マルタ島(3) マルタ観光:マルサシュロック湾でボートトリップ

午前中はマルサシュロックでボートトリップを体験。午後はバレッタ・スリーマへ行ったが激しい雨が降ってきたので食事と買い物で終わった。

マルタ・南イタリア旅行
  • 旅行期間:2017年11月15日~11月26日
  • マルタ:マルサシュロック3泊、バレッタ2泊
  • 南イタリア:バーリ2泊、アルベロベッロ2泊
  • 個人手配/友人との2人旅
  • 旅行費用:計算中

2017年11月17日(金)3日目
最上階にある朝食会場からはマルサシュロック湾が一望できる。

ハム、チーズ、果物などセルフサービスの朝食。カプチーノはオーナーがいれてくれる。

マルサシュロックで泊まった宿
ポート ビュー ゲストハウス(Port View Guesthouse)
家族経営の小さな宿でスタッフが親切で雰囲気がよかった。内部は改装したばかりで新しく、掃除がとてもよく行き届いていて清潔だった。日曜朝市が開かれる港のすぐそばで、バス停もすぐ近くにある。
詳細記事はこちら⇒マルタ島で泊まったホテル

マルサシュロック湾の風景

マルサシュロック(Marsaxlokk)はカラフルで伝統的な漁村ルッツが湾内に浮かぶマルタ最大の漁村の町。毎週日曜に開かれる朝市には大勢の人が集まるが、平日はとても平穏。観光客もそれほど多くなくて、のどかな雰囲気。

カラフルな小舟ルッツ

ルッツ(Luzzu)」と呼ばれるカラフルな小舟がたくさん浮かんでいる。

この小舟は先端に一対の目が付いているのが特徴で、この目には悪天候や災害から漁師さんを守る魔よけのお守りの意味があるそう。

海岸沿いにはオープンカフェやレストランが並ぶ。

マルサシュロック教区教会

海沿い建っている大きな教会でひときわ目立つ。

屋根の上にはルッツ(小舟)に乗るマリア像がたたずんでいる。

猫が意外と多かった

地元の人の話では、以前ほど猫は多くなくなったというが、それでも結構猫を見かけた。

空き地で日向ぼっこしていた親子猫。

ベンチで気持ちよさそうに眠る猫。

仲良しの猫集団。

マルサシュロック湾でボートトリップ

雨が降ったりやんだりしていたが、晴れ間が見えてきたので、ミニクルーズに参加。

港を歩いていると、ボートトリップの案内がある。歩いていたらおばさんに勧誘された。

この舟に乗って約20分のミニクルーズ。料金は1人5ユーロ。

乗客は私たちの他に2組で、合計7名。ある程度人数が集まったら出発するといった感じ。

工業地帯があるほうまで行って、ぐるっと戻ってきた。

こちらが小舟クルーズの動画(約40秒)↓

バレッタでランチ&スリーマでお土産購入

Cafe Jubilee(カフェ ジュビリー)でランチ

午後はバスでバレッタへ。ものすごい激しい雨が降ってきたので、雨宿り&ランチ。 

地球の歩き方に紹介されていた「Cafe Jubilee(カフェ ジュビリー)」という落ち着いた雰囲気のお店で遅めのランチ。

リコッタチーズが入ったラビオリは美味しかったが、ビーフバーガーはイマイチ。日本のご当地バーガーのような見かけだが、パサパサでジューシー感が全くなかった…。どちらもボリュームはすごかった。

マルタ名物のウサギ料理などもある(私はウサギを食べるのには抵抗があるので食べなかったが)。気軽に入れる雰囲気で、店員さんの感じもよかったので、おススメできるお店である。入り口付近よりも奥の奥が静かで落ち着ける。

参考 Cafe Jubilee Valletta【トリップアドバイザー】

フェリーでバレッタからスリーマへ

夕方になると雨が止んだので、フェリーでバレッタからスリーマへ。料金は1.5ユーロ、乗船時間はほんの数分。

2回のデッキ席。

スリーマ側からみたバレッタの景色。

参考 マルタの交通(準備中)

スーパーマーケットでお土産購入

Tower Supermarketというスーパーマーケットでお土産を購入。

ガイドブックで紹介されていたマルタ土産を購入。「Fig Rolls」というイチジクのペーストが入ったお菓子は、不味くはないけどイマイチの味だった。ピーナッツのヌガーは歯が折れるほど固くて失敗だった。塩、ジャム、トマトペーストなどが無難かもしれない。

マルタ産のお土産(食べ物)はスーパーよりも空港のほうが圧倒的に多いので、帰りに空港で買うのが手っ取り早いように思う。

参考 マルタのお土産(準備中)

買い物後、バスでマルサシュロックの宿へ戻り、旅行3日目終了。


前後の記事
  スポンサーリンク
合わせて読みたい(中国)

このブログの運営者
トラベル旅行記.com(70年代生まれ・女)
旅行とネコが好きで、これまでに旅行した国は約40か国。旅行は年2~3回ペース。東京のボランティアガイドもたまにやっています。
詳細プロフィール
Twitter
instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です