上海(1)茨城空港⇒上海&外灘の夜景

茨城空港から春秋航空で上海へ。上海初日は、フェリーに乗って外灘の夜景を楽しんだ。

上海旅行概要
  • 2016年12月12日~12月15日(3泊4日)
  • 個人手配/ひとり旅
  • 外灘/南京東路/朱家角/豫園商城/下町
  • かかった費用:31,000円

詳細⇒2016上海旅行記一覧

東京駅からバスで茨城空港へ

2016年12月12日(月)
東京駅からたったの500円で茨城空港へ行けるバスに乗って空港へ

10:00 東京駅八重洲南口3番バス乗り場から乗車

座席は左右2列で十分な広さ。乗車率は6割ほどで、大半が中国人だった。

車内にはトイレ完備、座席横にはコンセントがあり充電も可能。

11:40 定刻通り茨城空港に到着

茨城空港はコンパクトなのでバスを降りるとすぐチェックインカウンター。

保安検査、出国審査もとてもスムーズであっという間に完了した。これは小さい空港ならではの利便性!

バスや茨城空港の詳細はこちらをご参考に!
参考記事 上海へ格安&日中発着で行くなら『茨城上海便』がおすすめ!

茨城空港から上海浦東空港へ

飛行機までは歩いてタラップから搭乗。飛行機を間近にみれるので飛行機好きには魅力的!

13:20 春秋航空9C8988便で上海へ

フライト時間は約200分(3時間20分)

搭乗率は9割以上でほとんどが中国人。子供が騒いだりしていてやや騒がしかった。中華系のLCCなので多少の雑音はガマン!

シートは左右3席ずつ。座席はやや狭いものの短時間なので特に不便はなかった。

機内食は有料だが、持ち込みはOKなので持ち込んで食べている人も多かった。

食事は40元(≒680円)くらい。

飲み物は10元(≒170円)くらい。

15:45 上海(浦東)空港着
(日本との時差1時間:日本が1時間早い)

上海浦東空港は入国審査に時間がかかるとの情報があったので、ある程度の時間は覚悟していたが15分位で通過できた。その後、預けていた荷物が出てくるまで10分ほどかかったので、空港の外にでたのは16:10頃。

両替はATM利用がお得

まずはATMで中国元を調達。空港で両替すると一律50元という高い両替手数料がとられてしまう。クレジットカードを使ってATMからおろした方がよいレートで両替ができる。

上海浦東空港から上海市内へ

浦東空港から市内へのアクセス方法

上海浦東空港から上海市内中心地へのアクセスとしては、

  • リニアモーターカー
  • タクシー
  • エアポートバス
  • 地下鉄(メトロ)

がある。リニアモーターカーが一番速いが、上海中心部から少し離れた「龍陽路」駅までしか行かない(8分、50元)。中心部に行くには、龍陽路からさらに地下鉄かタクシーに乗る必要があり、ちょっと面倒。ただ、最高速度430kmと速くて快適なので一度は乗ってみる価値あり(私は前回の旅行で乗った)!

タクシーは中心まで約50分、料金は約200元(≒3,400円)とそれほど高くないので、スーツケースなどの荷物があるならタクシーが楽で一番よいのではないかと思う。

参考 浦東空港⇔上海市内までの交通事情(上海ナビ)

空港から地下鉄で上海市内へ

今回私は宿泊先が地下鉄駅のすぐ近くだったので、地下鉄を利用した。8号線の大世界駅まで約1時間、料金は7元(≒120円)だった。

券売機でチケット購入。結構混雑していた。

地下鉄で空港から市内へ行く際には、8駅目の広蘭路駅で下車し、同方向の電車に乗り換える必要あり。広蘭路駅で下車しないと、折り返して再び空港方面へ行ってしまう。

夕方と言うこともあり、途中からかなり混雑してきた。私は荷物が少なく、小さめのボストンバッグとショルダーバッグのみだったので混雑していても問題なかったが、スーツケースなど大きな荷物がある場合は地下鉄だと大変かも。

ザ フェニックス ホステル上海&中国風カツレツ

「ザ フェニックス ホステル上海」に宿泊

上海の中心部にある「ザ フェニックス ホステル上海」に3泊した。いつも利用しているBookig.comで予約した。

ホステルなので共用ルームもあるが、私が宿泊したのはシングルルーム。地下鉄の大世界駅から徒歩2分、人民広場駅からも徒歩5分。外灘、豫園旧市街、新天地までも徒歩15分と好立地なので観光には大変便利だった。

シングルルーム。シンプルだったが清潔感があり、ひとりで泊まるには十分だった。

バスタブはなくシャワーのみ。水量、水温は問題なし。

デスク、TV、電気ポット、ドライヤーあり。冷蔵庫はなかった。

歯ブラシやシャンプーなども一応あったが、品質がよくないので持参したほうがよい。

屋上にはカフェ・バーがあり、飲食したり他の宿泊者と交流することができる(私はしなかったが)。

窓からは下町の暮らしと高層ビルの両方の風景が。

ホテル前の通りは飲食店がたくさんあり便利だった。

上海の宿泊先
ザ フェニックス ホステル上海
中心地にあり、地下鉄駅にも近くてどこに行くのにも便利だった。部屋はシンプルで最低限の設備のみだが、立地重視でリーズナブルに泊まりたい人にはおすすめ!

豪華で快適なホテルに泊まりたい場合には、「オークラ ガーデン ホテル 上海」がおすすめ。初めての上海旅行のときにこのホテルを利用したが、日本語が話せるスタッフがいて、サービスも大変よく、駅からも近くて文句なしのホテルだった!

中国風カツレツの夕食

18:30ホテルの人から教えてもらった地元の人気店で夕食

ホテルの斜め前にある「鮮得来」というお店。

店内はこんな感じで結構きれいなので抵抗なく入れた。写真を撮ったときはそれほど人がいなかったが、その後続々と地元客がきて繁盛していた。

入口で食券を買ってから席につく。メニューが中国語で書かれていてよくわからず、きょろきょろしていたら、店内に貼ってあるメニュー写真から選ぶようにジェスチャーしてもらったので、定番と思われるAセットを選択した。

看板料理の「排骨年糕(揚げた豚肉とお餅の甘辛たれからめ)」と「湯葉と薄豆腐の肉詰めスープ」。セットで20元(≒340円)とローカル価格。

名物だけあって、揚げた豚肉はカラッとサクサクでなかなか美味しかったが、豚肉の下にひいてあるお餅は甘いたれがあまり好みではなかった。スープは薄めの味付けでなんともはっきりしない味でイマイチだった。

参考 鲜得来排骨年糕(云南南路店)

35円の格安フェリーで外灘の夜景観賞

食事を済ませたあとは、ぶらぶらと歩いて外灘(英語名:バンド)へ

外灘とは?
外灘(ワイタン、がいたん)は、19世紀後半から20世紀初頭にかけて、租界が置かれたところで、当時のレンガ造りの洋風建築が残る、異国情緒あふれるエリア。地元の市民や観光客が集まる人気のスポット。

「金陵東路」という楽器店がたくさん並ぶ通り15分位歩いて外灘へ

外灘の対岸にある浦東地区のビル群。特に目立つのがピンクにライトアップされている高さ468mのテレビ塔「東方明珠塔(とうほうめいしゅとう)」。

遊歩道をちょろっと散策して帰ろうと思っていたが、たまたまフェリー乗り場を発見したので、乗ってみることに。値段は片道たったの2元(≒35円)と格安!

これが乗船したフェリー。観光用のクルーズ船ではなく、対岸へ移動するための渡し舟。

2階のデッキからはライトアップがみれて、ちょっとしたクルーズを楽しめた!

高層ビル群のライトアップが美しい浦東地区

舟は外灘を離れて浦東地区へ

乗っていたのは中国人ばかりで外国人はいなかった。

こちらは室内席。

約10分ほどで対岸の浦東エリアに到着。

東方明珠塔まで行ってみようと少し歩いてみたが、全然見える気配がないので戻って再びフェリーで外灘へ

外灘の遊歩道には平日の夜でも観光客でいっぱい。ここからの浦東の眺めが美しい!

これは観光用のクルーズ船。前回の旅行ではオプショナル料金3,500円で黄浦江クルーズをした。そのときの様子はこちら

観光用クルーズはベストポジションで時間をかけて上海の夜景を楽しめるのに対して、今回利用した渡し船は対岸へ渡るための手段&中国人観光客向けのミニクルーズといった感じ。とは言え、それなりに夜景を楽しめるので、安く時間をかけずに夜景を楽しみたい人にはおすすめ!!

外灘の建物で特に美しいのがドームのある『外灘12号』と時計台の『上海税関』。

21:00 遊歩道を少し歩いて観光終了。外灘から歩いて南京東路へ

電動カートで南京東路から人民広場へ

中国随一の繁華街と言われている「南京東路」⇒「人民広場」というルートでホテルへ

南京東路から人民広場までは歩行者天国になっていて、観光用の電動カートで移動することができる。歩き疲れていたので、迷わずカートに乗車。運賃は5元(≒85円)。

カートはゆっくり走るので、賑やかな繁華街の景色を楽しめる。

いろいろな種類の電動カートが走っていた。

夜でもこの賑わい。

この迫力ある建物は老舗デパートの「永安百貨」。

人民広場からホテルへ歩いている途中の道にこんな上手な絵を描いている人がいた。

21:30 ホテルに到着、上海1日目終了。


前後の記事


  スポンサーリンク
合わせて読みたい(中国)

このブログの運営者
旅行記Blogger(70年代生まれ・女)
旅行とネコが好きで、これまでに旅行した国は約40か国。東京のボランティアガイドもたまにやっています。
詳細プロフィール
Twitter
instagram

コメントを残す