音声翻訳機ポケトークが1万円値下げ販売中!

ポケトークSが誕生。ポケトークWは1万円値下げ!

ポケトークS音声翻訳機

音声翻訳機市場で圧倒的な国内シェアNo1を誇るポケトークに新モデル「POCKETALK(ポケトーク)S 」が発売されます。

ポケトークSでは、カメラ翻訳機能の追加、本体サイズの小型化などより使いやすくなりました。

そして、新モデルの発売に伴い、従来モデルのポケトークWの価格が1万円値下げとなりました。

\ 公式サイトで購入すると10%還元 /
【お知らせ!】ポケトークS発売に伴い、ポケトークWが1万円値下げ!
>>ポケトーク公式サイトicon

ポケトークSに追加された機能

ポケトークSに新たに追加された機能は以下の通りです。

  • カメラ翻訳
  • 現地単位変換
  • 現地時刻表示
  • 英会話学習機能
  • メダル獲得
  • 国旗での言語選択が可能

カメラ翻訳機能

ポケトークSの一番大きな特長は、カメラを搭載してカメラ翻訳ができるようになったことです。カメラで外国語の文字を撮影すると、55の言語を自動で認識して、翻訳してくれます。複数の言語が混ざって写っていても翻訳が可能です。 翻訳した画像は100枚まで保存でき、読みたい部分をタップすると、詳細の確認もできます。

>>カメラ翻訳対応言語一覧icon

海外旅行をしていると、メニューなどが外国語でわからずに困るという場面に結構出くわします。そんなときにポケトークでサクッとカメラ翻訳ができれば便利です。

ポケトーク カメラ翻訳
レストランのメニューが読めないときに便利です。

現地の単位を換算

通貨や長さなどの現地の単位を換算できる機能が追加になりました。これは海外旅行では便利ですね。 特に通貨単位が複雑な国では、買い物のときにさっとポケトークで単位換算できるのは便利ですね。
※ 為替は円、ドル、ポンド、元、ペソなど150種類の通貨を双方向に換算できます。

ポケトークS 現地単位の換算
海外滞在中は、右上のアイコンをタップすると、その地域で使われている通貨・単位に自動で切り替わります。

現地の時間を自動表示

ポケトークSのロック画面には自動で現地時間が表示されます。

ポケトークS 現地時間自動表示
現地時間と前にいた国の時間が自動表示されます。

AI英会話レッスン機能

英語学習でポケトークを使う人のための英会話レッスン機能です。質問に答えると、AIが答えを返してきます。

ポケトークS 英会話機能

その他の新機能に関しては、確かにあると便利ですが、個人的にはあまり使わないかなぁと思います。

>>ポケトーク公式サイトicon

ポケトークSとポケトークWを比較、違いは?

性能

翻訳性能に関しては、ポケトークWもポケトークSも同レベルです。

翻訳はインターネット上のAIが行なうので、ポケトークSもWも同レベルの翻訳結果となります。

サイズ・重量

ポケトークS ポケトークW
重量 75g 100g
液晶画面 2.8インチ 2.6インチ
本体サイズ 幅53.8×厚み11.5×高さ91.6mm 幅59.8×厚み15.8×高さ110mm
ポケトークSとWの比較
出典元:ポケトーク公式サイト

ポケトークSは本体サイズはやや小さく、薄くなったにもかかわらず、液晶画面サイズはWよりも大きくなりました。また、重量も軽くなり、さらにコンパクトになりました。 小型サイズのスマホのような見た目になりました。

バッテリー

バッテリーの持続時間は従来型ポケトークWのほうが長いです。ポケトークSは本体サイズが小さくなった分、バッテリー容量も小さくなっています。

ポケトークS ポケトークW
バッテリー 1200mAh 2200mAh
連続待受時間 約60時間 約240時間
連続翻訳時間 約270分 約420分
充電時間 約105分 約135分

私がポケトークWを海外旅行で使ったときには、フル充電しておけば、丸2日は使えるといった感じでした。ポケトークSはバッテリー容量が小さくなりましたが、それでもフル充電しておけば丸1日は十分もつと思います( 旅行で使う場合)。

どちらもUSB Type-Cで充電できるので、モバイルバッテリーで外出先で充電することも可能です。

値段

ポケトークS ポケトークW
グローバル通信なし 24,800円 18,000円
グローバル通信2年付き 29,800円 19,800円
ドラえもん特別セット
(グローバル通信2年付き)
34,800円

ポケトークSの発売に伴い、従来品のポケトークWが 29,880円→19,800円に1万円も値下げされたのは衝撃的です。ポケトークWの翻訳性能はポケトークSと同じなので、できるだけ安く買いたいという人にはポケトークWの値下げは朗報です。

私はポケトークWを1年以上愛用していますが、使い勝手も良くて大きな不満はありません。ポケトークWでも十分使えます。

グローバル通信とは?
  • WiFiがない環境でも使える
  • 契約不要で2年間使い放題
  • 設定不要で購入後すぐ使える

>>WiFiなしで使える国と地域(公式サイト)icon

ポケトークWとポケトークSどっちを買えばよい?

ポケトークSはポケトークWよりも進化していますが、音声翻訳の性能には大きな差はなく、最も大きな違いは「カメラ翻訳の有無」です。よって、カメラ翻訳機能が不要で、できるだけ安く買いたいという人はポケトークWがおすすめです。 ポケトークWはポケトークSよりも1万円も安いです。

ポケトークWとポケトークSの違い・比較

実際に私はポケトークWを約1年使っていますが、海外旅行や外国人との会話ではポケトークWがあれば会話が成立し、満足しています。音声翻訳が目的であればポケトークWでも十分使えます。

多少値段が高くても、「カメラ翻訳機能も欲しい」「軽くて小さいサイズのほうがよい」という人は最新のポケトークSを選ぶのがよいでしょう。 私はカメラ翻訳機能も欲しいのでポケトークSを購入予定です。

ポケトークSの弱点は?

ポケトークSはポケトークWより進化していますが、唯一劣っている部分は「バッテリー持続時間が短い」ことです。とはいえ、ポケトークSでも海外旅行では毎日充電すれば不自由なく使えると思います。

>>ポケトーク公式サイトicon

ソースネクスト公式サイトで買うと10%還元でお得!

ポケトークはアマゾンなどでも購入できますが、基本的に値引きはされていないので、どこで買ってもほぼ同じ値段です。それなら購入時にポイントがたまるところで買ったほうがお得です。

ポケトークの販売元であるソースネクスト社の公式ウェブサイトでポケトークを購入すると 10%ポイント還元 の『ソースネクストeポイント』がたまります。

>>ソースネクストeポイントについて(公式サイト)icon

ソースネクストeポイントはGポイントを通じて他社のポイント(アマゾンギフト券、WAONポイント、Ponta、Tpoint、LINEポイントなど)に交換できるので、ポイントが無駄にすることなく使えます。

 「ポケトークS」の予約受付中 !

ポケトークSは2019年12月6日に発売予定です。ソースネクスト社の公式サイトと家電量販店で予約受付を開始しています。

  • グローバル通信なし(24,800円・税別)
  • グローバル通信2年付き(29,800円・税別)
  • ドラえもんEdition特別セット【WEB限定】(34,800円・税別) ※ 2年グローバル通信付き
買い替え応援サービス

すでにポケトーク(初代モデル、Wシリーズ)や 他社翻訳機を持っている人を対象に、下取りサービスをしています。ポケトークSが最大5,000円割引になります。

ポケトークSの本体カラーは、 グローバル通信2年付きは ホワイト/ブラック/ゴールド/レッドメタルグレー /メタルグリーンの6色です。

ポケトークS カラー
レッドメタルグレー とメタルグリーン はWEB限定販売。

グローバル通信なしモデルのカラーはホワイトの1色のみとなっています。

\ 公式サイトで購入すると10%還元 /

コメント