台北(1)成田⇒台北&寧夏夜市

LCCのバニラエアで成田空港から桃園空港へ。夜は宿近くの寧夏夜市へ行って台湾の雰囲気を味わった。

台北旅行概要
  • 2017年3月30日~4月5日
  • 個人旅行/母親との2人旅
  • 九份/猴硐/猫空/淡水/茶芸館etc
  • 費用:ひとり5.5万円

詳細⇒2017台北旅行記一覧

バニラエアで成田空港から桃園空港へ

バニラエアで航空券購入

今回初めてバニラエアを利用した。チケットは2月(出発の約2か月前)に公式サイトより購入し、2人往復で45,860円だった(ひとり往復22,930円)。LCCだと春休み中でもこの価格で台湾まで行けてしまうのは嬉しい!

バニラエアの運賃タイプ

運賃タイプは「コミコミ」「シンプル」「わくわく」の3種類ある。「わくわく」はセール時のみに売り出されるようで、通常は「コミコミ」と「シンプル」のみの金額が表示されている。日にちや時間によって金額が変わってくる。

今回私たちは「シンプル」を購入。「コミコミ」と「シンプル」の大きな違いは、預け荷物が有料か無料かということ。コミコミでは20kgまでの荷物を無料で預けられるが、シンプルだと3,000円かかる。シンプルとコミコミの料金差は3,000円程度なので、コミコミのその他の特典も考慮すると、荷物を預けるのならコミコミにしたほうがお得になる。

バニラエアの機内持ち込み手荷物

機内持ち込み手荷物は2個までで、2個の合計が10kgまでOK。荷物が多かったり、お土産をたくさん買う人の場合は10kgだと厳しいかもしれないが、私の場合は10kgで全然OKだった(ボストンバッグと斜め掛けカバンを機内持ち込みした)。

ネット上には、機内持ち込みの重量チェックが厳しいなどの噂もあったが、今回の旅行では行きも帰りも重量検査は行われなかった。

参考 機内持ち込み手荷物(バニラエア公式サイト)

成田空港から桃園空港へ

2017年3月30日(木)
バニラエアの国際線はウェブチェックインができないので、当日空港でチェックイン。2時間前に行ったらこの行列だったが、預け荷物がなかったため、大して時間がかからずにチェックインできた。座席指定はしなかったが、2人で隣同士の席だった。

12:50 バニラエアJW103便で成田から台北へ

フライト時間は約4時間。

ほぼ満席だった。

16:00 台北桃園国際空港に到着(予定より約15分遅れ)
(日本との時差1時間:日本が1時間早い)

荷物を預けなかったので早く出れると思っていたが、入国審査がかなりの行列になっていて20分位かかった。

空港で両替&SIMカードと悠遊カード購入

両替

空港の両替所で両替した。4万円が10,554元になったので、レートは1元=3.8円。桃園空港での両替手数料は30元と安いので、現金両替なら空港でしてしまうのが楽だと思う。

SIMカード購入

到着ゲートを出てを右側に行くと、複数の通信会社が集まっているエリアがある。このときはどの通信会社のブースもガラガラだった。

『中華電信』という会社の『3G/4G 7日間使い放題』というSimカードを購入。500元(≒1,900円)だった。スマホを渡すとすべての設定をしてくれたので、自分で設定等をする必要はなかった。購入~設定にかかった時間はほんの3分程度だった。

テザリングができたので2人でSimカード1枚購入で済んだ。観光中はGoogleマップや検索エンジンなど頻繁に使用したが、速度も快適でどこでも繋がった。

台北のSIMカードは安いので、SIMフリー端末を持っているなら現地でSIMカードを買うのがおすすめ。SIMフリー端末を持っていない場合は、日本で『wifiレンタル』を借りていくと便利!

参考 海外WiFiレンタルがおすすめ!

現地移動中にネット環境があると何でもその場で検索できて便利なので絶対にネット環境は確保しておいたほうがよい

悠遊カード購入

バス乗り場の近くの「Hi-Life」というコンビニで悠遊カード(EASYCARD)を購入した。

悠遊カード(EASYCARD)とは
MRT(地下鉄)、バス、ロープウェイetcの乗車などに使えるICカードで、日本のSuicaのようなもの。

購入するのに100元がかかるが(以前は100元の払い戻しができたが、現在は払い戻しはできない)、MRTの乗車料金が20%引きになるなどメリットが大きいので、個人旅行なら持っていると便利!

駅やコンビニなどで購入&チャージすることができる。今回の旅行では何度か駅でチャージしたが、日本語表記もあり簡単だった。

カードのデザインは購入場所によって異なるらしく、このコンビニではHi Cafeと書かれたカードだった。レジの女性は英語も話せてすごく親切だった。

桃園空港から台北市内へ

桃園空港から台北市内への行き方

桃園国際空港から台北市内への移動手段としては、

  • 地下鉄(MRT)/ 35~45分 / 160元
  • 空港バス / 50~70分 / 100~140元
  • タクシー / 45~60分 / 1100~1500元

が一般的。大きなスーツケースがあったり、ホテルが駅から遠い場合にはタクシーで行ってしまうのが一番楽。安く行くならMRTかバス。

今回私たちは台湾観光局の『台湾ウェルカムプレゼントキャンペーン2017』に応募して、桃園空港~台北市内のバス無料乗車引換券をゲットしていたので、空港バスを利用した。

桃園空港からバスで台北駅へ

桃園空港から台北駅へ行くバスは国光客運の1819番線と、大有巴士の1961番線の2路線あるが、国光客運のほうが頻繁(10~20分おき)にあり、所用時間も多少短いらしいので、国光客運に乗るのが無難かも。

17:10
バス乗り場に行ったら國光客運のバスがいたので、すぐに乗車できた。

今回は無料引換券で無料だったが、チケットは115元(≒440円)。65歳以上はシニア割引で半額らしい。

乗客は10人程度でガラガラだった。

18:00 台北駅に到着
空港から台北駅までの所要時間は約50分だった。

アパートに宿泊

本来なら宿までは徒歩5分で行けるが、道に迷ったりしたため15分位かかって宿に到着!

今回の宿はホテルではなくてアパート。『Airbnb』を利用して予約した。ちなみにAirbnbの利用は今回で5回目。

台北の宿泊先
棉花阁-Cottonwood Lodge
台北駅と中山駅の中間にあり、どちらの駅へも徒歩5分と立地抜群。双連駅も徒歩圏内。部屋は狭いが、清潔感があり不自由は感じなかった。1泊1部屋約5千円とコストパフォーマンス抜群!

以下リンクからAirbnbに登録(無料)すると約4,200円のクーポンあり!!
Airbnb

簡易キッチンや洗濯機あり。シャワーは水圧もお湯の熱さも十分だった。

洋服をあまり持っていかなかったので、洗濯機が随分と役に立った。洗濯は窓の外に干すスペースがあった。

ベッドはダブル。TVは衛星放送対応でNHKが見れた。

共有スペースにはウォーターサーバー、電子レンジもあり自由に使用できた。オーナーはLineで連絡するとすぐに返事をくれて親切だった。鍵は電子キーで管理カメラも設置されておりセキュリティは高かった。

寧夏夜市

19:30
アパートから徒歩5分のところに寧夏夜市があるので行ってみた。

寧夏夜市は読み方がわからないので、『なつの夜市』と勝手に名づけてよんでいた。

士林夜市に比べるとだいぶ規模の小さい夜市。1本の通りの両側に屋台が出ている。

たくさんの人で大賑わい!

座って食べるスペースもあるが、なんだか落ち着かない…。

ほとんどが飲食の屋台で、

こんなものや

こんなものや

こんなものなど一通りのものが売られていたが、食べたいと思うものは見あたらず。

歩いていると、ところどころで臭豆腐と思われる独特の臭いニオイが漂ってくるのが、ちょっとした恐怖。ぶらぶらと歩いて夜市の雰囲気を楽しむにはよいが、ここで食べる気にはならなかった。

夜市の通りの両脇には飲食店が結構あり、ここで繁盛している「馥陽鍋貼」という餃子店に入ってみた。

日本人だとわかると日本語メニューをもってきてくれて、店員さんは親切だった。

注文は伝票に記入して提出する。餃子2種類、野菜炒め、ご飯もの、麺を注文したが、「2人でこの量は多すぎるので麺はキャンセル」と言われて麺は注文できなかった。

餃子1皿10個なのでこれだけですごいボリューム。店員の言う通り麺をキャンセルしておいて正解だった。

値段は全部で190元(≒720円)と地元価格だったが、味はイマイチだった。まずいわけではないが、美味しくはなくて質より量といった感じだった。ただ、地元の人や観光客がひっきりなしに出入りしていたので、それなりの人気店だと思われる。

食後は近くにある豆花の有名店「古早味豆花」でデザートを食べる計画だったが、餃子でお腹いっぱいになってしまいデザートどころではなかったので、真っ直ぐアパートへ。

あまり美味しくないものでお腹がいっぱいになってしまい、なんだか損した気分で1日目が終わった。


前後の記事



スポンサーリンク

合わせて読みたい(中国)

このブログの運営者
旅行記管理人(70年代生まれ・女)
旅行とネコが好きで、これまでに旅行した国は約40か国。東京のボランティアガイドもたまにやっています。
詳細プロフィール
Twitter
instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です