旅行・街歩きにおすすめの斜め掛けバッグ>>

POCKETALK S Plusの口コミ・レビュー、使ってみた感想

ポケトークSプラス音声翻訳機

ポケトークの大画面モデル「ポケトークS Plus」が発売になりました。大きくなり、見やすさや操作性がさらに上がったので、高齢者にも使いやすくなりました。

ポケトークSとポケトークSプラスに翻訳性能の差はありません(画面サイズやバッテリー容量が異なる)。

POCKETALK S Plusとは?

POCKETALK S Plusは、ポケトークのハイエンドモデルである「ポケトーク S」の姉妹品です。ポケトークSと機能、翻訳精度は全く同じですが、本体サイズが約1.85倍大きくなり、バッテリー容量が約1.3倍になりました

コンパクトサイズを重視する人はポケトークS、画面の見やすさを重視する人はポケトークS Plusを選ぶのがよいでしょう。

ポケトークSよりも一回り大きいので、操作性がよく、文字を大きく表示させることができます。

▼見た目はスマホそっくりです

サイズ感としては、スマホより一回り小さいといった感じです。

>>ポケトーク公式サイトicon

POCKETALK S Plusの基本スペック

ポケトークS Plus
音声翻訳55言語
画像翻訳55言語
主な機能音声翻訳、カメラ翻訳、AI会話レッスン、単位換算
画面サイズ123 x 65 × 11mm
重量125g
バッテリー1550mAh(連続翻訳時間約5.5時間)
スピーカー
マイク
3.0Wスピーカー × 1
ノイズキャンセリング機能搭載デュアルマイク
価格31,800円(税抜)

詳細なスペックは公式ウェブサイトで確認できます
>>ポケトーク公式サイトicon

ポケトークS、Sプラス、W の違い

2020年8月現在、ポケトークには3種類のモデルがあります。違いをざっくりと比較したのが以下の表になります(公式サイトより)。

  • 翻訳機能・性能はどれも同じ
  • カメラ翻訳・AI会話レッスンができるのはポケトークSとSプラス
  • ポケトークWは価格が安い!

さらに詳しい比較は公式ウェブサイトで確認できます
>>ポケトーク公式サイトicon

▼ポケトークWの詳細記事はこちら

ポケトークWの口コミ・評判、実際に使ってみた感想や気になった点
ポケトーク(POCKETALK)の口コミ、使い方、海外旅行で使った感想、使いこなすコツや注意点などポケトークについて徹底解説します。

▼ポケトークSの詳細、SとWの違いについてはこちら

ポケトークSのレビュー。ポケトークWとの違いを徹底比較!
音声翻訳機市場で圧倒的なシェアNo1を誇るポケトークに新モデル「POCKETALK(ポケトーク)S 」が登場しました。ポケトークSでは、カメラ翻訳機能の...

ポケトーク S Plusのレビュー

同梱物

  • 本体
  • USB充電器
  • 充電用USBケーブル
  • スターターガイド、取扱説明書
  • ユーザー登録カード・保証書

いずれも大きなものはなく、コンパクトな箱に入っています。

外観・大きさなど

ポケトークSプラスの本体は高さ12.3mm、幅65mm、厚み11mm です。重さは125gです。やや小さめのスマホといったサイズ感です。

▼翻訳ボタン1個でシンプルです

▼ポケトークWと比べると液晶画面はかなり大きくて見やすいです

左:ポケトークW、右:ポケトークSプラス

▼背面にはカメラ、側面には電源ボタン、音量調整ボタンがついています

▼スピーカーとマイクは上部にあります

各種設定方法

設定画面で明るさ、文字サイズ、ロック画面の設定など各種設定ができます。

音声翻訳

使い方は、翻訳ボタンを押して話しかけるだけです。

▼画面上で即座に翻訳結果が表示され、音声が再生されます

▼中央にある矢印で翻訳する言語を切り替えることができます

この状態で英語を話すと日本語へ翻訳されます

明石家さんまさんのCMでもおなじみですが、ポケトークの翻訳精度はかなり高いです。日常的な会話ならほぼ問題なく成立します。

▼長文も即座に翻訳します。

グーグル翻訳との違いは?

Google翻訳もかなり翻訳精度が高いですが、Google翻訳はグーグルのエンジンのみを使っているのに対して、ポケトークはその言語で一番精度のよいエンジンを選択して使っています。

また、ポケトークの読み上げ音声は、東芝製のエンジンを利用しており、とても自然です。

カメラ翻訳

カメラ翻訳は、撮影した文字を翻訳できる機能です。

カメラ翻訳は現在、55言語に対応しています。
>>カメラ翻訳対応言語一覧icon

▼翻訳したい文章にカメラを向けて、文字を撮影します
(何語かわからなくても自動翻訳されます)

▼翻訳結果が表示されます。

翻訳結果は履歴から確認できます。

外国語のパンフレットなどをカメラ翻訳してみましたが、だいたい内容は理解できたので、精度は高いと感じました。

カメラ翻訳は海外旅行で活躍しそうです。

会話レッスン

2020年8月現在、レッスンの対応言語は英語と中国語です。
(今後のアップデートで他の言語も追加されていく予定です)

空港やホテルなど旅行を想定したシーンがあり、シーンごとのレッスンがあります。

質問に答えるとAIが判別して返事をします。

発音が悪いと、「わかりませんでした。」と言われるので、自分の発音の弱点などもつかめます。

語学学習を真剣にやるというよりは、気軽に会話レッスンを楽しむといった使い方がよいと思います。人目を気にせずに会話ができるので、しゃべる練習には最適です。

AI会話レッスン機能(英語)|POCKETALK(ポケトーク)

単位変換機能

通貨、重さ、温度、長さの単位変換ができます。

▼通貨をタップして通貨を設定後、上段に金額を入力すると下段に換算した金額が表示されます。

海外旅行での買い物のときなど便利な機能ですね。

ポケトーク S Plus まとめ

ポケトークSと機能は同じで、画面サイズが大きくなったポケトークSプラス。大きいだけあって、ポケトークの中で使い勝手は一番よいです。

文字も大きく、操作もしやすいので、高齢の方には特におすすめです!

ポケトーク 3モデルの特長

  • ポケトークS⇒コンパクト(名刺サイズ)
  • ポケトークSプラス⇒大画面でみやすい
  • ポケトークW⇒価格が魅力的!

詳しくは公式サイトで確認できます。
>>ポケトーク公式サイトicon

コメント