海外旅行の貴重品持ち歩きにおすすめのセキュリティベルトと首下げポーチ

海外で貴重品を持ち歩く場合は、リュックや斜め掛けバッグに入れるのではなく、貴重品入れを併用するのがおすすめです。私はスペインでスリにショルダーバッグのファスナーを開けられた経験があります。海外ではこのようなことは起こるものと想定して、ショルダーバッグの中には盗まれても諦めのつくもの以外は入れず、貴重品やパスポートは別に管理しておくのが安全です。

ここでは私が利用している貴重品入れを2タイプ紹介します。

腰巻きタイプなら『モンベルセキュリティベルト』

貴重品やパスポートは肌にぴったりくっつけておくと安心なので、長距離を移動するときなどは必ず腰巻きタイプの[モンベル]セキュリティベルトに入れています。作りがしっかりしていて丈夫です。以前にこれと似た商品を持っていましたが、それと比べるとこちらのほうが格段につけ心地がよくて長時間快適に装着できます。

パスポート、財布、搭乗券等が入る大きさです。

背面は吸汗素材なのでむれずにすみます。

ウエストベルトはゴムで伸縮性を持たせているので窮屈感なく長時間装着できます。

私はこんな感じで服の下に装着しています。

薄手の服でもほとんど目立ちません。上着を着てしまえば全くわかりません。

スリは斜め掛けバッグやリュックを狙ってくるのでバッグの中に貴重品を入れておくのは危険です。セキュリティベルトを服の下に入れておけばスリにやられることはまずないので安全です。

モンベルがオススメ
100均でも似たものがありますがペラペラで薄いです。モンベルはアウトドア製品で有名な日本メーカーなので品質面で安心できます。3,000円程度と決して高いものではないので、セキュリティグッズは品質のよいものを選ぶのが無難です。

首下げタイプなら『モンベルトラベルワレット』

こちらは紐で首からかけるタイプのセキュリティポーチで上記で紹介したセキュリティベルトよりもたくさん入ります。お財布とスマホなど最低限必要なものだけもって出歩きたいときに重宝します。肌着の中に隠すにはややかさばるので、服の上につけるのが一般的だと思います。

斜め掛けにしていればよほどのことがない限り盗まれる心配はないので貴重品をいれていても安全です。朝食などに行くときはショルダーバッグだと大きすぎますが、これなら邪魔にならずに貴重品とスマホを持って歩けるので便利です。

しっかりとした紐で斜め掛けにもできます。

筆記用具、財布、スマホなどが十分はいる大きさです。

ポケットがたくさんあって使い勝手抜群です!

背面にはベルトループがあるのでベルトにも装着できます。


前後の記事
  スポンサーリンク
合わせて読みたい(中国)

このブログの運営者
トラベル旅行記.com(70年代生まれ・女)
旅行とネコが好きで、これまでに旅行した国は約40か国。旅行は年2~3回ペース。東京のボランティアガイドもたまにやっています。
詳細プロフィール
Twitter
instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です