ポケトークWの初期設定方法、箱を開けたらすぐに使える?

ポケトークW付属品 音声翻訳機

新型ポケトークW(POCKETALK W)が発売となり、私も早速入手しました。初代ポケトークはSIM設定が面倒でしたが、新型ポケトークWはSIM設定が不要となりました。購入して箱を開けてから使えるようになるまでの設定についてご紹介します。

ポケトークWの製品概要

私は発売日前に製品発表会でポケトークWを体験してきたのですが、初代ポケトークの不満点が改善されて驚くほど進化していました。実際に操作をしてみて、海外旅行で十分使えるレベルだと強く確信したので、何の迷いもなく即予約をしました。

私は英語に関しては海外旅行で何とかなるレベルなので、わざわざ翻訳機を買う必要性は感じていなかったのですが、ポケトークWを体験したら即買いだと感じました(世界74言語対応、緊急時に安心、語学学習にも使えるなどの理由で)。なので、翻訳機が欲しいと思っている人や英語が苦手で海外旅行が不安な人などは間違いなく満足すると思います!

POCKETALK Wの特徴

  • 英語や中国語、韓国語ほか、74言語を通訳する
  • クラウドで正確な翻訳を実現
  • タップして話すだけの簡単操作
  • 世界105ヵ国で使える

POCKETALK Wの価格

  • POCKETALK W(グローバル通信無し): 24,880円
  • POCKETALK W+グローバル通信2年付 : 29,880円

ポケトークWのレビュー、初代と新型ポケトークWの比較についてはこちらをご覧ください。

新型ポケトークWシリーズのレビュー!見やすくて使いやすくなった!
超人気の小型翻訳機ポケトークに次世代モデル「ポケトーク W(POCKETALK W)」が登場しました。2018年9月7日発売ですが、ポケトークW製品説明会にて一足早くにポケトークWを体験してきました。 初代モデルとほぼ同じ値段なのに性...
新型ポケトークWと初代ポケトークの違いを徹底比較!
人気の音声翻訳機ポケトークに次世代モデル「ポケトークWシリーズ」が誕生しました。ポケトークWは初代ポケトークと比べて驚くほど進化しました。初代ポケトークと新型ポケトークの違いについて比較してみました。

ポケトークWが届きました

2018年9月7日、新型ポケトークW発売日に我が家にポケトークがやってきました。明日から外国人の友達が来日するのでちょうどよいタイミングです。実際に使った感想は別途レビュー予定です。

ヤマトの宅急便コンパクトで届きました。
ポケトークW宅急便

私はソースネクストの公式サイトで、「ポケトークW(グローバルSIM2年付き)」+「ワイド延長保証サービス」+「画面保護シール」の3点を購入しました(一番左のはワイド延長保証の利用規約)。合計36,434円でした。
ポケトークW購入物

ポケトークの箱を開けると入っているのが、「①本体、②USBケーブル、③Helloと書かれた紙(裏に電源の入れ方が書かれている)、④登録カード&保証書、⑤中国での利用について書かれた紙、⑥取り扱い説明書」の6点です。
ポケトークW付属品

※ポケトークの表面が汚れているように見えますが、これは画面保護シールを貼る際に空気が入ってしまったためです。

ポケトークWのカラーは白・黒・ゴールドの3色ですが、私はゴールドにしました。ゴールドと言っても金ピカではなく上品な感じで落ち着いた色です。

外観

USB充電ポートは本体の底面にあります。
ポケトークW USB挿入口

電源ボタンは右側面にあります。電源を入れる/切るには4秒以上長押しします。軽く押せばスリープ/スリープ解除になります。スリープ状態にしておけばすぐに使えます。
ポケトークW 電源ボタン

左側面にはSIMカードスロットがあります。nano-SIMを挿入できます。私はSIM内蔵モデルを購入したのでSIMカードスロットを使う機会はなさそうです。
ポケトークW SIMカードスロット

本体上にスピーカーがあります。初期設定では最大になっていて大音量でした。
ポケトークW スピーカー

初期設定の流れ

届いた段階ですでに充電されているのですぐ使うことができます。

充電するには本体に付属のUSBケーブルを挿入します。USBケーブルをコンセントから充電するには別途市販のUSB充電器が必要です。
ポケトークW充電方法

充電時間はどれくらい?
・普通の充電器を使用の場合(1.0Aで充電した場合の目安) 約6時間
・急速充電器を使用の場合(2.4Aで充電した場合の目安) 約2時間30分
ポケトーク公式サイト よくあるお問い合わせiconより)

電源を長押しすると、こんな画面が表示されます。
ポケトークW初期設定1

次に言語設定画面になります。日本語を選択して、右上のOKボタンを押します。
ポケトークW初期設定2

▼使用許諾を読み、「使用条件を確認しました」にチェックをいれて、「同意する」を押します。
ポケトークW初期設定3

▼「あなたは成人ですか?」に「はい」と答えます。
ポケトークW初期設定4

▼モバイル通信の有効化画面になり、完了すると「接続できました」と表示されます。これは自動的に行われるので何もする必要はありません。
ポケトークW初期設定5

▼WIFI設定画面が表示されますが、ここでは左下のSKIPを押しました。WIFI設定は後でもできます(後述)。
ポケトークW初期設定6

▼この画面になったら、翻訳ができます。
ポケトークW初期設定7

電源を入れてから、翻訳ができるようになるまでには3分もあれば十分です。私は写真を撮りながらやっていたのでもう少し時間がかかりましたが。

何かを設定するというわけではなく、使用許諾に同意したり、成人確認のOKを押すだけです。初代ポケトークのようにSIMカードを自分で入れて設定するなどの手間は一切ないので、機械が苦手な人や年配者でも簡単にできます。

▼ポケトークを使っている動画です

>>ポケトーク公式サイトはこちらicon

各種設定(Wifi・音量・文字サイズetc)

ポケトークWでは各種設定はタッチパネルでできます。スマホのように直感で操作できるので、説明書を読まなくても簡単に設定できます

画面左上の三本線マークをタップすると設定画面が開きます。
ポケトークW設定画面を開く

これが設定画面です。タッチパネルなので直感でできます。音量バーで音量調節ができます。
ポケトークW設定画面

文字サイズ

小~最大まで4段階の大きさに設定できます。
ポケトークW設定 文字の大きさ

明るさの調整

ポケトークW設定 明るさ

スリープまでの時間

デフォルトは1分になっています。
ポケトークW設定  スリープまでの時間

WIFI設定

WIFIをONにすると、飛んでいるWifiの一覧が表示されます。
ポケトーク設定W WIFI設定1

接続したいWifiを選んでパスワードを入力します。キーボードが小さいので少し押しにくいですがが、設定は一度するだけなので我慢するしかありません。
ポケトーク設定W WIFI設定2

Wifiに接続されると、「接続済み」と表示されます。
ポケトーク設定W WIFI設定3

使用エリア設定

中国ではインターネットへの通信規制が行われているため、Wifi接続した場合翻訳できない場合があります。その場合には「中国」に設定すると翻訳機能が使えるようになります。
ポケトークW競って 使用エリア

言語設定

言語設定はタッチパネルで選択することもできますが、音声で一発検索ができます。74言語あるので音声で設定したほうが簡単です。

以上、ポケトークWを購入してから使うまでの流れを紹介しました。スマホを普通に使える人なら画面を見ながらタッチしていくだけで数分でできてしまいます。

ポケトークWを使った感想については、海外旅行などで実際に使ってみてからレビューする予定です。

コメント