台北(5)猫空&深坑老街

(写真:猫空の茶芸館「六季香茶坊」)

午前中は永康街で朝ごはんを食べて、雑貨店で買い物。午後からは茶芸館が集まる天空の村「猫空」へ。ランチ&お茶でのんびりと過ごしたあとは、臭豆腐の街「深抗老街」で臭豆腐に初挑戦!

台北旅行概要
  • 2017年3月30日~4月5日
  • 個人旅行/母親との2人旅
  • 九份/猴硐/猫空/淡水/茶芸館etc
  • 費用:ひとり約6万円

詳細⇒2017台北旅行記一覧

「好公道金雞園」で朝ごはん

2017年4月3日(月)晴れ

台北の宿泊先(台北駅近く)
★暮らすように旅ができるAirbnb
今回の旅行では旅行しながら現地の生活を楽しむことができるアパートに滞在した。ホテルよりも安くてお得に泊まることができた!

Airbnbについての詳細⇒Airbnbとは 4,200円のクーポンあり

9:50 宿を出発。MRTで東門駅へ

10:15 永康街にある庶民派人気店「好公道金雞園」で朝ごはん

1階は厨房で中に入りにくそうな雰囲気だが、勝手に奥へ入っていってOK。

階段から2階へ上がっていくとレストランになっている。

ランチはかなり混むらしいが、朝早かったため先客は1組だけだった。

日本語メニューもあるので安心。オーダー表に記入して注文する。

小籠包120元、エビ蒸し餃子140元、あわび粥200元で合計480元(≒1,820円)。

あわび粥は大きなあわびがたっぷり!

小龍包は肉汁たっぷり、海老蒸し餃子はプリプリの海老でどれも満足の味!

参考 好公道金雞園【トリップアドバイザー】
住所:台北市大安区永康街28-1号

近くには小龍包で有名な『鼎泰豐(ディンタイフォン)』があるので、小龍包の食べ比べをする計画だったが、お腹いっぱいでこれ以上小龍包を食べる食欲はなかったので、食べ比べは中止。

11:30頃に鼎泰豐の前を通ったらこの人ごみで、60分待ちだった。さすが人気店!

カワイイ雑貨店「雲彩軒」でお買い物

朝食後はお土産を買いに永康街にある雑貨店「雲彩軒」へ。

お店は小さいが、センスのよい台湾雑貨・アクセサリーが多数揃っている。

品質を考えるとリーズナブルな価格。

カラフルなカワイイ雑貨が所狭しと並べられている。

店員さんは日本語OK。カワイイ雑貨のお土産を買うのにとてもおすすめ!

参考 雲彩軒【トリップアドバイザー】
住所:台北市永康街4巷22号

「猫空」で茶芸&茶葉料理

買い物のあとは猫空(マオコン)へ。「猫」とついているので、猫がたくさんいる猴硐猫村と間違えて来てしまう人もいるのだとか。猫空は猫ではなく、台湾を代表するお茶の一大産地。

MRT + タクシーで猫空へ

12:30 MRTの動物園駅に到着
猫空へは動物園駅からロープウェーで行くことができる。

動物園駅から徒歩5分ほどのところにあるロープウェー駅へ行くと、すごい行列!

行列の最後は建物の裏までいってかなり先…。

炎天下の中、この行列を並ぶのしんどいので諦めようと考えていたら、

タクシーの運転手がやってきたので、迷わずタクシーに乗り込んだ!

動物園駅から猫空までタクシー相乗りでひとり75元(≒290円)。

ロープウェイに乗る目的の人が多いようで、タクシーに乗る人は少数派で、多くの人は炎天下の中ロープウェイに並んでいた。

今回あまりよく調べないで来てしまったが、休日の猫空ロープウィは毎回こんな感じでものすごく混むらしいので、休日は避けるのが無難。平日の朝早い時間は大して混んでいないとのこと。

13:00 猫空に到着(ロープウェイの猫空駅前でタクシー下車)

ロープウェー駅の近くの通りには屋台が出ていて、大勢の人で賑わっていた。

「六季香茶坊」で茶芸&茶葉料理

ロープウェー駅付近は人で賑わっているが、少し奥へ入ると人は少なくなる。

10分位歩くと山の斜面にお茶の段々畑が見えてきて、茶芸館がポツポツ現われてくる。

私たちが訪れたのは「六季香茶坊」。お茶農家が営んでいる。

室内席もあるが、お天気がよかったのでテラス席へ。

電線がやや邪魔しているが、テラス席からは景色が一望できる。

ここの農家で作った「木柵鉄観音」を注文。通常の茶藝館と同じく、茶葉代+お湯代というシステム。

料理はお茶チャーハンとお茶キャベツを注文。どちらも美味しかった!

他の客は、欧米系の観光客1組と地元客が3~4組。地元客は常連のようで、ゲームをしたりして遊んでいた。かなり自由な雰囲気で、居心地良くここで2時間以上ゆっくりと過ごした。

会計は、茶芸2人分(460元)と料理2品(300元)で760元(2,900円)。

参考 六季香茶坊【トリップアドバイザー】
住所:台北市文山区指南路三段34巷53号

お茶のアイスクリーム

六季香茶坊のすぐ近くの茶房でマンゴー&お茶のアイスを購入。

どちらも濃厚で美味しかった!

ここの茶房は茶畑の真上にテラス席があり、眺めが抜群だった!

帰りは猫空ロープウェーに乗車

16:10 ロープウェイ乗り場へ行くと長い行列が…。

約30分並んでロープウェイに乗車。悠遊カード(EASYCARD)OK。

猫空駅~動物園駅までは120元(460円)。乗車時間は30分弱と結構長い!

台北の街を眼下に緑の中を空中散歩。風もなくて天気も良かったので、怖い思いをすることもなく快適だった!

豆腐の町「深抗」で臭豆腐に初挑戦

木柵駅からバスで深抗へ

地球の歩き方に「バスが木柵駅からでているので猫空観光の帰りに足を延ばすのもよい。」と記載されていたので、深抗に立ち寄ることにした。深抗は水がキレイなことから豆腐の生産が盛んで「豆腐の町」とよばれている。

17:45 MRT木柵駅を出て、この通りを渡ったところにあるバス停から乗車。

地球の歩き方には「660」「666」バスと記載されていたが、600、666以外にも深抗に行くバスはあった。バス停に掲示されている路線図をみれば簡単にわかる。

バスが来なかったらタクシーで行こうと思っていたが、すぐにバスが来た!

乗車の際に運転手に「深抗」と書いた紙を見せて確認すれば確実!

深抗老街を散策

バスで10分位で深抗に到着。祝日の影響なのかここもすごい人!

きれいに整備されていて美しい街並み。

大きな鍋でグツグツと豆腐を煮込む豆腐店。臭豆腐店が多数並んでいたが、夜市のような臭いニオイは全然感じなかった。

豆腐アイスのお店

豆腐店以外にもイカフライのお店やパイナップルケーキのお店などいろいろとあった。

臭豆腐に初挑戦

臭豆腐には一生手を出すつもりはなかったが、地球の歩き方には「この町の臭豆腐は夜市に比べて匂いがマイルドで格段においしい。」と書かれていたり、トリップアドバイザーにも「ここの臭豆腐も臭くなくて美味しかった。」とか「串に刺さったやつは臭いがしなくて食べやすかった。」などといったレビューがあったので、もしかしたら大丈夫かもと思って挑戦してみることにした。

行列の出来ているお店に並ぶこと約5分。

近づいても全然臭くない。

野菜を2種類トッピングできて、40元(≒150円)。

口に入れた瞬間は「大丈夫かも」と思ったが、一口噛んだら味わったことのない臭いニオイがしてきて飲み込むことができずにギブアップ! 全く受け入れない体質だとわかった。

同行の母親も全く食べることができず、わざわざ並んで買ったのに廃棄する結果に…。

深抗から台北駅へ

19:00 一通りぶらぶらと散策して、バスで木柵駅へ。帰りのバスは大混雑していた。

木柵駅からMRTで台北駅へ

19:50 台北駅着

安定した美味しさの「水煎包」&「胡椒餅」

台北駅近くで軽く食事をしてから宿へ。

老蔡水煎包

まずは、前回の旅行で食べて美味しかった「老蔡水煎包」へ

メニューは、豚肉、ニラ、キャベツの3種類。1個15元(≒60円)。

台北駅周辺に何店舗かあるが、イートインがあるのは漢口店のみ。

各種類1個ずつ購入。1個が結構ボリュームある。

ジューシーでどれも美味しいが、豚肉が一番!

参考 老蔡水煎包 漢口店【トリップアドバイザー】

福州世祖胡椒餅

老蔡水煎包から歩いて数分のところにある胡椒餅の人気店「福州世祖胡椒餅」へ。

大量のネギを入れて作っている!

お客が絶えない人気店!

1個50元(≒190円)の胡椒餅。

テイクアウトのみでイートインはないので、食べ歩きしながら宿へ。

具だくさんで中はジューシーで美味しい。アツアツなのでやけどに注意!

参考 福州世祖胡椒餅(重慶店)【トリップアドバイザー】

20:40 宿に到着。5日目終了!

前後の記事


合わせて読みたい(中国)

このブログの運営者
Blotra(70年代生まれ・女)
旅行とネコが好きで、これまでに旅行した国は30数か国。東京のボランティアガイドもたまにやっています。
詳細プロフィール
Twitterをフォロー

コメントを残す