タイ旅行記(バンコク&ホアヒン)【概要&まとめ】

Bangkok
スポンサードリンク

タイ国政府観光庁の「ブロガーGo!」キャンペーンに当選して、4泊5日のタイ旅行へ。バンコク旅行は約20年ぶり!

今回のキャンペーンは6名のブロガーがそれぞれ現地で自由に行動して、その記録をブログやSNSで紹介するというもの。ホテルの視察などはみんな一緒に行動したので他のブロガーさんたちとも交流できてなかなか楽しかった。

旅行概要

タイ旅行概要
  • 旅行期間:2016年9月29日~10月3日(4泊5日)
  • バンコク3泊&ホアヒン1泊
  • バンコク:3大寺院観光/スパ2時間/猫カフェ
  • ホアヒン:ナイトマーケット/象乗り/展望台/ホアヒン駅

詳細⇒タイ旅行記一覧

旅行日程

1泊でバンコク-ホアヒンを往復するというのはハードだった。4泊5日の日程でバンコクとホアヒンの2か所に行くプランは正直おすすめできない。ホアヒンは王室のリゾート地で本来はのんびりとする場所なので、最低でも2泊以上するのがおすすめ。

DAY 日程 宿泊
1 成田⇒バンコク アナンタラ・サイアム・バンコクホテル
2 バンコク観光 / バンコク⇒ホアヒン アナンタラ・ホアヒン・リゾート
3 ホアヒン観光 / ホアヒン⇒バンコク アナンタラ・リバーサイド・バンコク
4 一軒家スパ&猫カフェ&屋上バー
5 バンコク⇒成田

滞在したホテルはどこも素敵で快適だったが、慌ただしくて短時間しか過ごせなかったのが本当に残念だった。

参加ブロガー

男性はいがモバさん1人であとは全員女性。年齢層は30~50代位。現地ではホテル視察以外は各々自由行動だったが、LINEグループで情報シェアしたりしてそれなりに楽しく交流ができた。このような旅行に当選したのは初めてだったので新鮮なことが多かった。

泉美 咲月の開運は一日にして成らず(泉美咲月氏)
文筆家、写真家、出版プロデューサーの活動をする泉美 咲月のサイトです。

いがモバ(五十嵐貴文氏)
格安スマホやLCC旅などコスパ時代のお得情報を厳選取材!

(暫定)DUST BOX(さとちん氏)
お弁当の記録、本、映画の感想から、おいしかったお店、旅の記録まで

akuyan to(あくやん氏)
イベント/旅行/デザイン/おいしいもの…

東京弁当生活。(杉森氏)
お弁当と台所道具と暮らし、ときどき一人旅

旅行の準備

航空券

LCCのエアアジアを利用。日本から国際線LCCに乗ったのは今回が初めてだったが、窮屈さを感じることもなく全然OKだった。日本からバンコクへ直行便で安く行きたいならLCCという選択肢も十分ありだと思った。

『静かなエリア』&『最前列の足を伸ばせるシート』のオプションでより快適に。

機内食でタイ料理も食べられる。これは『海老のパッタイ(タイ風焼きそば)』。

往復ともストレスなく、食べて寝てたら到着という感じだった。

航空券探し

「skyticket」で探すと最安値がみつかることが多い。比較サイトなので、各航空会社のサイトを回って調べる手間がなくて楽!

skyticket(PC用 /スマホ・タブレット用

※航空会社のセールでは航空会社サイトで買った方が安い

SIMカード

これまでの海外旅行では日本でWifiレンタルを借りていたが、今回は現地でSIMカードを購入した。ドンムアン空港の「TRUE MOBILE」という会社で、3.5G回線で1週間使い放題199バーツ(約600円)というSIMカードがあったのでそれを購入。安い!

店員さんにタブレット(MediaPad T2 7.0 Pro)を渡すと設定等すべてやってくれて約5分で完了。旅行中はこのSIMカードでストレスなく常にネット接続できた!

他のブロガーさんたちはWifiレンタルを利用している人も多かった。タイ5日だったら5,000円前後で済むので、SIMフリー端末がない人や現地でのSIMカード購入が不安な人は日本でWifiレンタルが無難!

参考 海外WiFiレンタルがおすすめ

海外旅行保険

年会費無料の海外旅行保険がついたクレジットカードをもっていれば海外旅行保険代が不要となるので、私はいつもこれを利用している。これだけで1万円位の節約になる。

エポスカード」は年会費が永年無料で海外旅行保険が自動付帯なので、持っているだけで無料で海外旅行保険に入っていることになる。病気やケガの他、対物の倍賞や購入品の故障・盗難などすべてこのカードでカバーできる。

費用は一切かからずに保険に加入できるので海外に行くなら作っておいて損はない!

参考 海外旅行保険付きの無料カード

両替

日本で両替するよりもタイでしたほうがレートがよい。私の場合、海外旅行ではたいてい「マネパカード」で現金を引き出しているが、タイのATMは手数料が高いらしいので今回はバンコクの空港で日本円をタイバーツに両替した。

空港の両替レートはよくないので街中の両替所でしたほうがよいと言われるが、1~2万円の両替であればどこで両替してもごくわずかな差なのであちこち探し回るよりは空港で両替してしまうのが楽に思う。

たくさんの現金を使う場合には、多少手数料がかかってもクレジットカードや海外プリペイドカードなどを使ってATMから現地通貨を引き出すのが安全。多額の現金を持っていくのはリスクが高いので。

ガイドブック

情報はすべてモバイル機器で管理するという人も増えているが、私は紙のガイドブックを持参する派。今回は「地球の歩き方」と「タビトモ」を持っていったが、持ち運びには軽くてコンパクトに情報がまとまっているタビトモが使いやすかった!

宿泊したホテル

今回はキャンペーン当選旅行なので手配されたホテルに宿泊。3か所とも素敵なホテルで大満足。弾丸旅行でゆっくりできなかったのが本当に残念!

バンコクで泊まったホテル

アナンタラ・サイアム・バンコクホテル

観光の中心地にあり、BTSのラチャダムリ駅からすぐ。少し歩けばエラワン寺院やセントラルワールドなどへ行くことができて大変便利な立地。

部屋、バスルームも豪華!

繁華街にありながらプールもあってリゾート感覚が味わえる。

朝食はビュッフェ。洋食、中華、和食、フルーツなど豊富な品ぞろえ。

バンコクで泊まったホテル
★Anantara Siam Bangkok Hotel
バンコクの中心地にあり、BTSのラチャダムリ駅からすぐで買い物や観光に便利。都会でリゾート気分が味わえる豪華なホテル!
オススメ度 star2 star2 star2 star2 star2
予約:Booking.com / エクスペディア / agoda

アナンタラ リバーサイド バンコクリゾート

チャオプラヤー川沿いのリゾートホテル。市街地からは少し離れているが、BTSのサパーンタクシン駅から無料シャトル船が出ているのでアクセスはそれほど悪くない。携帯電話無料貸出サービスがあり、wifi使い放題&日本への通話も無料。

リバービューで素敵なお部屋。

部屋から撮影したサンライズ。

隣にある系列のアヴァニリバーサイドバンコク屋上のインフィニティプール。

★バンコクで泊まったホテル
★アナンタラ・バンコク・リバーサイド
チャオプラヤー川沿いのリゾートホテルでリバービューが美しい。朝食は種類豊富。日本人スタッフがいるのも安心。Wifiが使える携帯無料貸出サービスがある。
オススメ度 star2 star2 star2 star2 star2
詳細⇒Booking.com / Expedia / agoda

ホアヒンで泊まったホテル

アナンタラ ホアヒンリゾート

ホアヒンは王様の別荘のあるリゾート。日本人にはあまり知られていないが欧米人などには人気の観光地。

自然に囲まれたお部屋。

プライベートビーチ

自然の中での朝食。

★ホアヒンで泊まったホテル
★Anantara Hua Hin Resort
プライベートビーチでのんびりしたり、緑に囲まれたコテージでリラックスしたりと王室の別荘ホアヒンでの宿泊としては理想的なホテル!
オススメ度 star2 star2 star2 star2 star2
Booking.com / エクスペディア / agoda

訪れた場所

バンコク観光

バンコクでは定番の3大寺院巡りとホテル近くのエラワン廟を観光した。
★ワットポー
★ワット・プラケオ&王宮
★ワット・アルン
★ターオ マハー プラマ (エラワン廟)

ワットポーの涅槃仏

バンコク 癒し&リラックス

Divana Virtue Spa(ディバナ・バーチュー・スパ)
ホットストーンマッサージ&フラワーミルクバス2時間コース。贅沢なひととき。

★猫カフェ(Caturday Cat Cafe
最終日は疲れたので猫カフェでまったり。

★アヴァニ リバーサイド バンコクのルーフトップバー
最終夜は26階のルーフトップバーで夜景を楽しみながらカクテル!

ホアヒン観光

ホアヒンはリゾートなのでビーチなどでのんびりと過ごすのが理想だが、今回はタイトなスケジュールだったためリラックスできず…。でもかわいい猿に会えたり(ストラップを奪われたが)、象に乗って自然の中のトレッキングは楽しかった!

★ナイトマーケット(お土産店、シーフード料理など豊富)
★エレファントビレッジ(1時間の象乗りトレッキング)
★ Khao Hin Lek Fai View Point(猿のいる展望台)
★ホアヒン駅(王室専用の待合室がある)

象乗り withさとちんさん。象使いのおじさんが写真を撮ってくれた!
象トレッキング

タイの物価

高級店や高級ホテルはそれなりに高いが、庶民のお店は日本人の水準からするとかなり安いので、あまりお金を気にすることなく買い物ができる。

露店でよく売られているこのような服はたったの100バーツ(≒300円)。旅行中に買って着る人も多い。

食費

屋台の串など。20~30バーツ(≒60~90円)。

ナイトマーケットで食べたタイ料理。4皿+ビール1瓶で500バーツ(≒1,500円)。2人でシェアしてお腹いっぱいの量。

フードコードの鶏ごはん。スープ付きで30バーツ(≒90円)とコスパ最高。

マックカフェのスムージー。50バーツ(≒150円)。

商業施設内のきれいなベーカリー。パン1個18バーツ~(≒54円~)

ドンムアン空港のレストラン。グリーンカレー170バーツ(≒510円)

スーパーマーケット

スーパーだと水が10バーツ(≒30円)、350ml缶ビール35バーツ(≒105円)などお手頃。バラマキ土産に最適なものもたくさん売っている。

スーパーのカレーペースト。15~30バーツ(≒45~90円)。

ドライフルーツは袋入り35~60バーツ(≒105~180円)、箱入り100バーツ(≒300円)。タイ限定コアラのマーチは7袋入りで100バーツ(300円)。

箱に入ったチョコレートは185バーツ(≒555円)。

宿泊費

今回はキャンペーンの当選旅行のため、高級ホテルに宿泊したが、宿泊代を抑えようと思えればかなり格安で宿泊できる。

★安宿
バックパッカーが泊まるようなゲストハウスだと1泊1,000円以下なんていうところもある。バックパッカーが集まるカオサン通り周辺が有名。

★中級ホテル
昼間は観光で、ホテルでの滞在時間がそれほどない場合には中級ホテルで十分ではないかと思う。日本のビジネスホテルのような感じで、リゾート感は期待できないが普通に泊まるだけなら問題ないレベル。1泊4,000円程度~。

★高級ホテル
4~5星のホテルで、設備などが充実しているので快適に過ごすことができる。リゾート気分を味わったり、ホテルでのんびり過ごしたいなら高級ホテルが最適。タイの場合、高級ホテルでも1泊1万円台から泊まれるところもあり比較的リーズナブル。

参考 おすすめの宿泊予約サイト

交通費

★タクシー
初乗り35バーツ(≒105円)と日本に比べると格段に安いが、ぼったくりなどのトラブルが多い。メーター制タクシーを使用して、メーターが動いているのを確認するのが基本。7:00~9:00は通勤ラッシュで激しい渋滞になるので避けた方がよい。

★トゥクトゥク
タイヤが3つしかない三輪自動車。乗る前に料金交渉。小回りがきいて便利なので、バンコク観光で4回利用した。徒歩10分位の距離のところで100バーツ(≒300円)支払った。観光客だと高値を言われてしまうが、暑い中歩くよりは楽なので利用する価値あり。

★公共交通機関
バンコク市内には、高架鉄道のBTS(スカイトレイン)、地下鉄のMRT(メトロ)、エクスプレスボートが運行している。いずれも初乗りは15バーツ(≒45円)程度。路線図も見やすくて移動に便利。

ツアーか個人旅行か?

バンコクは公共交通機関やタクシーなどが簡単に利用できるので個人旅行も難しくない。買い物を楽しんだり、美味しいものを食べたいなら個人旅行で好きなお店に行くのが断然おすすめ。治安も決して悪くないので女性のひとり旅もOK(もちろん最低限の注意は必要)。

アユタヤ遺跡や水上マーケットなどバンコクから少し離れたところにある観光地にいくなら、個人で行くよりもオプショナルツアーを利用するのが楽かもしれない。

こちらの見積もりサイトを使うと個人で予約するよりも安くなることが多いので、利用してみると得するかも!

海外旅行プランの一括提案(無料)

気候・天気

タイのベストシーズンは乾季の11月から2月と言われている。今回訪れた10月は雨季。タイの雨季は6月から10月。雨季と言っても一日中雨が降っているわけではなく、1日のうち限られた時間だけ激しいスコールが降るとのこと。実際、今回の旅行中も一度激しいスコールに遭ったが、2時間位でおちついた。

日中は暑くて紫外線も強いので、外を歩き回るよりは、カフェやビーチリゾートなどでのんびりと過ごすのが理想的かなぁと感じた。

タイ旅行の費用

今回はキャンペーン当選旅行なので、高級ホテルに宿泊したり、高級スパを受けたり、LCCでは荷物預け・食事・広い座席をオプションでつけたりとリッチな旅となった。総額15万円位??

標準的な4泊5日のバンコク旅行なら10万円程度あればOK。下手に国内旅行をするより全然安くて豪華な旅ができる!

4泊5日バンコク旅行の費用(目安)
・航空券:45,000円
・宿泊費(中級ホテル):25,000円
・現地交通費:5,000円
・観光費(入場料etc):5,000円
・食費:10,000円

合計約9万円
※航空券やホテルのセールを利用すればもっと安くなる。

ベトナム中部旅行記(目次)
クロアチア旅行記(目次)
ギリシャ旅行記(目次)
中欧旅行記(目次)
スペイン旅行記(目次)
ポルトガル旅行記(目次)
ハノイ旅行記一覧
ドバイ・アブダビ旅行記(目次)
ベトナム・カンボジア旅行記(目次)
トルコ旅行記一覧
北欧旅行記一覧
タイ旅行記一覧
四国旅行記
広島旅行記(目次)

コメントを残す