寄ったりしてから、猫カフェへ

猫カフェ「CATURDAY CAT CAFE」

トリップアドバイザーで近くにある猫カフェを探してみたら「CATURDAY CAT CAFE」という猫カフェが人気でアクセスもよさそうなので行ってみることに。

参考 Caturday Cat Cafe(トリップアドバイザー)

17:00 BTSラチャティウィ駅の2番出口をでると右手にCO-CO WALKという薄暗いモールがあり、

その一角に猫カフェがある。

待たされることもあるとの情報だったが、私が行ったときにはすぐに入ることができた。時間制限もないので、のんびりとしている人が多かった。外国人もそこそこいたので、違和感なく普通に楽しめた。

ダブルベリーのスムージーを注文。138バーツ(≒420円)。かなりのボリュームだった!

飲み物以外にもケーキや軽食など多くの種類があり、パスタなど食べている人もいた。値段はどれもそれほど高くなくて、ケーキが130バーツ(≒390円)とかだった。

猫は20匹位いて日本の猫カフェと同じような雰囲気だった。

懐っこい!

テーブルの下で熟睡している猫。

寝ている猫が多かった。

中に入れない外ネコが気の毒だった。

猫と遊んだりして1時間程まったりしたあとは、ホテルへ

19:30 ホテル着

アヴァニリバーサイドのルーフトップバー

20:00 さとちんさんと一緒に「アヴァニ リバーサイド バンコク」の最上階にあるルーフトップバー『ATTITUDE』

ガラスの仕切りの向こうはチャオプラヤー川沿いの夜景が広がる。

最高の雰囲気!

こちらは屋内席。全面ガラス張りで夜景が一望できる。

帰りにアヴァニホテル1階にあるレストランで夜食をテイクアウト。

野菜と肉の包みもの。130バーツ(≒390円)。味はイマイチだった。

4日目が終了。翌朝は6時に集合して空港へ

ベトナム中部旅行記(目次)
クロアチア旅行記(目次)
ギリシャ旅行記(目次)
中欧旅行記(目次)
スペイン旅行記(目次)
ポルトガル旅行記(目次)
ハノイ旅行記一覧
ドバイ・アブダビ旅行記(目次)
ベトナム・カンボジア旅行記(目次)
トルコ旅行記一覧
北欧旅行記一覧
タイ旅行記一覧
四国旅行記
広島旅行記(目次)

コメントを残す