マルタ島(4) マルタ観光:スリーシティーズ散策

午前中はマルサシュロックの露店マーケットをぶらぶらと見て、その後バレッタの対岸にあるスリー・シティーズへ。

マルタ・南イタリア旅行
  • 旅行期間:2017年11月15日~11月26日
  • マルタ:マルサシュロック3泊、バレッタ2泊
  • 南イタリア:バーリ2泊、アルベロベッロ2泊
  • 個人手配/友人との2人旅
  • 旅行費用:計算中

2017年11月18日(金)マルサシュロック泊
7:30朝食

普段は朝食を食べないので、このくらいで十分!

マルサシュロックで泊まった宿
ポート ビュー ゲストハウス(Port View Guesthouse)
家族経営の小さな宿でスタッフが親切で雰囲気がよかった。内部は改装したばかりで新しく、掃除がとてもよく行き届いていて清潔だった。日曜朝市が開かれる港のすぐそばで、バス停もすぐ近くにある。
詳細記事はこちら⇒マルタ島で泊まったホテル

マルサシュロックの土曜市(?)

マルタに来てから雨が降ったりやんだりの天気だったが、この日は晴天で猫も日向ぼっこ。

9時過ぎに港に行くとお土産屋の露店がでていた。

マルサシュロックと言えば、日曜の朝に開催されるサンデーマーケットが有名だが、土曜日もマーケットが開かれていた。日曜日ほどではないものの、そこそこの数でていたので、日曜日に行けない人は土曜に行ってみるとよいかも。

マルタの伝統菓子などもあった。

友人がレース屋さんでまとめ買いをして10ユーロ位値引きしてもらっていた。

マルサシュロックをブラブラしたあとは、バスでバレッタへ。

スリーシティーズ散策

スリーシティーズ(The Three Cities)とは、バレッタの対岸にある「ヴィットリーオーザ」、「セングレア」、「コスピークワ」の3つの町の総称。複雑な地形を利用して岬の先端に砦を築き、さらに海に面したすべてを城壁で固め、敵の侵入を拒んだ。

スリーシティーズはマルタの対岸にある。

スリーシティーズの位置関係はこんな感じ。

セングレア

バレッタからバスでセングレアへ。バレッタから1番バスに乗って終点まで行くとセングレアに到着する(約30分)。

バレッタからスリーシティーズへはバス以外にも小舟で行くことができる。ちなみに、帰りはヴィットリーオーザのハーバーから出ている小舟でバレッタまで戻った。

路地の隙間からは真っ青な海が見えて美しい!

路地には洗濯物が干してあったりして生活感が感じられる。

セングレアの半島の先端まで歩くと公園がある。観光客は少なくて静か。

この公園は絶景ポイントで、対岸にはヴァレッタ、

右手には聖アンジェロ砦を一望できる。

公園の先端ある「ヴェデッテ」と呼ばれる海に突き出た監視塔。塔には監視の象徴として、目、耳、鶴が彫刻されている。

ヴィットリオーザ

セングレアの付け根あたりまで歩いたら、橋を渡ってヴィットリオーザへ

ゴロンとする猫。

こんなのに乗って観光している人たちもいた。

裏路地がたくさんあって散策が楽しめるが、坂や階段が多めなので体力を消耗する!

カラフルな出窓が素敵。

ウォーターフロントエリアでレストランを見つけて遅めのランチ。マルタで2個目のバーガーを食べたが、前回と同様でジューシーさがほとんどなかった。

小舟でバレッタへ

歩き疲れたので、ボートで対岸のバレッタへ(1人2ユーロ)。この小舟で30分のハーバークルーズを楽しむこともできる(1人8ユーロ)。

こんな小舟。

船頭さん。

10分足らずでバレッタに到着。バスよりも小舟のほうがはやい。

アッパーバラッカガーデンの大砲

小舟の降車場所から少し歩くと、アッパーバラッカガーデンの1階にたどり着いた。

エレベーターに乗って上に行くとものすごい人だかり!

人だかりの隙間から下を除くと大砲が!

大砲が1発発射された! 

これは毎日12時と16時に兵士が大砲を発射するイベント。行ったのがちょうど16時だったので観光客が大砲の発射を見るために集まっていたのだ。発射が終わるとあっという間にみんないなくなった。

対岸に見えるのが、先ほど訪れた監視塔のあるセングレア。

マルサシュロックのイタリアンレストラン「Filippo」

漁港の街マルサシュロックに3日滞在しているのに一度もシーフードを食べていなかったので、マルサシュロック最後の夕食は地元のシーフードレストランへ。宿のオーナーに勧められた「Filippo」というイタリアンレストランで、トリップアドバイザーでの評判も良いお店。

19時頃行ったら、一番乗りだったが、続々とお客がきて20時頃にはほぼ満席になっていた。

タコのサラダ

シーフードのパスタ

こんなの注文した覚えがないが、不思議と次々に運ばれてきた!

メインのメカジキ料理。

最後にデザートを食べてお腹いっぱい!

料金は2人で53ユーロ(≒7,200円、コーヒーはサービス)。料理も美味しくて、お店の人の対応のよく、なかなかよいお店だった。

参考 Filippo【トリップアドバイザー】


前後の記事
  スポンサーリンク
合わせて読みたい(中国)

このブログの運営者
トラベル旅行記.com(70年代生まれ・女)
旅行とネコが好きで、これまでに旅行した国は約40か国。旅行は年2~3回ペース。東京のボランティアガイドもたまにやっています。
詳細プロフィール
Twitter
instagram

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です