Amazon大セール実施中!

7/17(火)23:59まで
年に1度のビッグセール「Amazonプライムデー」実施中!

Amazon大セール会場はこちら

南イタリア旅行にかかった費用

イタリア

マルタ島&南イタリア旅行(12日間)にかかった費用は合計で約16万円。航空券を抑えられたこともあり、かなりリーズナブルな価格で行くことができた。ここでは(マルタの費用を除いた)南イタリア旅行4泊にかかった費用を計算したのでイタリア旅行のご参考に!

南イタリア旅行記(概要&まとめ)

交通費

今回の旅行は成田~マルタ間の往復航空券を購入し、マルタ滞在中に南イタリアへショートトリップした。そのため、航空券は【成田~マルタ往復】+【マルタ~バーリ往復】を購入した。

日本~マルタ往復の航空券

成田~マルタ往復はターキッシュエアラインズを利用。航空券はサプライス(HISのグループ会社)という予約サイトで購入した。ターキッシュエアラインズのセール時&サプライスのクーポンを利用したので、56,180円/人とかなりお得に購入することができた。

日本発着の航空券はサプライスで買うのがおそらく一番安い。カスターマーサポートの対応もよいので、かなりおすすめ!

成田~マルタの往復航空券 金額
ターキッシュエアラインズ 56,180円

マルタ~バーリ往復の航空券

マルタ~バーリ往復はLCCのライアンエアーを利用。往復航空券+座席指定料金の合計が50ユーロ(≒6,800円)だった。受託手荷物は預けなかったので、荷物代はかからなかった。

マルタ~バーリの往復航空券 金額
ライアンエアー 50ユーロ(≒6,800円)

現地での移動(タクシー・電車)

バーリからアルベロベッロの移動や、アルベロベッロ周辺観光には鉄道を利用した。鉄道料金は高くなかった。タクシーはバーリから空港への移動に利用した。

現地での移動費 ユーロ
鉄道 21ユーロ
タクシー 32ユーロ
合計 53ユーロ(≒7,000円)

内訳は以下の通り。

  • 鉄道(空港⇒バーリ中央駅):5ユーロ
  • 鉄道(バーリ⇒ロコロトンド):5.6ユーロ
  • 鉄道(ロコロトンド⇒アルベロベッロ):1.1ユーロ
  • 鉄道(アルベロベッロ⇔チスチルチーノ):4.2ユーロ
  • 鉄道(アルベロベッロ⇒バーリ):4.9ユーロ
  • タクシー(バーリ駅⇒ホテル):7ユーロ
  • タクシー(バーリ旧市街⇒空港):25ユーロ

交通費の合計

交通費合計 金額
航空券 63,000円 + 現地での移動費 7,000円 70,000円

宿泊費

バーリ2泊、アルベロベッロ2泊の合計4泊で1部屋318ユーロ(≒43,000円)。2人で泊まったので、2で割ると21,500円/人。

ホテルの詳細については宿泊記をご参考に!
バーリで泊まったホテルGatto Bianco
バーリで泊まったホテルLa Muraglia
アルベロベッロで泊まったトゥルッリホテル

宿泊費 金額/人
バーリ2泊+アルベロベッロ2泊(4泊) 21,500円

観光費

ツアーなどには参加せずブラブラと自由に街歩きを楽しんでいたので、観光費はほとんどなかった。唯一かかったのは、アルベロベッロでのトゥルッロソヴラーノ(2階建てのトゥルッリ)の入場料1.5ユーロのみ。

観光費 金額
入場料 1.5ユーロ(≒200円)

食費

朝食は宿泊代金に含まれていたので、食事代はランチと夕食代。地元の庶民派レストランで1人1食1,000円~2,000円程度の食事中心だった。私たちはアルコール類は飲まないので飲み物は水かソフトドリンクを注文。アルコールを飲む人だともっとかかる思う。

ローマ、ミラノ、ベネチアなどの大都市に比べると南イタリアの物価は安いのではないかと思う。観光地にあるレストランでも日本よりやや安いといった印象だった。

食べた食事の一例を紹介すると、

ロコロトンドの庶民派レストランでこれだけ食べて15ユーロ(≒2,000円)。女2人だとお腹いっぱいになる。

アルベロベッロのピザ屋でテイクアウトしたボリュームたっぷりの具だくさんピザが5ユーロ(≒700円)。

食事代は2人で150ユーロ(≒2万円)だったので、10,000円/人

食費 金額/人
食事代 10,000円

合計&まとめ

旅費の集計

交通費70,000円/人+宿泊費21,500円/人+観光費200円/人+食事代10,000円/人
101,700円/人

項目 金額/人
交通費(航空券+現地交通費) 70,000円
宿泊費(4泊) 21,500円
観光費 200円
食費 10,000円
合計 101,700円

・1ユーロ=135円で計算
・端数は四捨五入
・自宅~空港の交通費・通信費(Wifiレンタル)・お土産代は含めていない

南イタリアはツアーだと高いものが多いので、この価格で行けたのはお得感があった!

旅費を抑えるポイント

ローマやヴェネツィアなどのイタリア大都市に比べると南イタリアの物価は安いので、費用をあまり気にすることなく楽しめるのではないかと思う。旅費を安く抑えるポイントは、旅費の大部分を占める航空券代とホテル代。航空券代とホテル代を安くできれば旅費全体がかなりリーズナブルになる。

しかし、せっかくの海外旅行なので、あまり費用にばかりこだわらず、自分が優先したいことにはお金をかけてケチケチしないほうが有意義な旅行になる。私の場合は、航空券をなるベル安く買って、宿泊はそこそこよいところに泊まり、現地では食べたいものを食べる…といった感じ。

個人旅行がおすすめ

南イタリア旅行を個人でまわる場合、鉄道利用がメインとなるが、電車の本数が少ないので短期間の日程でまわるには十分計画をたてる必要がある(楽をするなら、高くなっても車をチャーターして移動するのもアリだと思う)。旅慣れていない人だと個人で計画を立てるのは少し難しいかもしれないが、南イタリアはかわいい街がたくさんあって街歩きが楽しいので、できれば個人で行くことをおすすめしたい。

個人で全部手配するのが大変な場合は、専門の旅行会社に計画を作ってもらうと便利!個人手配より安いことも多いのでお試しを!

海外旅行プランの一括提案【無料】

コメント