台北(13)『龍緣號』の魯肉飯&『豆花荘』の豆花

この日の夕食はアパート近くの魯肉飯(ルーローハン)のお店で。食後のデザートは豆花の人気店「豆花荘」へ。

台北旅行概要
  • 2017年3月30日~4月5日
  • 個人旅行/母親との2人旅
  • 九份/猴硐/猫空/淡水/茶芸館etc
  • 費用:ひとり6万円

詳細⇒2017台北旅行記一覧

目次【クリックすると各項目へ移動】

『龍緣號』の魯肉飯

2017年4月2日(日)
20:00
朝から九份と猴硐猫村に行って疲れたので、夕食はアパート近くの大衆食堂へ

トリップアドバイザーで宿の近くの飲食店を調べると、『三元號』という魯肉飯の人気店が見つかったのでそのお店へ行くつもりだったが、うっかり通り過ぎてしまい、そのお店の10m位先にある『龍緣號』というお店に入ってしまった。

龍緣號も魯肉飯のお店なので間違えやすい!

魯肉飯(ルーローハン)とは?
台湾の煮込み豚肉かけ飯で、台湾のおふくろの味とも言われる料理。

地元客がひっきりなしに出入りしていたので、地元ではそこそこの人気店と思われる。日本人だとわかると日本語メニューがでてきて対応がよかった。

魯肉飯は赤身肉が多く水分は少な目、八角味がきいていなくて食べやすかった。スープと茹でキャベツも美味しかった。

参考 龍緣號【トリップアドバイザー】
住所:台北市重慶北路二段17號

豆花荘で豆花

夕食後は、近くにある豆花の人気店「豆花荘」へ

いろいろとトッピングしてみたかったが、

上手く伝えられず、出てきたのはコレ。彩がイマイチ…。味はあさっりしていて食べやすかった。

2階席はこんな感じで自由な空間。

参考 豆花荘【トリップアドバイザー】
住所:台北市大同区寧夏路49号

台北の宿泊先
★暮らすように旅ができるAirbnb
今回の台北旅行ではホテル滞在ではなく、アパートの一室に滞在し、旅行しながら現地の生活を楽しんだ。台北駅と中山駅から徒歩5分の立地にあり、どこに行くにも便利だった。
・詳細→ 台北で宿泊したアパートメント(airbnb)
前後の記事

合わせて読みたい(中国)
  スポンサーリンク

このブログの運営者
トラベル旅行記.com(70年代生まれ・女)
旅行とネコが好きで、これまでに旅行した国は約40か国。旅行は年2~3回ペース。東京のボランティアガイドもたまにやっています。
詳細プロフィール
Twitter
instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です