ザ フェニックス ホステル上海に宿泊

上海2016

今回の上海旅行はひとり旅だったので、立地重視でリーズナブルな「ザ フェニックス ホステル上海」に宿泊した。ホステルという名前だが、バス・トイレ付きの個室に泊まったので、普通のホテルとそれほど変わりなく泊まることができた。

上海旅行概要
  • 2016年12月12日~12月15日(3泊4日)
  • 個人手配・ひとり旅
  • 外灘/南京東路/朱家角/豫園商城/下町
  • かかった費用:31,000円

◎概要⇒上海旅行記【概要&まとめ】
◎旅行記一覧⇒2016上海旅行記一覧

上海の中心部にある「ザ フェニックス ホステル上海」に3泊した。「Booking.com」で予約し、スタンダード シングルルーム3泊で17,000円位だった。

ホステルなので共用ルームもあるが、私はドミトリーは苦手なので完全個室の部屋にした。個室だとホテルと同じ感覚なので、ドミトリーが苦手な人でも大丈夫だと思う。

地下鉄の大世界駅から徒歩2分、人民広場駅からも徒歩5分と駅へのアクセスがとてもよい。外灘、豫園旧市街、新天地までも徒歩15分と好立地なので観光には大変便利だった。

朝食はつけることもできるが、近くに飲食店がたくさんあるので、つけなくても大丈夫。私は朝食はつけずに近くの食堂で食べたり、テイクアウトして部屋で食べたりした。

シングルルーム。シンプルだったが清潔感があり、ひとりで泊まるには十分だった。

バスタブはなくシャワーのみ。水量、水温は問題なし。

デスク、TV、電気ポット、ドライヤーあり。冷蔵庫はなかった。

歯ブラシやシャンプーなども一応あったが、品質がよくないので持参したほうがよい。

屋上にはカフェ・バーがあり、飲食したり他の宿泊者と交流することができる。私がどんなところか見るためにちょっとカフェスペースへ行ったら、すぐに外国人に話しかけられて、とてもフレンドリーな雰囲気だった。私はこういうのはあまり得意ではないので、すぐに部屋に戻ったが、他人と交流したい人には非常によい交流の場だと感じた。

窓からは下町の暮らしと高層ビルの両方の風景が。

ホテル前の通りは飲食店がたくさんあり便利だった。

スポンサーリンク
 
上海2016
トラベル旅行記.com

コメント