フィリピン留学にかかる費用

欧米留学に比べると格安と言われるフィリピン留学ですが、航空券代や現地で使う費用などすべてコミコミでいくらかかるのか計算してみました。

私はセブ島の「サウスピーク」という語学学校に4週間留学しましたが、ブロガー招待枠だったため授業料や諸経費が免除されました。そのため、私の留学費用は参考にならないので、ここでは通常の人がフィリピン留学にかかる費用を紹介します。

サウスピークの学内寮(1人部屋)に4週間滞在した場合にかかる費用を計算してみました。サウスピークの学費はフィリピン留学の相場よりやや安めですが、1日当たりの授業時間が少なめなので一概に安いとは言えないかもしれません。

学費&滞在費 :199,800円

以下の費用の合計です。

  • レッスン代(月~金まで1日4時間)
  • 食事代(1日3食、土日もあり)
  • 宿泊費(学内にある寮の宿泊費)

上記はオリジナル校・日本語禁止校の1人部屋料金です。6人部屋だと-7万円、3人部屋だと-5万円。プレミアム校舎はもう少し高くなります。

参考 料金表(サウスピーク公式サイト)

入学金 :15,000円

キャンペーンなどで無料になることもありますが、たいだいどこの学校もこれくらいの入学金がかかります。

教材費 :15,000円

サウスピークでは日本語のテキストを使用するので、指定されたテキストを自分で購入します。通常の語学学校で使用するテキストより高くなりますが、良質なテキストなので留学後も使えることを考えるとコストパフォーマンスは悪くないと思います。

私の場合は、事前学習のテキスト2冊、留学中に使うテキスト5冊で合計約15,000円でした。参考書は持っていたので購入しませんでした。また、ウォークマンの購入も推奨されましたが、スマホで音楽プレーヤーを使ったので購入しませんでした。学校から指定された教材をすべて購入するともう少しかかります。

現地で学校に支払う費用 :25,000円

  • SSP取得費用 7,000ペソ
  • サービスチャージ4,000ペソ(1,000ペソ/週×4)

7,000ペソ+4,000ペソで合計11,000ペソ(25,000円)
※1ペソ=2.3円で計算

SSP(Special Study Permit)は特別就学許可証と言われるものでフィリピンに留学する際に必要なもの。サービスチャージとは、電気代、水道代、光熱費、洗濯代、ネット代、清掃費用、警備費用、学習アドバイザーへの相談費用などです。どこの学校もだいたい同じ金額です。

参考 現地に到着してから必要になる費用(サウスピーク公式サイト)

セブ島までの航空券代 :40,000~80,000円

渡航時期や航空会社により異なりますが、成田~セブ間の往復航空券は、40,000~80,000円位です。

バニラエアやセブ・パシフィックなどのLCCを使うと安く抑えることができます。セール時には往復3万円以下になることもあります。

海外旅行保険 :10,000円

保険に加入すると1万円程度かかりますが、付帯保険のついているクレジットカードがあれば無料にできます。「エポスカード」は持っているだけで自動的に海外旅行保険がついてくるので、持っていない人は作っておくとお得です。

参考 海外旅行保険が無料になるクレジットカード

現地で使う費用 :20,000円

これは個人によってかなり異なりますが、私はSIMカード購入、週末に市内観光、外食8回位、カフェ10回位、スーパーでお菓子や果物を買ったりして1か月で約2.5万円使いました。

勉強中心で学校からほとんどでない生活であれば、1か月2万円もあれば十分だと思います。物価は日本より安く、外食は1回千円以下、タクシーも安いです。

合計 :344,800円

往復航空券代を60,000円として、サウスピークの学内寮(1人部屋)に4週間滞在した場合の留学費用合計は、約34万円になりました。

金額(単位:日本円)
学費&滞在費 199,800
入学金 15,000
教材費 15,000
現地で学校に支払う費用 25,000
往復航空券代 60,000
海外旅行保険 10,000
現地で使う費用 20,000
合計 344,800
  • 寮の部屋をシェアルームにする
  • 航空券をセール時に安く買う
  • クレジットカードの付帯保険を使う
  • 現地で無駄遣いをしない

などをすることでさらに安くすることができますが、それでも1か月のフィリピン留学には最低25万円程度かかると考えたほうがよさそうです。

サウスピークの紹介者割引をご希望の方はメールにてご連絡ください。ご質問もお気軽に!
info★travel-ryokouki.com(★は@に変更してください)

前後の記事



スポンサーリンク

合わせて読みたい(中国)

このブログの運営者
旅行記管理人(70年代生まれ・女)
旅行とネコが好きで、これまでに旅行した国は約40か国。東京のボランティアガイドもたまにやっています。
詳細プロフィール
Twitter
instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です