ベトナム中部(8)ベトナム人宅訪問

ブンボーフエ
スポンサードリンク

この日は前日に知り合ったばかりのベトナム人のお宅へお邪魔してランチをごちそうになってきた。旅行中にベトナム人の家に突如行くことになるとは想像もしていなかったが、現地の人との交流ができてよい経験になった。

ベトナム中部旅行概要
  • 旅行期間:2016年3月27日~4月9日
  • 訪れた場所:ダナン⇒フエ⇒ホイアン
  • 旅行形態/同行者:個人旅行/母親との2人旅
  • 旅行費用:ひとり約8万円(お土産代除く)

2016年4月3日(日)晴れ30℃前後
8:30ホテルで朝食

パン、フルーツはバイキング形式。温かい食事はメニュー表から好きなだけ。

ベトナムではチャーハンも定番!

フエで泊まったホテル 
セレン シャイニング ホテル(Serene Shining Hotel)
観光や食事に便利な立地で、新しくて施設全体がきれいだった。朝食も美味しくて、スタッフの対応もとてもよかったので価格からすると大満足だった!
オススメ度 star2 star2 star2 star2 star2

郊外のベトナム人宅でランチ

前日の夜に橋のライトアップを見ていて知り合ったベトナム人男性のハンさんの家にお邪魔することになった。

10:30 ハンさんと高校生の息子がバイクでホテルへお迎え
前日にバイクタクシー初体験したばかりだったが、またバイクに乗ることになるとは思ってもみなかった。

ホテルから30分位バイクに乗ってハンさん宅に到着。途中田園風景もあり長閑なところ。

田舎の住宅街といった感じ。

家の中には大きな仏壇があり、椅子はベトナム定番のプラスチック椅子だった。

ハンさん宅には子供が3人いて小さな子供たちと遊んだりして時間を過ごした後、奥さん手作りのランチをみんなで食べた。

ライスペーパーに魚を巻いて食べるものや揚げ物など家庭的なものをごちそうになった。

次々にすすめられてお腹いっぱいに!

昼食後はタクシーでホテルに戻り、ホテルで休憩。

ブンボーフエ

フエ最後の夜はフエ名物の麺料理「ブンボーフエ(bún bò Huế)」を食べに、名前が店名になっている有名店『ブン ボー フエ』へ。ホテルから歩いて15分位。

フンボーフエというお店が2つ並んでいる。地球の歩き方に紹介されているのは写真左側のお店で住所が「17 Ly Thong Kiet」。

どっちのお店も味はさほど変わらないらしいが、ガイドブックに紹介されていた左側のお店に入店。

団体さんがいて店内は非常に混雑していた。

すり身団子と肉が入っていてピリ辛。1杯35,000ドン(約190円)

想像より辛かったが、日本人の口に合う味で食べやすかった。

この日でフエは最終日。翌日は朝からホイアンへバス移動。

ベトナム中部旅行記(目次)
クロアチア旅行記(目次)
ギリシャ旅行記(目次)
中欧旅行記(目次)
スペイン旅行記(目次)
ポルトガル旅行記(目次)
ハノイ旅行記一覧
ドバイ・アブダビ旅行記(目次)
ベトナム・カンボジア旅行記(目次)
トルコ旅行記一覧
北欧旅行記一覧
タイ旅行記一覧
四国旅行記
広島旅行記(目次)

コメントを残す