ポケトークの口コミ・評判、実際に使ってみた感想・まとめ

ポケトークW付属品 音声翻訳機

ポケトークの各種設定~海外旅行で実際に使用して現地の人と会話した感想・使用するときのコツや注意点について徹底解説します!

この記事を読めばポケトークについてほぼ理解できると思いますので、ポケトークを買おうかどうか迷っているという人は是非ご参考に!

ポケトーク (POCKETALK)とは

POCKETALK(ポケトーク)は超小型の音声翻訳機で、2018年日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞を獲得した人気商品です。英語、中国語、韓国語、ロシア語、フランス語、タイ語、ベトナム語など74言語に対応しています。

双方向のコミュニケーションができる(日本語を外国語に翻訳するのはもちろん、外国人が話した言語を日本語に翻訳してくれる)ので、より深いコミュニケーションができます。旅行やビジネスはもちろん、語学学習など幅広く活用できます。

上手に使えば下記動画のように外国人とコミュニケーションをとることができます。

初代(旧型)ポケトークと新型ポケトーク

2017年12月に発売された初代ポケトークは予約殺到で買えないほど爆発的にヒットしましたが、使いやすさの点ではイマイチというデメリットがありました。

それを解決したのが、2018年9月に発売されたポケトークW(通称 新型ポケトーク)です。明石家さんまさんが出演してるCMで一気に有名になりましたね。

新ポケトークは初代ポケトークの不満点が改善されて非常に使いやすくなりました。また、SIMの難しい設定なども一切不要で、購入したらすぐに使えます。

本記事で紹介する内容は、ポケトークW(新型ポケトーク)についてです。

>>ポケトーク公式サイトicon

ポケトークでの双方向の会話

ポケトークで会話をしてみました。「日本語→中国語」⇒「中国語→日本語」の順に翻訳しています。

▼ポケトークで会話をしている動画です(日本語を話しているのは私です)

このように双方向でのコミュニケーションができます。

ポケトークはこんな人・こんな場面におすすめ!

  • 簡単な操作で使える高精度の翻訳機がほしい
  • 海外旅行・出張での外国人との会話、トラブル時の対応に
  • 外国人のお客様の対応に
  • 語学学習の補助として文法や発音のチェックに
  • 海外旅行が好きな両親・友人へのプレゼントとして
海外でスリに合った場合、保険の適用を受けるにはには現地警察で証明をもらう必要があります。英語ができないと警察とのやり取りに苦労しますが、ポケトークがあれば双方向の会話ができます。海外での緊急事態の際、ポケトークを持っていると安心です。

スマホの翻訳アプリとポケトークの違いは

「Google翻訳など優れた無料アプリがあるのに高額な翻訳機がなんで必要か?」と思うかもしれませんが、海外旅行中に翻訳アプリを使いこなすのはとても難しいのです。確かにGoogle翻訳の翻訳精度は高く便利ですが、旅行先などで使いたいときにすぐに使えるかというとそうでもないのです。

私は実際にイタリア旅行のときに翻訳アプリで現地の人とコミュニケーションをとろうとしましたが、アプリの起動に時間がかかったり、周囲が騒がしかったりしてうまく使えませんでした。

ポケトークが翻訳アプリより優れている点

  • 起動が速い(約1~3秒)
  • 人混みや騒がしい場所でも人の声を認識しやすい
  • バッテリーの持ち時間が長い(連続約6時間、待機状態で約5日間使える)

翻訳アプリは室内の静かな環境では便利ですが、いざ海外旅行で使おうと思ってもなかなかうまくいきません。ポケトークは翻訳に特化した機械なので、素早く起動し、騒がしい環境でもすぐに使えます

また、海外で知らない人にスマートフォンを利用させるのは、盗難のリスクなどもあって怖いです(特にiphoneは海外で狙われやすい)。ポケトークなら盗難リスクが低く、万一盗まれても、個人情報が流出したりするリスクがありません。

私がモロッコ旅行でポケトークを使ったレビューについては以下の記事に詳しく書きました。

>>ポケトーク公式サイトicon

ポケトークの使い方

操作方法

操作は非常に簡単です。ボタンを押しながら話すだけです。ボタンを離すと自動的に翻訳が始まります。

▼海外旅行でポケトークを使ったときの動画です(質問しているのは私で、答えているのはお土産屋のおじさんです)

「ボタンを押した状態で話す」ということだけを覚えておけば翻訳ができるので、子供や年配者でも簡単に使いこなせます。

翻訳結果は音声だけでなく、ディスプレイ上に文字でも表示されます。会話の履歴は10,000件まで表示することもでき、履歴を再生することも可能です。
海外旅行でポケトーク

ポケトークの外観・付属品

私はソースネクストの公式サイトで、「ポケトークW本体(グローバルSIM2年付き)」+「ワイド延長保証サービス」+「画面保護シール」の3点を購入しました(一番左のはワイド延長保証の利用規約)。
ポケトークW購入物

公式サイトで購入すると、3年保証のワイド延長保証サービス(2,980円)がつけられます。低価格で保証が手厚いので入っておくのがおすすめです。
>>ワイド延長保証サービス(公式サイト)icon

同梱物一式

これがポケトークに入っている一式です。①本体、②USBケーブル、③Helloと書かれた紙(裏に電源の入れ方が書かれている)、④登録カード&保証書、⑤中国での利用について書かれた紙、⑥取り扱い説明書
ポケトークW付属品

※ポケトークの表面が汚れているように見えますが、これは画面保護シールを貼る際に空気が入ってしまったためです。

ポケトークのカラーは白・黒・ゴールドの3色ですが、私はゴールドにしました。ゴールドと言っても金ピカではなく上品な感じで落ち着いた色です。

ポケトークの外観・大きさなど

USB充電ポートは本体の底面にあります。
ポケトークW USB挿入口

電源ボタンは右側面にあります。電源を入れる/切るには4秒以上長押しします。軽く押せばスリープ/スリープ解除になります。スリープ状態にしておけばすぐに(1秒程度)使えます。
ポケトークW 電源ボタン

左側面にはSIMカードスロットがあり、nano-SIMを挿入できます。私はSIM内蔵モデルを購入したのでここは使っていません。
ポケトークW SIMカードスロット

本体上にスピーカーがあります。穴がたくさんあるので大音量がだせます。
ポケトークW スピーカー

ポケトークの設定方法については下記の記事に詳しく書きました。

ポケトークの口コミ・評判(メリットとデメリット)

Amazon購入者レビューやTwitterの口コミを紹介します。

評価の高いレビュー

意外に正確な翻訳です。ヘルシンキで空港のカウンターの方に、便を早めて欲しいとお願いして、差額を払い発券してもらうまで、日本語⇔フィンランド語でやり取り出来ましたし、宿泊先のチェックイン時も英語で役立ちました。
海外両行の必須アイテムになりそうです。一般の会話の翻訳なら的を得た翻訳をしてくれます。双方翻訳ができるのがとてもいいですね。価格は高めですが現地で会話に困ることがなくなるので購入してよかったです。
語学学習に使える!日常会話の練習に最適。履歴で繰り返し聞いたり、外国語モードで入力してみるなど、リスニングとスピーキングの練習にも使える。

評価の低いレビュー

運悪く液晶が破損してしまい、有償修理の問い合わせをしたところ、三年の追加保証に加入しない限り、修理を行わないとの回答でした。

3年保障は料金も高くない(3年間で2,980円)ので、いざというときのために絶対に入っておいたほうがよいですね。

無錫、蘇州でわ全く役に立たなかった。上海で、少し役に立ったくらいでした。

中国では「グローバルSIMが使えなかった」「読み取っても10秒以上かかる」などSIMがよくないとのレビューが他にもあったので、中国でグローバルSIMは使えないとおもったほうがよいかもしれません。現地携帯のテザリングなどで使うのがよいかもしれません。

バンコクで使ってみた、現地人数名に発音して翻訳してみたが、トンチンカンな翻訳。タイ語は全く使い物になりません、英語圏なら使えるのかな??
マカオで広東語使えませんでした。ホテルのチェックインで不審者扱いされました。がっかり・・・

英語などメジャーな言語に比べるとタイ語などは翻訳精度が悪いみたいです。ポケトークの翻訳精度はアップデートにより日々改善されていくので、今後に期待しましょう。

>>ポケトーク公式サイトicon

ポケトークとイリー(類似品)との比較

ポケトークとよく似た翻訳機に「ili(イリー)」があります。小型で持ち運べる翻訳機として似ているのでポケトークとよく比較されますが、性能にはかなり違いがあります。

ポケトーク ili(イリー)
価格(税抜) 24,880円(本体のみ)
29,880円(本体+SIM)
19,800円
ネット接続 必要 不要
液晶画面 翻訳結果が画面に表示される なし
用途 旅行、ビジネス、語学学習など 旅行
対応言語 74言語 3言語(英語・中国語・韓国語)
翻訳できる文章の長さ 長文もOK ワンフレーズのみ
翻訳の方向 双方向(日本語→外国語、外国語→日本語どちらもOK) 片方向(外国語から日本語への翻訳はできない)
翻訳精度(※) 4.24/5 2.88/5

※第三者機関で測定した結果(2017年のデータ)

大きさやバッテリーの持続時間など多少の違いはありますが、気になるほどの違いではありません。ポケトークとイリーのメリットをまとめるとこんな感じです。

ポケトークでしかできないこと ili(イリー)でしかできないこと
・双方向の会話
・長文の翻訳
・74言語に対応
・液晶画面で文章を確認できる
・周囲が騒がしくても使える
・翻訳履歴(最大10,000件)
・音量調節
・オフラインで使える

この結果をみると、圧倒的にポケトークが優位です。イリーのほうが値段が若干安いですが、そこまで安いわけでもないので、機能面を考えるとコストパフォーマンス面でもポケトークが優位です。

とはいえ、WIFI環境がない場所でもオフラインで使えるというのはイリーの強みなので、「地下など電波が入らない場所でも使いたい」「自分の意志をワンフレーズで伝えるだけでOK」という場合には、旅行に特化したイリーを選択するのもアリだと思います。

グローバルSIM通信は必要?通信量は?

国内(自宅・店舗etc)のWifiがある環境で使うなら本体のみでも十分ですが、海外で使うならグローバル通信付きを買う必要があります。

私は海外旅行でも使うので、グローバルSIM(2年)モデルを購入しました。グローバル通信付きを買えば、世界126の国と地域で使えます(月額利用料・通信費不要)。

グローバル通信対応国の詳細は公式サイトで確認できます
専用グロバールSIM利用可能国一覧icon

実際に使ってみて分かったコト(翻訳時間・精度・充電・使うコツ)

明石家さんまCMのようにサクサク翻訳できるか?

明石家さんまさんのCMだとポケトークがサクサクと翻訳しています。

これがさんまさんのポケトークCMです。

CMみたいにサクサクと翻訳できるのかと言うと、

安定したWifi環境だとサクサクいきます。CMと同じようにとてもはやい速度で翻訳します。なので、自宅で語学学習に活用するなどWifiのある環境では全くストレスなく使えます。

問題はSIMカードで通信する場合です。

SIMの場合、環境によりサクサクいくときといかないときがあります。たいていは5秒以内で翻訳してくれますが、SIM環境がよくないとクルクルと考え中となり10秒位かかることもあります。

通信環境がよくないとさんまさんのCMのようにサクサクとはいきませんが、それでも我慢できないほどではありません。ちなみに、海外旅行(モロッコ)で約10日間使ったときは、SIMカードでストレスなく使えました。

通信環境がないと使えないというのがポケトーク唯一の欠点ですが、ポケトークにSIMカードが内蔵されているので、多くの場所で問題なく使えます。

充電はどれくらいもつ?

フル充電して、観光で丸一日ポケトークを使ってみました。ポケトークで話した会話は合計50回位で、ずっと待機状態(スリープモード)にしていました。待機状態にしていると、電源を押すとすぐに立ち上がるので待機状態で使うのが普通です。

公式サイト上の『よくあるお問い合わせ』には、
連続利用で約6時間使うことが可能です。(待機状態では約5日間)
と記載されています。

その日の夜に充電レベルを確認すると、残り68%となっていました。旅行時の使用であればかなりたくさん使ったとしても、丸1日は余裕です。充電ケーブルを持っていれば外出先でも充電は可能なので、充電に関しては心配する必要はないと思います。

相手に使ってもらうときにはちょっとしたコツが必要

ポケトークは使ったことのある人なら簡単に使いこなせますが、旅先などで話しかける相手(外国人)はポケトークを使うのが初めてです。そのため、相手がスムーズにポケトークで話すにはちょっとしたコツが必要です(そんなに難しくありません)。

翻訳ボタンを押して『ピロロッ』と音がなってから話し始めるのが正しい使い方ですが、ほとんどの人が、翻訳ボタンを押したらすぐに話し始めてしまいます。『ピロロッ』という音が鳴る前に話し始めると、翻訳が途中からになってしまいます。

この動画をみるとポケトークに話しかけるタイミングがわかります。

『ピロロッ』という音が出るまでの時間は通信環境によって異なります。Wifi環境だと1秒程度ですが、SIM環境だと3秒程度かかることもあります。上記の動画はSIMカードで通信しています。

解決策としては、

相手が話してよいタイミングになったら「OK」という合図をだして話してもらう。

この方法だとかなりの確率でうまくいきます。最初うまくいかなくても、何度かやるうちに相手もコツがつかめて、うまくいくようになります。

言葉が全く通じない同士で意思疎通できた!

外国人の友人が実家に泊まりに来たときにポケトークをかなり使いました。全く日本語が話せない友人(マレーシア人)と全く英語が話せない私の母がポケトークでコミュニケーションをとっていました(ポケトークを使って2人で1時間以上話していました)。

「ポケトークは馬鹿な訳をするときもあるけど、ポケトークのおかげで意思疎通ができたので、ポケトークのありがたみがものすごくわかった。」とマレーシア人が言っていました。

これが外国人の友人が「ポケトークが役に立ったこと」をポケトークで話したときの画面です。
ポケトーク精度

最初はポケトークをあてにしていなかったけど、実際に使ってみたらものすごく役立ったとのことで感激していました。

ポケトークを使う前は、「ハロー」とか「OK」とか「Good」などの会話とジェスチャーでしか意思疎通ができなかったのですが、ポケトークを使うことでだし巻き卵の作り方や日本の伝統的な生活についてetcわりと高度な会話を2人でしていました

ポケトークは完璧ではありませんが、ないよりは全然よいので、外国人と意思疎通をしたいという人にはすごくおすすめです。

>>ポケトーク公式サイトicon

実際に使ってみて感じた翻訳精度は?

ポケトークは翻訳精度がかなり高いので、ポケトークに正しく話しかけることができれば、意思疎通ができるレベルの会話が成立します。私は、英語・フランス語・アラビア語で外国人と会話をしましたが、意思疎通ができるレベルで使えました。

しかし、ポケトークは完璧ではありません。とんでもない変な翻訳をすることがあります。が、その誤訳がとても面白かったりするので、それをネタに楽しめることも多いです(笑)。

例えばこんな感じ↓
ポケトーク精度

「日本では清掃(せいそう)に人を雇うということがあまりありません。」と日本語で言ったのですが、その翻訳をきいた外国人が笑い出しました。すぐに翻訳がおかしいと感じて画面を確認してみると、『清掃』が『正装(せいそう)』となっており、トンチンカンな訳になってしまいました。

おかしな訳になった場合は、今回の例のように翻訳前の言語がポケトークに正しく伝わっていないことが多いので、画面をみておかしければ言い直すことで解決できます。今回の場合は、「清掃(せいそう)」が同じ発音の「正装」となってしまったので、「清掃」を「掃除(そうじ)」に言い換えたらうまくいきいました。

▼清掃(せいそう)を掃除(そうじ)に言い換えたら正しく翻訳された
ポケトーク精度

ポケトークは海外旅行で使えるか?

実際に海外旅行(モロッコでフランス語とアラビア語を使用)で新型ポケトークを使ってみましたが、海外旅行で十分使えるレベルでした

私の場合、英語に関しては会話に困らない程度に話せますが、それでもポケトークがあると便利だと感じました。なので、語学が全くダメという人の場合、ポケトークはものすごく役立つと思います。

ポケトークは語学学習に使えるか?

ポケトークに向かって英語フレーズや英単語を言って正しい英語に翻訳できているかで発音やセンテンスのチェックができます。

翻訳前と翻訳後の文章を同画面でみることができるので、音声でだけでなく、目で確認できます。
ポケトークWの画面大きさ

履歴もほぼ無限に保存できるので、語学学習としての利用方法もできます。

しかし、語学学習だけの目的でポケトークを買うのはよく考えたほうがよいです。語学学習のみであれば、語学学習専用の教材のほうが質が高くてコストパフォーマンスもよいのではないかと思います。

海外旅行などでポケトークを使う用途があり、さらに語学学習にも使うというのには適しています。私もこのパターンです。私の主なポケトーク語学学習活用法としては、テレビを見ているです。

例えば、ニュースをみていて「脱税って英語でなんて言うのだろう?」と思ってポケトークに話しかけるとすぐに「tax evasion」と教えてくれます。また、「tax evasion」と英語で発音して正しく伝わるかの確認もでき、語彙力強化に役立っています。

もちろんスマホアプリでもできるのですが、立ち上げるのに時間がかかったり、周囲の雑音があると認識しなかったり…で面倒です。ポケトークは瞬時に立ち上がって(1秒)、周りがうるさくても認識するというのが強みです。

また、ポケトークは英語教材「ロゼッタストーン」と連携して使うことでより英語学習効果を高めることができます。

ポケトークのレンタル方法・料金は? 購入とどっちがお得?

ポケトークを海外で使うには「購入する」か「レンタルする」かの2通りがあります。レンタルする場合には、モバイルWiFiのレンタル会社である「グローバルWiFi」や「イモトのWiFi」で借りることができます。自宅の他、希望の空港で受取りや返却ができます。

ポケトークのレンタル料金はグローバルWifiが1日800円、イモトのWifiが1日500円ですが、ポケトークのみのレンタルはできません。モバイルWiFiをレンタルした場合のオプションとしてポケトークをレンタルすることができます

ポケトークのレンタル料金だけをみるとイモトのWifiのほうが安いですが、「ポケトークのレンタル料+モバイルWIFIのレンタル料」の合計で考えるとグローバルWifiのほうが安くなる場合もあります(国や滞在日数により異なる)。

イタリア7日と韓国3日で『モバイルWiFi+ポケトーク』をレンタルした場合のグローバルWifiでのレンタル料金を調べてみました。補償などのオプションなどは一切つけていない場合です。

▼イタリア7日間で19,258円。

▼韓国3日間で6,222円。

地域によって異なりますが、料金の目安は1週間で約2万円、3日間で約6千円です。

料金シミュレーションができます
グローバルWiFi(このリンクから申込むと割引になります)

イモトのWiFi

ポケトークの価格・ヨドバシカメラ、アマゾン…どこで買うのがお得?

ポケトークはソースネクスト社の公式サイトの他にも、Amazonやヨドバシカメラ・ビックカメラなどの家電量販店でも購入できます。が、保障面から公式サイトで購入するのがおすすめです。

もちろん私も公式サイトから購入しましたよ!

公式サイトでの価格(税抜)は以下の通り。

  • グローバル通信なし:24,880円
  • グローバル通信2年付き:29,880円

Amazonや家電量販店でも基本的に値引きはしておらず、どこで買ってもほぼ同じ値段です。

公式サイトで購入した場合のみのメリットとしては「ワイド延長保証」という通常のメーカー保証よりも手厚いサポートが受けられることです。通常のメーカー保証は自然故障のみで6か月ですが、ワイド延長保証をつけると水没や落下などの事故による端末の破損も保証対象となり保証期間も3年間と長くなります。3年間で2,980円なので、いざというときのためにワイド延長保証をつけておけば安心です。

  • 保証期間:「12ヶ月」を「36ヶ月」に延長
  • 保証範囲:「自然故障のみ」を「落下や水没」まで拡大

料金は3年間で2,980円なので、いざというときのためにワイド延長保証をつけておけば安心です。私もワイド延長保証をつけました。

詳細はこちら
ワイド延長保証サービスについて(公式サイト)icon

ポケトークのまとめ

メリット

  • 双方向の翻訳ができる(二者でお互いに会話できる)
  • 瞬時に翻訳する(約1秒)
  • 翻訳精度が高くて、長文翻訳ができる
  • 騒がしい場所でも使える
  • グローバルSIMモデルは設定なしですぐ使える

デメリット

  • 端末料金がやや高い
  • グローバルSIMなしモデルではwifiがないと使えない
  • おかしな翻訳をすることがある

>>ポケトーク公式サイトicon

ポケトークは「外国人と話す機会があるけど言葉ができない。」や「海外旅行で現地の人と会話をしたい。海外でトラブルにあったときのために持っていたい。」という人に特におすすめです。でも、おかしな翻訳をすることもあるので、それを笑いながら楽しめる人向きです。

\箱を開けたらすぐ使える!/

コメント

  1. 神立 幸雄 より:

    初期設定しようとしているうちにすべて英語表示になってしまいました。最初の設定に戻しことはできるでしょうか?。

    再初期設定方法宜しく井願いします。

    • トラベル(管理人) より:

      神立様、コメントありがとうございます。

      設定画面の一番下に「リセット(Reset)」があります。リセットをおすと「工場出荷時に戻す(Restore factory stting)」がありますので、それを押せば購入時の状態に戻ると思います。

      言語設定を日本語に直すだけでしたら、設定画面の上から5番目にある「System Language」をおして「日本語」を選べば日本語に戻ると思います。

      私も機械にはそれほど強くないので詳しくはお答えできず申し訳ありません。解決できないようでしたら、ソースネクスト社のカスタマーサポートへ問い合わせてみるのがよろしいかと思います。

      POCKETALK(ポケトーク)の問い合わせ先
      https://www.sourcenext.com/support/qa/?faq=PK-09153

      <電話窓口>
      電話番号:0570-000-762
      (IP電話等の場合 03-3570-5688)
      営業時間:10:00-18:00(年中無休)