上海(9)上海ローカルフード生煎(焼き小龍包)

前日に引き続きこの日も朝食は、ホテル近くのローカル食堂へ。上海のローカルフードとして有名な生煎(焼き小龍包)をテイクアウトした。上海旅行3回目にして生煎を初めて食べたが、とても美味しかった!

上海旅行概要
  • 2016年12月12日~12月15日(3泊4日)
  • 個人手配・ひとり旅
  • 外灘/南京東路/朱家角/豫園商城/下町
  • かかった費用:31,000円

◎概要⇒上海旅行記【概要&まとめ】
◎旅行記一覧⇒2016上海旅行記一覧

2016年12月14日(水)
前日の雨は止んで朝からよいお天気!

ホテル前の通りは飲食店がたくさん立ち並ぶ。

上海の宿泊先
ザ フェニックス ホステル上海
中心地にあり、地下鉄駅にも近くてどこに行くのにも便利だった。部屋はシンプルで最低限の設備のみだが、立地重視でリーズナブルに泊まりたい人にはおすすめ!
・詳細記事⇒「ザ フェニックス ホステル上海」宿泊記

快適なホテルに泊まりたい場合は「オークラガーデンホテル上海」がおすすめ。前回の上海旅行で利用したが、サービスも大変よくて文句なしのホテルだった!

9:00 朝食はホテルすぐ近くの「席永記 湯包館」で。前日の朝晩に続き3回目。

参考記事:席永記湯包館の安くて美味しいワンタン

この日は上海を代表するローカルフード『生煎』のテイクアウト。

中ではおばさんたちが手作りしている。

テイクアウトは、店内のレジで精算は済ませて、レシートと引き換えに商品を受け取る。

焼きたてアツアツ。4個で6元(≒100円)。

おばさんが何かきいてきたがよくわからなかったので何も言わなかったら、ビニール袋の中に生煎をドバっと入れられた。前の人はタッパーに入れてもらっていたので、まさかビニール袋に直接とは衝撃的だった。おばさんはタッパーかビニール袋どちらにするのか尋ねていたということが判明した。

外はカリカリで中にはミンチとスープが入っていて美味しかった!

生煎のお店は上海にたくさんあるので、上海を訪れた際には是非!

前後の記事

合わせて読みたい(中国)
  スポンサーリンク

このブログの運営者
トラベル旅行記.com(70年代生まれ・女)
旅行とネコが好きで、これまでに旅行した国は約40か国。旅行は年2~3回ペース。東京のボランティアガイドもたまにやっています。
詳細プロフィール
Twitter
instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です