スペイン・ポルトガル(4)マドリードからリスボンへ移動&リスボン観光

DSC06327
スポンサードリンク

午前中に飛行機でマドリードからリスボンへ移動しお昼前にリスボンに着いたので、午後はまるまるリスボンを観光することができた。リスボンの街並みはとてもきれいで想像以上によかった。

スペイン・ポルトガル旅行
  • 旅行期間:2014年3月14日~4月3日
  • 旅行形態:個人旅行/母親(シニア・体力あり)との2人旅
  • 訪問都市(スペイン):マドリード、トレド、サラゴサ、バルセロナ
  • 訪問都市(ポルトガル):リスボン、オビドス、ナザレ
  • 旅行費用:約23万円/人(お土産代を除く)

アトーチャ駅から空港バスでマドリッド空港へ

2014年3月18日(火)晴れ 旅行5日目(マドリードからリスボンへ)

7時前にホテルをチェックアウトして、歩いてアトーチャ駅へ

マドリードで宿泊したホテル
アグマル(Agumar)
アトーチャ駅から徒歩10分程の静かなエリアにあり、スタッフも親切。アトーチャ駅からは空港バスやトレド行きの電車がでているので、空港やトレドまで1本で行けて便利だった。

オススメ度 star2 star2 star2 star2 star2 +1

7:11発アトーチャ駅の空港バスに乗って、バラハス空港へバス
アトーチャ駅から空港までは1人5ユーロで乗車時に運転手に支払う。アトーチャ駅からは数人しか乗車しなかったが、途中でどんどん人が乗ってきて立っている人もいた。

空港には約30分で到着。

easyJetでマドリードからリスボンへ

今回マドリッドからリスボンへ行くのに利用したのはイギリスの格安航空会社「easyJet(イージージェット)」。easyJetには10年以上前に乗ったことがあり、当時は遅れなどのトラブルが頻発していたが、現在は遅れなどほとんどない。事前にオンラインチェックインが必須などいくつかの注意点はあるが、基本的な英語が読めれば簡単にWEB予約できる。

航空券(マドリード-リスボン往復)は、1人約90ユーロ(13,000円)だった。大きなスーツケースがあったため航空券にプラスして受託荷物の預け料が約30ユーロ(4,300円)かかった。格安航空会社は受託荷物料金が高い!

寝台列車で行くのも人気!
マドリード-リスボン間は「寝台列車」で行くこともできる。実際に乗った人から以下のコメントを頂いたので参考に!

2016年3月にマドリッド~リスボンまで特等寝台列車を利用しました。車両は新しくコンセントやアメニティetcも揃っていて不自由しませんでした。食堂車での夕食は豪華で美味しく、ワインなどの飲み物も無料でした。朝食は朝焼けを見ながらゆっくりと食堂車で頂き至福の時を過ごしました。
(御来屋さまから頂いたコメントより)

鉄道チケット予約⇒レイルヨーロッパ

バラハス空港のEasyJet乗り場はターミナル1。

まずカウンターで荷物を預けて、セキュリティチェックをしたあと搭乗口へ。格安航空会社の搭乗口は大手航空会社の搭乗口よりも遠い場所にあった。

飛行機の出発時間は10時で、出発まで2時間もあったので、搭乗口にはほとんど人がいなくて静かだった。出発1時間前になったら混雑し始めた。

10:00 マドリード バラハス空港発飛行機

搭乗時間:約1時間20分

まさかの機内でスリ被害に!

同行者の母親がEasyJet内でスリにあってしまった。このことは夜ホテルに到着してから気づいた。前方座席の下に置いてあったショルダーバックの中に入れてあった小さなポーチを盗まれていた。幸い、盗まれたポーチの中にはパスポートや現金など最重要品は入っていなかったので大事には至らなかったが、4,000円程度の価値のものが入っていたのでプチショック。

犯人は隣に座っていた50代位の男性。紳士風のきちんとした身なりの男性だったが、よく考えると、トレイを下げてその上で本を読んでいたり怪しい点はあった。離陸後、私も母親も2人そろって爆睡してしまったので、その隙にやられたのは間違いない!

まさか飛行機の中でスリに遭うとは思ってもみなかった。これ以後スリにはものすごく敏感になり、移動中の貴重品は全てセキュリポーチに入れ、バッグのファスナーは安全ピンでとめるなど注意を払うようになった。

今やこのセキュリティベルトは必需品!

[モンベル] mont-bell セキュリティベルト
mont-bell(モンベル)
売り上げランキング: 1,903

(ここからはポルトガル時間で表示、ポルトガルはスペインより1時間遅れ)

10:20 リスボン・ポルテーラ空港に到着

リスボンの空港からホテルへ(地下鉄)

ホテルまではタクシーでも10ユーロ程だが、ボラれることも多いという情報だったので、地下鉄で移動した。

まず、自動券売機で「Viva Viagem Card」(Bus /Metro daily ticket)を購入(6ユーロ)。買い方は地球の歩き方に書いてあったので、それ通りにやったら簡単に買えた。

「Viva Viagem Card」とはエレベータ、地下鉄、市電、ケーブルカーが1日乗り放題のチケット。エレベータだけでも5ユーロするので複数の乗り物に乗る場合はかなりお得なカードである。

地下鉄レッドラインに乗り「サン・セバスティアン駅」で下車(乗り換えなしで約30分)電車

地下鉄のホーム

ホテルは駅から徒歩5分と近いが、地図をみても方向がよくわからなかったため、地元のおじいさんに聞いたら駅のインフォメーションセンターまで連れて行ってくれた。英語は全く通じなかったが、親切なおじいさんだった。

インフォメーションセンターには日本語が少し話せる男性係員がいて、ホテルまでの行き方を丁寧に教えてくれた。

11:30頃 ホテルに到着
チェックインは14時なので、荷物だけ預かってもらい観光に出発ダッシュ (走り出すさま)
ホテルは地下鉄サン・セバスティアン駅からすぐのところにあり、リスボン市街地までは地下鉄で10分程度で行けるので観光にとても便利だった。

 リスボンで宿泊したホテル 
レアルパルケ(Real Parque Hotel)
地下鉄駅からすぐで、駅にはデパートが隣接していてその中にスーパー、惣菜屋、飲食店などがあり便利だった。室内は広くてバスタブや冷蔵庫もあり、ホテルの人の対応もよかった!

オススメ度 star2 star2 star2 star2 star2 +1

リスボンの旧市街へ

地下鉄でロシオ駅へ。ロシオ駅の外に出ると、フィゲイラ広場。

リスボンの街並み

★フィゲイラ広場:リスボン中心地にある四角い広場。バスやタクシーなどの乗り場がある。

フィゲイラ広場のすぐ隣にはロシオ広場がある。

★ロシオ広場:ペドロ4世像が立つ。典型的なポルトガル風モザイクの石畳。

ロシオ広場の一角で栗を売っている屋台

ロシオ広場近くのレストランなどがたくさんある通り

果物屋さん

サロン風のレストランで昼食

Casa do Alentejo」という地球の歩き方に載っていたお店でランチ。入口がものすごくわかりにくくて、建物の壁にお店の名前が書かれているものの、よく見ないと気づかない。

左側が入口で、ここから入る

建物の中に入って階段を上るとびっくり!
外観からは想像できないほど美しかった。庭みたいになっていて壁にはアズレージョタイル。

17世紀に建てられたイスラム様式の建物とのこと。

レストラン内は雰囲気のあるサロンという感じ

日替わりランチを注文。ご飯は細長くてイマイチだったが、肉はやわらかくて美味しかった。

デザートにはプディン・フラン(左)とライスプティング(右)。
ライスプティングは苦手だったけどプディン・フランは濃厚で美味しかった!
 

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

昼食後はリスボン市内観光!

ロシオ広場の一角から撮った通り

まず最初はロシア広場から歩いて数分のところにある「サンタ・ジュスタのエレベーター」に向かったが、道を間違えてしまい川の方まで行ってしまった。若い女の人に場所を尋ねたら、エレベーターのところまで連れて行ってくれた。ポルトガルの人は親切だった。

サンタ・ジュスタのエレベーター

街なかに忽然と聳える高さ45mの巨大鉄塔。1902年に市民の足として造られた、低地バイシャ地区と高地シアード地区を結ぶエレベーター。眺望スポットとしても人気で、いつも長蛇の列ができるとのことだったが、この日は行列もなくすぐに乗れた。

外観

エレベータ内部。木製でレトロな雰囲気。

エレベータで上へ上って、外へでると美しい眺め!

さらに上へ行く螺旋階段があり、この階段を上ると展望台になっている。螺旋階段を上るには1人1.5ユーロを支払う必要があるが、展望台の眺めの方が断然よいので絶対にのぼった方がよい!

真ん中に見えるのはロシオ広場

カルモ教会。1755年のリスボン大地震を記憶に留めるために崩壊したままになっているらしい。

リスボンの街並みやテージョ川が一望できて最高の眺めだった!!

続いては、サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台へ

ケーブルカー(グロリア線)に乗ってサン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台へ

落書きだらけのケーブルカー

内部はレトロな感じ

ケーブルカーに乗って坂の上まで上ってきたところ。乗車時間は1分程度。

ケーブルカーを降りて右手に歩いて行くと、公園がありその中に展望台がある。

テージョ川からサン・ジョルジェ城まで見ることができる。
この展望台は消臭力のCMが撮影された場所ということで日本でも有名になった。

これが消臭力のCM inリスボン篇

続いては、リスボン観光には外せない「市電28番線」に乗ってみることに。

市電28番線に乗ってみた

市電28番線は、地元の人も普通に利用しているが、観光名所を巡ってくれるので観光客に大人気の名物路線。

28番と書かれた路面電車が来たので、どっち方面に行くかもわからずとりあえず乗ってみた。

市電には何度も乗ったが、女性の運転手さんも多かった

中はレトロ風でこんな感じ

展望台が見えたので、一旦市電を降りてみた。

サンタ・ルジア展望台からはテージョ川を臨むパノラマで美しかった。手前のトタン屋根がボロボロだったのが残念。

サンタ・ルジア教会の外壁にはアズレージョが飾られていてポルトガルらしい

この可愛らしいレトロな路面電車がリスボンの街並みによく合っている

これは広告の入った少しカラフルな車両

大聖堂カテドラル

少し歩くと裏路地へ

猫がいた!

この付近はリスボンで最も古い下町でアルファマ地区と呼ばれる。
昔ながらの庶民の暮らしが残っている。
 

また猫がいた

こんな細い路地を路面電車が通るから驚きである

サンタルジア展望台からの眺め:アルファマ地区のパノラマが素晴らしい

18:00頃 一日観光して疲れたので、逆方向の市電に乗って、元来た場所に戻り、地下鉄でホテルへ

食料調達&ホテルで夕食

ホテル近くのサンセバスチャン駅のすぐ横がデパートで、1階にスーパーや惣菜売り場などがあったので、そこで食料調達して、ホテルで食べた。スーパーはかなり大きくてだいたいのものが揃っていた。

ホテルの部屋。広くて清潔でなかなか快適だった。

スペイン同様トイレはビデ用と二つあった。

 リスボンで宿泊したホテル 
レアルパルケ(Real Parque Hotel)
地下鉄駅のすぐ近くにあり、駅にはデパート(スーパーや惣菜店がある)が隣接していてとても便利だった。広さも十分でホテルの人の対応もよかった!

オススメ度 star2 star2 star2 star2 star2 +1

買ってきた惣菜はボリュームがあって美味しかった。とても立派なタッパーに入っていた。

この日は移動日にもかかわらず、リスボンをかなり満喫できて充実の1日だった。翌日はシントラとロカ岬へ日帰り観光。

ベトナム中部旅行記(目次)
クロアチア旅行記(目次)
ギリシャ旅行記(目次)
中欧旅行記(目次)
スペイン旅行記(目次)
ポルトガル旅行記(目次)
ハノイ旅行記一覧
ドバイ・アブダビ旅行記(目次)
ベトナム・カンボジア旅行記(目次)
トルコ旅行記一覧
北欧旅行記一覧
タイ旅行記一覧
四国旅行記
広島旅行記(目次)

『スペイン・ポルトガル(4)マドリードからリスボンへ移動&リスボン観光』へのコメント

  1. 名前:ゆるり 投稿日:2016/02/04(木) 16:07:03 ID:b36d474e0 返信

    先週、ポルトガル旅行から帰ってきたばかりなので、懐かしく拝見しました。ちょうどエレベーターのあたりで、携帯の容量不足で写真が取れなかったので、上手に細かく撮っておられる写真が嬉しかったです。
    ポルトガルは、物価も安くて、ひとは親切で、良い国ですよね。
    いっぺんで好きになりました。

    • 名前:Blotra(管理人) 投稿日:2016/02/04(木) 17:23:57 ID:24ed59bc6 返信

      ゆるりさん、コメントありがとうございます。携帯の容量不足とは残念でしたね。美しい街並みだとついついたくさんの写真をとってしまいますよね。
      ポルトガルは私もかなり気に入っている国のひとつです。機会があればいつかリスボン以外の都市にも知ってみたいと思っています。

コメントを残す