タイ(3)バンコクからホアヒンへ&ホアヒンのナイトマーケット

(写真:ホアヒンの夜市)
(写真:ホアヒンの夜市)
スポンサードリンク

午前中バンコクの王宮エリアを観光したあとは、ホアヒンへ移動。ホアヒンでは素敵なリゾートホテル泊だったが、到着したのは夜で真っ暗。ホアヒンではナイトマーケットに行って楽しんだりもしたが、とにかく疲れた一日だった。

タイ旅行概要
  • 2016年9月29日~10月3日(4泊5日)
  • バンコク3泊&ホアヒン1泊
  • バンコク:3大寺院観光/一軒家スパ/猫カフェ
  • ホアヒン:夜市/象乗り/展望台/ホアヒン駅

詳細⇒タイ旅行記一覧

バンコクからホアヒンへ移動

ホアヒン(Hua hin)とは?
ホアヒン(フアヒンとも言われる)はバンコクから、南西に約200kmの場所にあるビーチリゾート。王室のリゾートして開拓された優雅な避暑地。日本人にはあまり知られていないが欧米人には人気。日本の軽井沢といった位置づけ!?

hua hin map

バンコクからホアヒンへの行き方(アクセス)

バス

バンコクの南バスターミナルから、午前4時~午後10時までの間で30分~40分間隔でバスがでている。所用時間は約4時間。料金は160バーツ(≒480円)。南バスターミナルがバンコク中心から離れているのでちょっと不便。
参考 tourismhuahin.com(bus)

★スワンナプーム空港からの空港シャトルバスが便利!
ホアヒンへ行く場合バンコクへINして空港シャトルバスで直接行ってしまうのが楽で効率的に思う。所用時間は約3時間。大きな荷物も運んでくれて運賃は319バーツ(≒1,000円)。シャトルバスがでているのは、LCCが発着するドンムアン空港ではなくスワンナプーム空港である点に注意。予約は以下よりオンラインでできる。
参考 Bell Travel(オンラインバス予約)

鉄道

バンコクの鉄道の中心「フア・ランポーン駅(Hua Lamphong Train station)」から鉄道で3~5時間(普通・快速・特急・寝台など電車のタイプにより異なる)。1日約10本でている。料金は100~1,000バーツ(クラスにより異なる)。鉄道はバスよりゆっくりだが風情を楽しむことができる。
参考 tourismhuahin.com(train)

タクシー/リムジン

バンコク市内からホアヒンまでタクシーやリムジンで約3時間。ホテルまで直接行ってもらえるので大きな荷物がある場合はこの方法が一番楽。メータータクシーで3,000バーツ前後(≒9,000円)。リムジンはタクシーより高くなるが(車種による)、乗り心地が快適なので予算に余裕がある人や人数が多い場合はリムジンをチャーターしてしまうのもよいかと思う。

ロットトゥ(乗り合いミニバン)

バンコクのビクトリーモニュメント駅からロットトゥと呼ばれるミニバンでホアヒンまで約2.5時間(実際乗ってみたら約4時間かかったが)。値段は180バーツ(≒540円)。
参考 tourismhuahin.com(minivan)

一般情報ではバスやタクシーが約3時間かかるのに対してロットトゥは2.5時間と紹介されているが、この情報を鵜呑みにしてはいけない。今回の旅ではバンコク-ホアヒン間を往復ロットトゥを利用したが、往路復路ともに約4時間かかった。ロットトゥは途中数か所で乗客の乗り降りがあったり、ガソリンの給油で休憩したりと乗車時間+αが結構かかる。もちろん交通事情により所要時間は異なると思うが、2.5時間で着けば相当ラッキーと考えておいたほうがよい。

今回はロットトゥを利用したので、ロットトゥでの行きかたは以下をご参考に!

★ロットトゥでバンコクからホアヒンへ
ビクトリーモニュメント駅前は戦勝記念塔(フランス領インドシナとの国境紛争で戦没したタイ王国軍の兵士を偲ぶ慰霊碑)を中心にロータリーになっており交通量がとても多い。

ビクトリーモニュメント駅前にロットトゥのチケット売り場がある。行き先など英語表記が全くなくタイ語のみだが「ホアヒン!」と言えば通じるので心配無用。

チケットは180バーツ(≒540円)。約200キロの距離にしては安い!

14:30 バンコク発(写真は給油で降車した際に撮影)

満席。シートは結構きつい。スーツケースなど大きな荷物がある場合は、荷物用の座席も確保しておいたほうがよさそう。

途中、ガソリン給油のため20分程休憩。ここでトイレに行くことができる。

妊婦猫がマッサージチェアーでくつろいでいた。疲れ果てていたが猫で少し癒された!

18:30 ホアヒンに到着(ホアヒンマーケット前で降車)
数か所で乗客の乗り降りがあったり、給油、渋滞があったりで結局4時間かかった。

狭い座席での4時間の移動は疲れたので、ホアヒンマーケット内のマックでひと休み

ホテルまで歩ける距離ではないので、トゥクトゥクで移動。300バーツ(≒900円)。

アナンタラ・ホワヒン・リゾートに宿泊

19:30 ホテルに到着。すでにクタクタ…。

ウエルカムドリンクでようやく一息。

バスタブがある素敵なお部屋!

★ホアヒンで泊まったホテル
★Anantara Hua Hin Resort
プライベートビーチでのんびりしたり、緑に囲まれたコテージでリラックスしたりと王室の別荘ホアヒンでの宿泊としては理想的なホテル!
オススメ度 star2 star2 star2 star2 star2
Booking.com / エクスペディア / agoda

約1時間ホテルで休憩したのち、ホテルの送迎バスでナイトマーケットへ

ホアヒンのナイトマーケット

21:30 ナイトマーケットへ

洋服から雑貨まで幅広いお店が出店。

どんどん歩いて行くと奥の方には魚介類など飲食系の屋台エリアも充実していて観光客で賑わっていた。

人がたくさん入っていた「Lung Ja」というこちらのお店で夕食。

写真付きメニューでわかりやすい。そして安い!

お腹いっぱい食べて全部で約500バーツ(1,500円)。海老もおいしかった!

帰りはトゥクトゥクでホテルへ(150バーツ≒450円)

ホテルに戻ってからはバスタブでリラックス。部屋とバスタブは扉で仕切ることもできるが、ひとりなので開放的に!

長かった一日が終了!

素敵なリゾートホテルなのにほとんど滞在時間がなくて本当に残念…。

翌日は午前中ホアヒン観光をしたあと、午後は再びバンコクへ

ベトナム中部旅行記(目次)
クロアチア旅行記(目次)
ギリシャ旅行記(目次)
中欧旅行記(目次)
スペイン旅行記(目次)
ポルトガル旅行記(目次)
ハノイ旅行記一覧
ドバイ・アブダビ旅行記(目次)
ベトナム・カンボジア旅行記(目次)
トルコ旅行記一覧
北欧旅行記一覧
タイ旅行記一覧
四国旅行記
広島旅行記(目次)

コメントを残す