上海(11)静安寺のフードコート&静安公園の猫

上海2016

静安寺駅には名前のとおり『静安寺』という立派な仏教寺院があるが、ここへ来た目的はお寺ではなくて猫。静安公園に猫が多くいるとの情報があったので、とりあえず行ってみたら、噂通り猫が結構いた!

上海旅行概要
  • 2016年12月12日~12月15日(3泊4日)
  • 個人手配・ひとり旅
  • 外灘/南京東路/朱家角/豫園商城/下町
  • かかった費用:31,000円

◎概要⇒上海旅行記【概要&まとめ】
◎旅行記一覧⇒2016上海旅行記一覧

静安寺駅直結のフードコート

2016年12月14日(水)
前の記事:下町の路地裏散策&ネコ歩き

14:00 下町散策を終えて、小南門駅から地下鉄で静安寺駅へ

まずは、静安寺駅に直結したフードコートで遅い昼食&休憩。中華料理、韓国料理、鉄板焼きなど種類豊富で値段もお手頃!

きれいで座席も広いので落ち着けた。

入口でこのカードにお金をチャージして、カードで購入する。余ったチャージは返金してもらえる。

辣醤麺を注文。18元(≒300円)。ピリ辛で、具は豚肉・たけのこ・豆腐の角切りなど。素麺に近い感じのやわらかい麺で、味はまあまあ。量が多くて半分くらいでギブアップとなった。

静安公園の猫

静安寺駅の4番出口を出るとすぐ静安公園がある。

公園に入ると早速猫を発見。

じっと石の上に座るネコ。

ビルに囲まれた緑あふれる公園で、園内には池やレストランもある。

地元の人が太極拳をやるなど賑わっていた。

園内には八景園という小さな庭園もあり、

池のほとりでお茶を飲めるらしいがこの日は閉まっていた。

園内にはあちこちに猫がいた。

猫に餌をあげる女性がいて、猫たちは贅沢な餌をもらっていた。

栄養状態がよくてきれいな猫が多かった。

スマホで猫を真剣に撮影する男性。この人はよくここで猫と遊んでいるらしい。

南京東路を散策

17:00 静安公園から地下鉄で南京東路へ行き、南京東路から人民広場まで遊歩道を歩いてホテルへ

初日の夜はこの電動カートで移動したが、今回はお店を覗きながらぶらぶら歩いてみた。

南京東路は、デパート、土産物店などがたくさんある上海随一の繁華街。

途中、マックカフェで休憩。近くのお店で買ったエッグタルトで糖分補給。

暗くなると電光看板が際立つ。

19:00 ホテル着
夕食はテイクアウトした大鶏排(鶏のフライ)とファミマのおにぎり。大鶏排が12元(≒200円)、おにぎりが3.3元(≒55円)。

上海旅行3日目終了。翌日は早朝出発!

上海の宿泊先
ザ フェニックス ホステル上海
中心地にあり、地下鉄駅にも近くてどこに行くのにも便利だった。部屋はシンプルで最低限の設備のみだが、立地重視でリーズナブルに泊まりたい人にはおすすめ!
・詳細記事⇒「ザ フェニックス ホステル上海」宿泊記

快適なホテルに泊まりたい場合は「オークラガーデンホテル上海」がおすすめ。前回の上海旅行で利用したが、サービスも大変よくて文句なしのホテルだった!

スポンサーリンク
 
上海2016
トラベル旅行記.com

コメント