スペイン・ポルトガル(9)エドゥアルド7世公園&リスボン~マドリード(飛行機)

DSC06724
スポンサードリンク

夕方の飛行機でリスボンからマドリードへ移動。午前中はホテルから歩いて10分程のところにあるエドゥアルド7世公園と付属の植物園をブラブラした足

スペイン・ポルトガル旅行
  • 旅行期間:2014年3月14日 ~ 2014年4月3日(18泊21日)
  • 旅行形態:個人旅行/母親(シニア・体力あり)との2人旅
  • 訪問都市(スペイン):マドリード、トレド、サラゴサ、バルセロナ
  • 訪問都市(ポルトガル):リスボン、オビドス、ナザレ
  • 旅行費用:約23万円/人(お土産代を除く)

旅行概要の詳細: スペイン・ポルトガル旅行記【概要&まとめ】
前の記事:ベレン地区観光

エドゥアルド7世公園

2014年3月23日(日)曇り 旅行10日目(リスボン~マドリード)

9:30 ホテルからぶらぶらと歩いてエドゥアルド7世公園へ

 リスボンで宿泊したホテル 
レアルパルケ(Real Parque Hotel)
地下鉄駅からすぐで、駅にはデパートが隣接していてその中にスーパー、惣菜屋、飲食店などがあり便利だった。室内は広くてバスタブや冷蔵庫もあり、ホテルの人の対応もよかった!

オススメ度 star2 star2 star2 star2 star2 +1

★エドゥアルド7世公園
1902年にイギリス王エドワード7世がリスボンを訪問したことを記念して造営されたフランス式庭園。公園内には熱帯植物園Estufa Fria(エストゥファフリア)がある。

緩やかな斜面を利用した幾何学模様の庭園が美しい!
下方にポンバル伯爵広場、さらにその向こうにはリスボン旧市街やテージョ川が見える。

庭園の両側に遊歩道があるので、公園内を一通り散策足
観光客はそれほど多くなかったが、日本人の中年夫婦が歩いているのを見た。

公園の下の方は2階建て観光バスの停留所になっているようでたくさんのバスがとまっていた。

高台にあったモニュメント。これが何を意味しているのかは不明。

公園内に熱帯植物園があると「地球の歩き方」に書いてあったので、植物園を探すがなかなか見つからず…。レストランの店員さんに聞いたら場所を教えてくれて、遠回りしたがなんとか植物園にたどり着いた。

植物園の前には大きな池があって家族ずれなどがいた。

熱帯植物園 Estufa Fria

ここが植物園の入り口。この日は日曜日で無料開放日だった(通常は3.1ユーロ)。
分かりにくい場所にあるせいか、見学している人はあまりいなかった。

園内はジャングル風で結構広く、種類ごとに分けられた温室がいくつかあり、よく手入れがされていた。

ここはたくさんのサボテンがあるエリア

園内には小さな池や橋などもあって、ちょっとした散策ができる。

公園を出たあとは、スーパーで買い物をしてホテルへ戻り、12:00にチェックアウト

空港までは地下鉄で約30分で到着。

リスボンからマドリードへ(飛行機)

フライトまで2時間以上あったので、スーパーで買ったパステル・デ・ナタを空港のカフェスペースで食べたりした。

パステル・デ・ナタは、ベレンの老舗で食べたのと同じように外側がサクサクしていて中のクリームがとろとろで美味しかったわーい (嬉しい顔)

フライトまであと1時間ちょっとになっても、チェックインカウンターの番号が表示されないのでおかしいと思ったら、ターミナルを間違えていた

搭乗予定のeasyJet(イージージェット)はターミナル2(T2)なのに、ずっとターミナル1(T1)にいたということに気づき、慌ててT2へ移動

外にでるとT2行きのシャトルバスがいたので、それに飛び乗って無事にT2へ行くことができた。危うく乗り遅れるところだった。空港にはかなり余裕で着いたのに、搭乗ゲートに着いたのは結構ギリギリとなってしまった。

T1は主要航空会社、T2は格安航空会社が使用している。T2はかなり小さくてこじんまりとしていた。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

15:10 リスボン・ポルテーラ空港発飛行機

フライト時間は約1時間

(ここからはスペイン時間で表示、スペインはポルトガルより1時間進んでいる)

17:10 マドリード・バラハス空港に到着

地下鉄で宿泊先の「プエルタ・デル・ソル」へ移動。前回滞在中に購入した10回分の回数券(METROBUS)が残っていたのでそれを利用した。空港駅から乗ったので、3ユーロの空港利用料が別途かかった。

Airbnbを利用してアパートに滞在

18:00過ぎ プエルタ・デル・ソルに到着
マドリードでの宿泊先はホテルではなくアパート。これまでアパートメントホテルには何度か滞在したことがあったが、現地の人が住んでいる普通のアパートに滞在するのはこれが初めての経験。

今回借りたアパートはマドリードの中心部にあって駅から徒歩3分という好立地の物件。このアパートは「Airbnb(エアビーアンドビー)」というサービスを利用して探した。

マドリッドの宿泊先
★暮らすように旅ができるAirbnb

今回の旅行ではマドリッドとバルセロナでアパートに滞在した。旅行しながら現地の生活を楽しみたい人にはアパート滞在がオススメ!!

Airbnbについての詳細記事⇒Airbnbとは

アパートのホストとは事前にメールでやりとりをして、チェックインの時間などを確認していたので、アパートに到着してインターホンを鳴らすとすぐにホストがでてきた。

ホストは20代の青年。シャワーの使い方やゴミだしのルールなどの説明をしてくれて、鍵を受けとり、無事にアパートを借りることができた。

アパートの外観と階段部分。今回借りた部屋はこの階段を上った2階の奥にあった。
 

ロフト部分にベットがあって、キッチンやテーブルなど一通りのものが揃っていた。
 

スーパーで買い物&夕食

アパートのすぐそばに小さなスーパー(カルフール)があったので、そこで食料を調達。部屋に戻ってきたときに困ったのが、ドアの鍵。普通に回しても全然開かない…。この日は隣の部屋のおじさんに空けてもらって無事に中へ入ることができたが、翌日も開けることができず、言葉が通じないながらも管理人のおじさんに何回も教えてもらってようやく鍵を開けるコツがわかった。

バルセロナで泊まったアパートの鍵もここと同じで、開けるのにちょっとしたコツが必要だった。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

夕食は日本から持ってきたカップラーメンとスーパーで買った野菜とハム。
スペインのスーパーはカット野菜が充実していて、価格も手頃で便利だった。

翌日は2階建ての観光バスに乗ってマドリード観光。

ベトナム中部旅行記(目次)
クロアチア旅行記(目次)
ギリシャ旅行記(目次)
中欧旅行記(目次)
スペイン旅行記(目次)
ポルトガル旅行記(目次)
ハノイ旅行記一覧
ドバイ・アブダビ旅行記(目次)
ベトナム・カンボジア旅行記(目次)
トルコ旅行記一覧
北欧旅行記一覧
タイ旅行記一覧
四国旅行記
広島旅行記(目次)

コメントを残す